米子がいな祭2022の混雑・渋滞状況や駐車場は?屋台や時間も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
米子がいな祭2022
の混雑を避けるおすすめは
うさぎさん
うさぎさん
・専用駐車場がないため
公共交通機関を利用する!
 
・帰りは花火終了前に帰り始める
のがおすすめ!

米子がいな祭は8月20日(土)・21日(日)に鳥取県米子市で開催予定の夏祭りです。

今年は3年ぶりに開催予定となっており、21日(日)のフィナーレには花火大会があります。

今回の記事では、米子がいな祭のフィナーレを飾る花火大会の混雑状況などの情報をまとめていこうと思います。

米子がいな祭でおすすめしたいのは以下の通りになります。

専用の駐車場がないので公共交通機関の利用がおすすめ!
・米子駅から会場まで徒歩で行くなら時間に余裕を持って行くのがおすすめ!
・駅の混雑を避けるためには会場周辺に早めに到着し他のイベントを楽しむのがおすすめ!
・会場内のトイレの情報がないため早めに行くのがおすすめ!
大会の帰りに宿泊するのもおすすめ!
駐車場が限られているためあきっぱがおすすめ!
携帯ラジオモバイルバッテリーを持っていくことをおすすめ!
スポンサーリンク

米子がいな祭2022の混雑状況は?

米子がいな祭2022の混雑状況をまとめていきます。

米子がいな祭2022の渋滞状況は?

米子がいな祭は、鳥取県で1番人気の花火大会で例年およそ78,000人が来場します。

例年会場周辺では交通規制も行われるため、鳥取市街の道路を通行する際は渋滞は避けられないでしょう。

そんな渋滞を避けるためには、公共交通機関を使うと会場までの所要時間がわかりやすくおすすめです。

また、遠方から来場予定の方など自動車を使用する場合は、会場から少し離れたところで駐車場を探し、歩いて会場へ向かうのがいいかもしれませんね。

米子がいな祭2022の交通規制は?

過去に米子がいな祭が開催された際は、交通規制が行われていました。

過去の情報によると、前日夜から駅前通りが車両通行止めになるのをはじめ、当日は市役所付近や湊山球場周辺、米子港周辺などで、車両通行止めや一方通行の交通規制が行われたようです。

2022年の交通規制の情報は見当たりませんでしたが、過去の開催時と同様の交通規制が行われる可能性が高そうです。

米子がいな祭2022の公共交通機関の混雑状況は?


米子がいな祭周辺の公共交通機関である米子駅構内の混雑状況に関する情報は見当たりませんでした。

しかし、米子駅周辺が混雑しているという情報があるので、米子駅構内も混雑が予想されます。

花火打ち上げ開始時刻は未定ですが、例年20時開始なので同時刻である可能性が高そうです。

少なくとも1時間前の19時には米子駅に到着するといいかもしれませんね。

米子がいな祭会場から米子駅までの混雑状況は?


米子がいな祭の公共交通機関である米子駅周辺は花火大会開始前から混雑しているようです。

多くの花火大会開始前の混雑の傾向としては、打ち上げ開始の1時間ほど前から人が集まりだすので、1時間前には到着しているといいでしょう。

花火打ち上げ開始時刻は未定ですが、例年20時開始なので同時刻である可能性が高そうです。

少なくとも1時間前の19時には米子駅に到着するのがおすすめです。

また、フィナーレの花火大会以外にも、お祭り2日間を通してがいな太鼓やパレードなどさまざまなイベントが行われる予定ですので、早めに来場してお祭りの雰囲気を楽しむのもいいかもしれませんね。

米子がいな祭会場から米子駅までの所要時間は?

米子駅から米子がいな祭の会場の米子港までは、徒歩で20分程度で行くことができます

普段と違って道が混雑することを考えると、通常の約20分にもう30分ほど余裕を見ておいた方がいいかもしれませんね。

米子がいな祭中の混雑状況は?

米子がいな祭開催中の混雑状況や混雑予想をまとめてみました。

混雑状況・混雑予想
花火打ち上げ開始 ・大きな混雑の情報は見当たらない
花火打ち上げ中 ・大きな混雑の情報は見当たらない
花火打ち上げ終了 ・花火終了前に帰り始める人もいる

米子がいな祭花火打ち上げ中の混雑状況を調べてみましたが、特に大きな混雑情報は見当たりませんでした。

多くの人が花火を鑑賞しているため、その場から動くことが少ないからだと思われます。

また、花火終了後の混雑を避けるために花火終了少し前に帰り始める人もいるようです。

米子がいな祭2022のトイレの混雑状況は?

米子がいな祭のトイレの混雑状況について目立った混雑情報は見当たりませんでした。

また、トイレの設置情報ですが会場内の設置情報は見当たらず、会場周辺の公園やコンビニ、スーパーのトイレを利用したという情報がありました

トイレに行きたいときに行けない可能性もありますので、行けるときに早めに行っておくといいでしょう。

米子がいな祭2022の帰りの混雑状況は?

米子がいな祭の花火大会後は多くの人が一斉に帰り始めるため、道路や駅がとても混雑するようです。

この混雑を避けるためには、花火大会終了少し前に帰り始めるのがおすすめです。

また、公共交通機関を利用する人は券売機が混雑することが予想されますので、行きに帰りの切符も買っておくかICカードを利用するとよいでしょう。

米子がいな祭2022の帰りの混雑を避けるために宿泊するべきか?

