いたばし花火大会2023の混雑状況やトイレは?屋台や駐車場も! | 全国混雑ラボ

いたばし花火大会2023の混雑状況やトイレは?屋台や駐車場も!

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
こちらの記事では
いたばし花火大会の

  • 行きの混雑状況
  • 打ち上げ中の混雑状況
  • 帰りの混雑状況

などの情報をまとめています!

うさぎさん
うさぎさん
以下の点がおすすめです!

  • 公共交通機関を利用するのがおすすめ!
  • 17時には最寄り駅についておくのがおすすめ!
  • 花火終了10分前に帰り始めるのがおすすめ!

いたばし花火大会でおすすめしたいのは以下のとおりです。

  • 公共交通機関を利用するのがおすすめ!
  • 最寄り駅に17時までに着いておくのがおすすめ!
  • 交通系ICにチャージしておくのがおすすめ!
  • 花火終了の10分前に帰り始めるのがおすすめ!
  • 次の日が休日なら宿泊するのもおすすめ!
  • 車で行くならあきっぱがおすすめ!
  • 遠方から行くなら楽天トラベルがおすすめ!
  • モバイルバッテリー携帯ラジオを持っていっておくのがおすすめ!
スポンサーリンク

いたばし花火大会2023の混雑状況は?

8月の第一週の土曜日に東京都板橋区の荒川河川敷ではいたばし花火大会が行われます。

荒川を挟んだ対岸で同時に行われる戸田橋花火大会と合わせておよそ12,000発の花火が夜空を彩ります。

そんないたばし花火大会の混雑状況をまとめていきます。

いたばし花火大会2023の渋滞状況は?

いたばし花火大会当日は周辺道路は非常に渋滞が発生するようです。

そのため車では来場しないようにと呼びかけられています。

公共交通機関を利用することをおすすめします。

近隣の駅に車をおいて電車やバスで会場入りする、パークアンドライドを利用するのもいいですね。

いたばし花火大会2023の交通規制は?

いたばし花火大会当日は周辺道路で交通規制が行われます。

会場周辺は車両乗入禁止区域となるため、車で会場までは行けません。

交通規制の詳細はこちらから確認できます。

2020年の情報ですが大きな変更はないと思われます。

いたばし花火大会2023の公共交通機関の混雑状況は?

いたばし花火大会の最寄り駅はJR埼京線の浮間舟渡駅、都営三田線の高島平駅、西台駅、蓮根駅です。

当日の駅の混雑状況は以下の通りです

いたばし花火大会会場から近隣の駅までの混雑状況は?

近隣の駅からいたばし花火大会の会場までは打ち上げ開始1時間前の18時から非常に混雑し始めます。

花火の打ち上げは19時から始まりますので、打ち上げ2時間前の17時には駅に着いておくことをおすすめします。

また最寄り駅は帰りの時間帯も非常に混雑します。

券売機は特に混雑しますので前もって帰りの乗車券を購入しておくか、交通系ICにチャージしておいて下さい。

いたばし花火大会会場から近隣の駅までの所要時間は?

いたばし花火大会の会場の荒川河川敷まではどの駅からも徒歩で約20分だそうです。

当日は大勢の人出がありますので、プラス30分程度は余裕を持って行動することをおすすめします。

また会場は横に長いので有料指定席の場所によっては遠回りになってしまうかもしれません。

前もって席の場所と降りる駅をこちらで確認しておいて下さい。

いたばし花火大会中の混雑状況は?

いたばし花火大会開催中の混雑状況や混雑予想をまとめてみました。

混雑状況・混雑予想
花火打ち上げ開始 やや混雑する
花火打ち上げ中 大きな混雑情報はない
花火打ち上げ終了 非常に混雑する
花火終了前に帰り始める人もいる

一般的に大きな花火大会では開催中は大きな混雑情報はありません。

しかし打ち上げ開始時刻の10分前終了10分前〜終了後は会場に出入りする方が多くなることが予想されます。

混雑に巻き込まれないようにするには開始時刻の30分前には席に着いておくことをおすすめします。

ゆっくり花火を楽しむためにもレジャーシートや座り心地をよくするアウトドアクッションは忘れず用意していきましょう。

また熱中症には気をつけて飲み物などは忘れずに用意しておくようにしてください。

花火中はそれほど人の動きは目立ちませんが、花火が終わる10分前ぐらいから混雑を避けようと、帰り始める方もいるようです。

いたばし花火大会2023のトイレの混雑状況は?

いたばし花火大会では仮設トイレが多数設置されるようです

しかし40万人以上の人が訪れる花火大会なのでトイレも混雑しますよね。

花火が始まる前は大変混雑することが予想されますので、早めに行っておくか、花火が始まってから行くのをおすすめします。

万が一に備えてティッシュ消毒液を持っていっておくことをおすすめします。

いたばし花火大会2023の帰りの混雑状況は?

一般的に花火大会は始まる前よりも終わってからの方が混雑します

花火が全部終わってから一斉に帰り始める方が多いので、混雑を避けようとするなら少しもったいない気もしますが花火が全部終わる前に帰り始めるか、ほとんどの人が帰った後ゆっくりと帰るのがおすすめです。

また帰りの駅は非常に混雑します。

トイレや券売機は特に混雑しますので、必ず帰りの乗車券を前もって購入しておくか、交通系ICにチャージしておいてください。

少し歩きますが西高島平駅は都営三田線の始発駅になりますので、比較的乗車しやすいと思われます。

また会場周辺で宿泊するのも混雑を避ける方法の一つだと思います。

いたばし花火大会2023の帰りの混雑を避けるために宿泊するべきか?

