鳥越神社2022初詣の混雑状況や駐車場は?参拝時間や屋台も!

スポンサーリンク

東京の鳥越神社の歴史はとても古く、白雉2年(651年)、日本武尊を祀って白鳥神社と称したのに始まるとされ、源義家がこの地を訪れ鳥越大明神と改めたと伝えられています。

江戸時代までにここには三社の神社がありましたが、三社のうち熱田神社は今戸へ、第六天榊神社は森田町(現・蔵前3丁目)に遷され、残った大明神が今の鳥越神社となりました。

そんな鳥越神社に、2022年の年初めに初詣に行くという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

新年早々初詣に行くのはいいですが、神社内や周辺がどのくらい混雑するのか気になる方も多いと思います。

せっかくですから、神社内が混雑している時間帯は避けて、気持ちよく参拝して新年を迎えたいものですね。

そこで、東京の鳥越神社の初詣でおすすめしたいのは以下の通りになります。

・基本的にいつ行ってもあまり混雑することなく、ゆっくり参拝できる!
除夜の鐘の後は、朝7〜8時頃まで門が閉まるので注意!
・お守りが欲しい方は8時から17時の間に!
・鳥越神社の社務所の営業時間は9時から17時ぐらい!
過去に屋台の出店情報はない
甘酒の頒布がある可能性あり
・車で行くなら、あきっぱがおすすめ!