米子がいな祭終了後の帰りの混雑を避けるための方法として、次の日が休日という方なら宿泊するのもいいかと思います。

ホテル探すおすすめの順は以下の通りです。

米子がいな祭終了後のホテルを探すのに楽天トラベルを利用するのがおすすめです。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルのクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

→楽天トラベルでホテルを探すならこちら!

スポンサーリンク

米子がいな祭2022の屋台は?

米子がいな祭で過去に出店された屋台の詳細は以下の通りになります。

過去に出店された屋台
・でこまん ・かき氷 ・りんごあめ ・クロワッサンたい焼き ・はしまき ・地鶏 ・唐揚げ串 ・焼きそば

あまり聞き慣れない「でこまん」のでこは、「漫画絵・人形」を指す言葉のようで、でこまんはあんこの入っていない人形焼のようです。

地域独特の屋台があるのも楽しいですね。

また今年は感染症対策として湊山公園で予定している出店は、花火大会が始まるまでに終了する、また、アルコール類の販売は禁止すると公式から発表がありました

感染症対策をしっかり行い、安全に米子がいな祭を楽しみたいですね。

米子がいな祭2022の屋台の混雑状況は?


米子がいな祭の屋台が行列になっていたとの情報がありました。

お昼時など時間帯によっては混雑が予想されます

飲み物などは事前に用意しておくのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

米子がいな祭2022の詳細は?

米子がいな祭の詳細な情報は以下の通りです。

大会名 米子がいな祭2022
開催日程 8月20日(土)・21日(日)
打ち上げ時間 21日(日)時間未定
打上数 約6,000発
開催場所 米子港

米子がいな祭2022の打ち上げ開始時間は?

公式によると米子がいな祭の花火の打ち上げ時間は未定となっています。

しかし、過去には20時~20時45分に花火大会が開催されていますので同時刻となる可能性が高そうです。

米子がいな祭2022の有料観覧席は?

米子がいな祭の有料観覧席の詳細はまだ発表されていないので過去の情報を参考にします。

有料観覧席区分 価格
招待観覧席 【車なし】10,000円
【車あり】15,000円

また、障害者専用の「こころのやさしさスペース」(無料)が設けられるようです。

米子がいな祭の駐車場は?

目的地である米子がいな祭の会場周辺に到着してから駐車場を探すのは非常に面倒ですよね…

そんなときに便利なのが、駐車場を事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用することです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

米子がいな祭のアクセス方法は?

米子がいな祭の会場へのアクセス方法は以下の通りです。

アクセス方法 詳細
公共交通機関 JR米子駅から徒歩約20分
米子西ICから車で約10分

米子がいな祭の閲覧スポットは?

米子がいな祭の穴場について調べました。


安来から撮影されたようです。海に映る花火、いいですね。


会場周辺のお店からも見られるようですね。


こちらは船の上からのようです。船上から花火、最高ですね。

米子がいな祭の感想や口コミは?

米子がいな祭の感想や口コミについて調べました。


音が響いてくるような距離なのですね、迫力満点です。


花火と飛行機が一緒に見られたようです。素敵ですね。


フィナーレの様子です。最後にふさわしい美しさですね。

米子がいな祭に持っていくべきものは?

米子がいな祭に行くときに以下のものを持っていくのがおすすめです。

・モバイルバッテリー
花火大会までの時間つぶしや、大会会場周辺の混雑状などを調べるなどすると、スマホのバッテリーが心配ですよね。

そんなときに1つモバイルバッテリーがあると安心ですね。

・携帯ラジオ
スマホでラジオを聞くことは可能ですが、若干の遅れがあるそうです。

リアルタイムで実況が聞けるので、携帯ラジオがおすすめです。

その他にも以下のものを持っていくことをおすすめします。

持っていくと便利なもの 持っていくと便利な理由
・ハンズフリー扇風機 大会会場は屋外なので、熱中症対策として
・虫除けスプレー 大会会場が屋外なので、虫刺されの可能性があるので
・レジャーシート 地面にそのまま座ると痛いのと、服が汚れないので
・レインコート 突然の天候の変化のためにも
・ウェットティッシュ 手が汚れたときやトイレに行ったときに便利です。
・スマートタグ 持ち物の紛失防止やお子さんの迷子防止に
・ゴミ袋 屋台などの飲食のゴミをまとめるのに便利です

米子がいな祭の帰りの混雑を避けるおすすめは花火の打ち上げ終了前に帰るのがおすすめ!

今回の記事では、米子がいな祭について記事をまとめてみました。

記事の内容をまとめると、以下の通りになります。

・専用の駐車場がないので公共交通機関の利用がおすすめ!
・米子駅から会場まで徒歩で行くなら時間に余裕を持って行くのがおすすめ!
・駅の混雑を避けるためには会場周辺に早めに到着し他のイベントを楽しむのがおすすめ!
・会場内のトイレの情報がないため早めに行くのがおすすめ!
・大会の帰りに宿泊するのもおすすめ!
・駐車場が限られているためあきっぱがおすすめ!
携帯ラジオモバイルバッテリーを持っていくことをおすすめ!

以上、それではお気をつけて!