いたばし花火大会終了後の帰りの混雑を避けるための方法として、次の日が休日という方なら宿泊するのもいいかと思います。

ホテル探すおすすめの順は以下の通りです。

いたばし花火大会終了後のホテルを探すのに楽天トラベルを利用するのがおすすめです。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルのクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

→楽天トラベルでホテルを探すならこちら!

いたばし花火大会2023の屋台は?

いたばし花火大会で過去に出店された屋台の詳細は以下の通りになります。

過去に出店された屋台
焼きそば
たこ焼き
からあげ
牛串焼き
フランクフルト
じゃがバター
ベビーカステラ
アイスキャンディー
かき氷

また有料観覧席ではキッチンカーが10台以上営業するようです。

屋台の数としては対岸の戸田橋花火大会の方が多いという情報もありましたので、屋台をメインに楽しみたい方は対岸の戸田橋花火大会の方に行くのもいいですね。

いたばし花火大会2023の屋台の混雑状況は?

過去のいたばし花火大会の屋台の混雑情報は見つかりませんでした。

一般的に花火大会の屋台は打ち上げ時間の1時間〜30分前までが大変混雑します。

勝毎花火大会の打ち上げ時間は19時ですので、屋台巡りをするなら18時までに欲しいものは買っておくことをおすすめします。

いたばし花火大会2023の詳細は?

いたばし花火大会の詳細な情報は以下の通りです。

大会名 いたばし花火大会
開催日程 2023年8月5日(土)(予定)
打ち上げ時間 19時〜20時30分(過去実績)
打上数 戸田橋花火大会と合わせて12,000発(過去実績)
開催場所 荒川戸田橋緑地

いたばし花火大会2023の打ち上げ開始時間は?

いたばし花火大会の開催時間が19時〜20時30分の間ということなので、19時頃が花火の打ち上げ開始時間になると思われます。

いたばし花火大会2023の有料観覧席は?

いたばし花火大会の有料観覧席の詳細は以下の通りです。

2023年の詳細についてはまだ発表されていませんので過去の情報となります。

有料観覧席区分 価格
陸上競技場丸テーブル席(4枚1組) 28,000円
陸上競技場イス席(1枚) 4,000円
陸上競技場グループ席(8枚1組) 32,000円
プライムシート(1枚) 5,000円
S席(1枚) 3,500円
グループS席(8枚1組) 28,000円
A席(1枚) 3,000円
ボックス席(4枚1組) 12,000円
グループA席(8枚1組) 24,000円
芝生斜面グループ席(8枚1組) 24,000円

2023年の詳細はまだ発表されていませんが、決定次第いたばし花火大会公式サイトで発表されると思われます。

いたばし花火大会の駐車場は?

目的地であるいたばし花火大会の会場周辺に到着してから駐車場を探すのは非常に面倒ですよね…

そんなときに便利なのが、駐車場を事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用することです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

いたばし花火大会のアクセス方法は?

いたばし花火大会の会場へのアクセス方法は以下の通りです。

アクセス方法 詳細
公共交通機関 都営三田線「高島平駅」「西台駅」「蓮根駅」から徒歩約20分
JR埼京線「浮間舟渡駅」から徒歩約20分
東武東上線「成増駅」「東武練馬駅」からバスで約15分
車でのアクセスは禁止されています

いたばし花火大会の閲覧スポットは?

イオンスタイル板橋の屋上駐車場はトイレや飲み物の心配がないのもいいですよね。

戸田側ですが戸田競艇場の駐車場も無料開放されるそうです。

浮間公園は浮間舟渡駅からすぐの場所にあり、駅が混雑する前に帰り始めることができる場所としても人気です。

いたばし花火大会の感想や口コミは?

有料観覧席だとゆったりのんびり花火を見ることができますよね。

川の両岸から打ち上げられる花火は迫力がありますね。

いたばし花火大会に持っていくべきものは?

いたばし花火大会に行くときに以下のものを持っていくのがおすすめです。

・モバイルバッテリー
花火大会までの時間つぶしや、大会会場周辺の混雑状などを調べるなどすると、スマホのバッテリーが心配ですよね。

そんなときに1つモバイルバッテリーがあると安心ですね。

・携帯ラジオ
スマホでラジオを聞くことは可能ですが、若干の遅れがあるそうです。

リアルタイムで実況が聞けるので、携帯ラジオがおすすめです。

その他にも以下のものを持っていくことをおすすめします。

持っていくと便利なもの 持っていくと便利な理由
・ハンズフリー扇風機 大会会場は屋外なので、熱中症対策として
・虫除けスプレー 大会会場が屋外なので、虫刺されの可能性があるので
・レジャーシート 地面にそのまま座ると痛いのと、服が汚れないので
・レインコート 突然の天候の変化のためにも
・ウェットティッシュ 手が汚れたときやトイレに行ったときに便利です。
・スマートタグ 持ち物の紛失防止やお子さんの迷子防止に
・ゴミ袋 屋台などの飲食のゴミをまとめるのに便利です

いたばし花火大会の混雑を避けるには花火終了10分前に帰り始めるのがおすすめ

今回の記事では、いたばし花火大会について記事をまとめてみました。

記事の内容をまとめると、以下の通りになります。

  • 公共交通機関を利用するのがおすすめ!
  • 最寄り駅に17時までに着いておくのがおすすめ!
  • 交通系ICにチャージしておくのがおすすめ!
  • 花火終了の10分前に帰り始めるのがおすすめ!
  • 次の日が休日なら宿泊するのもおすすめ!
  • 車で行くならあきっぱがおすすめ!
  • 遠方から行くなら楽天トラベルがおすすめ!
  • モバイルバッテリー携帯ラジオを持っていっておくのがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関東
全国混雑ラボ