熱海海上花火大会2023の混雑状況や駐車場は?屋台や時間も! | 全国混雑ラボ

熱海海上花火大会2023の混雑状況や駐車場は?屋台や時間も!

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん

こちらの記事では熱海海上花火大会の

  • 行きの混雑状況
  • 打ち上げ中の混雑状況
  • 帰りの混雑状況

などの情報をまとめています!

うさぎさん
うさぎさん

以下の点がおすすめです!

  • 会場から少し離れた場所から電車で行くのがおすすめ!
  • 熱海駅に19時20分までには到着して、会場へ行くのがおすすめ!
  • 打ち上げ終了の10分前に帰ることがおすすめ!

熱海海上花火大会でおすすめしたいのは以下の通りです。

  • 会場から少し離れた場所から電車で行くのがおすすめ!
  • 公共交通機関の混雑を避けるためにも、1時間以上前には熱海駅に到着するのがおすすめ!
  • トイレは早めに済ませておくのがおすすめ!
  • ティッシュ消毒液を持っていくのがおすすめ!
  • 帰りの混雑を避けるには打ち上げ終了の10分前に帰るのがおすすめ!
  • 車で行くならあきっぱがおすすめ!
  • 大会後の帰りの混雑を避けるために宿泊して行くのもおすすめ!
  • 遠方から行くなら楽天トラベルの利用がおすすめ!
スポンサーリンク

熱海海上花火大会2023の混雑状況は?

熱海海上花火大会の混雑状況をまとめていきます。

熱海海上花火大会2023の渋滞状況は?

熱海海上花火大会は有名な花火大会なため、会場周辺は混雑し渋滞が予想されます。

熱海海上花火大会の会場地から離れた場所から電車バスを利用して会場に行くことをおすすめします。

帰りも熱海海上花火大会周辺が混雑するので、渋滞の影響が少ない地域に車をおいて電車で移動して来るのもいいですね。

熱海海上花火大会2023の交通規制は?

詳しく調べて見ると、7月8月のみ交通規制を実行するという情報があったので春の熱海海上花火大会では交通規制は行われないです。

熱海海上花火大会2023の公共交通機関の混雑状況は?

熱海会場花火大会周辺の公共交通機関であるJR熱海駅では、春から秋の花火大会は、花火大会開始前から混雑する傾向があるようです。

熱海海上花火大会は年間の開催日も多くあるおかげで、他の地区の花火大会ほどは比較的混雑しないようです。

花火の打ち上げ開始時間の20時20分の1時間前の19時20分頃には熱海駅に到着したいところです。

少なくとも1時間以上前には駅に着くことをおすすめします!

熱海海上花火大会2023会場から熱海駅までの混雑状況は?

熱海海上花火大会開始前の会場から熱海駅までの混雑ですが、開催日が多いので比較的混雑しないという情報がありました。

しかし、年間で7月と8月の熱海海上花火大会は来客が多いので非常に混雑するそうです。

熱海海上花火大会2023会場から熱海駅までの所要時間は?

熱海駅から熱海海上花火大会の会場までほぼ一本道で会場まで行くことができます。

熱海駅から熱海海上花火大会の会場となる熱海湾まで、距離は1.1kmで徒歩約15分〜20分ほどです。

当日は混雑も予想されますので、余裕を持って行かれるといいかもしれません。

熱海海上花火大会2023開催中の混雑状況は?

熱海海上花火大会の開催中の混雑状況や混雑予想をまとめてみました。

・混雑状況・混雑予想
花火打ち上げ開始 ・開始前はやや混雑する
花火打ち上げ中 ・大きな混雑はない
花火打ち上げ終了 ・混雑する

過去の熱海海上花火大会では、大きな混雑の情報は見当たりませんでした。

浜辺で寝そべって見ることもできるみたいです!

浜辺では、臨場感があり、ゆったりと観覧できるそうです。

帰りの混雑を避けたい方は、花火の打ち上げ終了前に帰り始めるのがいいかもしれません。

熱海海上花火大会2023のトイレの混雑状況は?

トイレは公衆トイレや多目的トイレが多く設備せれているためそこまでの混雑情報は、見当たりませんでした。

熱海会場花火大会に行くならトイレの場所も把握しておきたいですよね。
●渚公園の公衆トイレ

渚公園の公衆トイレには、オスメイト対応多目的トイレがあります。

●サンレモ公園トイレ

●熱海サンビーチトイレ

熱海サンビーチのトイレはサンデッキ広場から海に向かって階段を降りた所にあります。

公衆トイレなので、不安な方は、ティッシュ消毒液を持っていくのがおすすめです。

熱海海上花火大会2023の帰りの混雑状況は?

花火を楽しんだ方が一斉に帰るので、それなりの混雑は予想されます。

しかし、熱海海上花火大会は年間に10回以上も開催が予定されているので、他の花火大会と比べてみると比較的混雑しないようです。

熱海海上花火大会2023の帰りの混雑を避けるために宿泊するべきか?

熱海海上花火大会終了後の帰りの混雑を避けるための方法として、次の日が休日という方なら宿泊するのもいいかと思います。

ホテル探すおすすめの順は以下の通りです。

熱海海上花火大会終了後のホテルを探すのに楽天トラベルを利用するのがおすすめです。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルのクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。

このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

→楽天トラベルでホテルを探すならこちら!

熱海海上花火大会2023の屋台は?

