スポンサーリンク

おすすめの展覧会混雑状況

1)バンクシー展
今回開催されるバンクシー展は、世界6都市を巡回、累計100万人以上を動員した「バンクシー展 天才か反逆者か」が名古屋でも開催されるという貴重な機会になります。

2)あやしい絵展
「あやしい」の様々な意味合いから、美術作品を見ていくことで新しい作品の楽しみ方を知ることができます。
日本の作品だけでなく、西洋美術に至るまでディープな作品を堪能できる注目の展示会です。

3)アインシュタイン展
アインシュタイン展では、「相対性理論」や「ブラウン運動」などの理論を、4種類のゲームで体験できる展示があります。ゲーム、科学のおもちゃ、それと最新の映像などもあり、子ども達が楽しみながら学ぶことができます。

4)マーク・マンダース展
マーク・マンダースはこの展覧会の構想を2019年から練っており1フロア全体を作品としてとらえて構築しているそうです。
実際に足を運んで、その場に立つことで得られる世界観を楽しんでみてください。

5)ライゾマティクス展
今回開催されるライゾマティクス展は、2006年に結成以来、広告やメディア・アート作品、国内外の世界的に活躍するアーティストや研究者らとのコラボレーションによる多彩な表現によって、国際的に高い評価を得ているライゾマティクスの15周年を迎える個展となります。

このサイトについて

当サイトは日本全国の混雑の情報を中心としたブログになります。

各地で開催される展覧会やイベント、美術館や博物館などの施設の混雑の情報を分かりやすくまとめていますので読んでくださった方の参考になれば幸いです。

最近はコロナの影響もあり、混雑した密の状況をいかに避けるかがコロナ対策の一つだと思います。

また、混雑などの情報や傾向を知りたいので記事にしてほしいなどリクエストがありましたらお問い合わせページからご連絡下さい。

日本各地の混雑情報

混雑情報特集