熱海海上花火大会の屋台の出店は熱海駅から熱海サンビーチの間においても、チラホラ屋台がありますが、一番屋台があるのは、親水公園の周辺です。

過去の熱海海上花火大会の屋台を調べてみると会場全体で20〜30店舗しかありません。

一般的な花火大会の屋台より少ないようです。

なぜなら、宿泊の方がほとんどなので、食事はホテルや旅館で済ませることが多いようです。

さらに親水公園第2工区では、地元の飲食店の方が出店されるそうです。

熱海海上花火大会2023の屋台の混雑状況は?

熱海海上花火大会に出店される屋台の混雑情報は見当たりませんでした。

しかし、宿泊客がほとんどで、宿泊の方はホテルや旅館で食事を済ませるため、屋台はそれほど混雑しないことが予想されます。

熱海海上花火大会2023の詳細は?

熱海海上花火大会の詳細な情報は以下の通りです。

大会名 熱海海上花火大会
開催日程 2023年4月〜12月開催日
春 4月15日(土)、5月13日(土)、5月21日(日)、6月4日(日)
夏 7月28日(金)、8月5日(土)、8月8日(火)、8月18日(金)、8月22日(火)、8月25日(金)
秋 9月18日(月・祝)、10月14日(土)
冬 12月3日(日)
打ち上げ時間 20時20分〜20時40分 (4月、5月、6月、9月、10月、12月)
20時20分〜20時45分 (7月、8月)
打上数 約5000発 (各日) ※2022年の打上数
開催場所 静岡県熱海市渚町地先 親水公園

熱海海上花火大会2023の打ち上げ開始時間は?

熱海海上花火大会の開催時間が20時20分〜20時40分の間ということなので、20時20分頃が花火の打ち上げ開始時間になると思われます。

熱海海上花火大会2023の有料観覧席は?

熱海会場花火大会の有料席は設置されません。(2023年4月12日現在)

熱海海上花火大会2023の駐車場は?

目的地である熱海海上花火大会の会場周辺に到着してから駐車場を探すのは非常に面倒ですよね…

そんなときに便利なのが、駐車場を事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用することです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

熱海海上花火大会2023のアクセス方法は?

熱海海上花火大会の会場へのアクセス方法は以下の通りです。

アクセス方法 詳細
公共交通機関 JR熱海駅から徒歩20分
・東京方面から
東京IC→厚木IC→小田厚木道路、真鶴道路→国道135号→熱海市内
・関西方面から
茨木IC→小牧IC→沼津IC→伊豆縦貫自動車道→県道141号線、11号線、20号線、103号線経由→熱海市内

熱海海上花火大会2023の閲覧スポットは?

観覧場所はサンビーチ海水浴場から熱海港まで海岸一帯で、花火鑑賞を楽しむことができます。

・熱海城

「東洋のナポリ」と呼ばれている熱海城からの夜景と花火のコラボレーションが素敵だと有名です。

しかし、熱海城の中に入るには入場料がかかります。

大人1,100円 小・中学生600円 4歳〜6歳450円

・MOA美術館の駐車場

MOA美術館の駐車場は高台に立地しているため、花火を十分に楽しむことができます。

花火大会の日は駐車場を22時まで解放しているという情報もありました。

・サンビーチ

打ち上げ会場から近いので臨場感がすごいです。

また、浜辺で横になりながら花火を見ることができます。

熱海海上花火大会2023の感想や口コミは?

熱海海上花火大会の感想をTwitterで見つけました。

熱海海上花火大会は開催日も多いので気になっている方はぜひ行ってみてください。

熱海海上花火大会2023に持っていくべきものは?

熱海海上花火大会に行くときに以下のものを持っていくのがおすすめです。

・モバイルバッテリー
花火大会までの時間つぶしや、大会会場周辺の混雑状などを調べるなどすると、スマホのバッテリーが心配ですよね。

そんなときに1つモバイルバッテリーがあると安心ですね。

・携帯ラジオ
スマホでラジオを聞くことは可能ですが、若干の遅れがあるそうです。

リアルタイムで実況が聞けるので、携帯ラジオがおすすめです。

その他にも以下のものを持っていくことをおすすめします。

持っていくと便利なもの 持っていくと便利な理由
・ハンズフリー扇風機 大会会場は屋外なので、熱中症対策として
・虫除けスプレー 大会会場が屋外なので、虫刺されの可能性があるので
・レジャーシート 地面にそのまま座ると痛いのと、服が汚れないので
・レインコート 突然の天候の変化のためにも
・ウェットティッシュ 手が汚れたときやトイレに行ったときに便利です。
・スマートタグ 持ち物の紛失防止やお子さんの迷子防止に
・ゴミ袋 屋台などの飲食のゴミをまとめるのに便利です

熱海海上花火大会に行くなら、会場から少し離れた場所から電車で行くのがおすすめ!

今回は、熱海海上花火大会について記事をまとめてみました。

記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 会場から少し離れた場所から電車で行くのがおすすめ!
  • 公共交通機関の混雑を避けるためにも、1時間以上前には熱海駅に到着するのがおすすめ!
  • トイレは早めに済ませておくのがおすすめ!
  • ティッシュ消毒液を持っていくのがおすすめ!
  • 帰りの混雑を避けるには打ち上げ終了の10分前に帰るのがおすすめ!
  • 車で行くならあきっぱがおすすめ!
  • 大会後の帰りの混雑を避けるために宿泊して行くのもおすすめ!
  • 遠方から行くなら、楽天トラベルの利用がおすすめ!

以上、それではお気をつけて!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東海
全国混雑ラボ