隅田川花火大会2019の混雑状況や時間は?屋台やトイレも!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年7月27日に東京で隅田川花火大会が開催されます。

東京の花火大会と聞くと、めちゃめちゃ混雑する印象があります。多くの人は、混雑するのがイヤで行くのをためらう方も多いと思うのです。

そこで今回の記事では、そんな隅田川花火大会の混雑状況などをまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

隅田川花火大会2019の混雑状況は?

隅田川花火大会を行くに当たり、重要なことがあります。それは、会場内がどれぐらい混雑するかです。

花火大会が開催される時期はかなり蒸し暑くなると思われ、会場内が混雑すると熱中症になったり、会場内を移動するのも一苦労です。

そこで過去の隅田川花火大会の混雑状況を調べてみました。

過去の混雑状況は?

・今年の隅田川花火大会は混雑を避けて両国で鑑賞しました!
案外花火が見えて良かったです。
帰りは花火が終わる前に退却です。
おかげで帰りの電車は座席に座ることが出来ました。

・隅田川花火大会の帰りの混雑を考えて、浅草にホテルを予約しました。
だが、自分の想像より混雑が起きなくて、ちょっと公開…だけど、次の日の朝帰るほうが楽だからいいかぁ!

・隅田川花火大会行ってきました!
毎年行って思うのが、観覧する場所が狭いのと帰りの交通機関の混雑です…
気がつくと上の駅まで歩くはめに…

・隅田川花火大会を汐入公園から鑑賞しました!
汐入公園は意外と混んでないからおすすめだけど、打ち上げ場所から遠いから迫力がないんですよね…
そのかわりと言っちゃ何だけど、行き帰りの交通機関の混雑は少ないですよ。

過去の隅田川花火大会の混雑状況ですが、めちゃめちゃ混雑してますね…会場が東京というだけあって、人がめちゃめちゃ多いです。

会場の混雑よりも、特に帰りの交通機関の混雑の情報が多い印象です。帰りの交通機関の混雑を避けるには、花火が打ち上がる前に帰るか、近くのホテルで宿泊するのがおすすめです。

会場内の混雑を避けるには、打ち上げ場所から離れた場所で見るのがいいかもです。ですが、混雑しない代わりに迫力がもう一つですが…

トイレの混雑状況は?

隅田川花火大会で一つ心配なことがあります。それは、トイレの混雑状況はどうなのかです。

花火大会などの屋外のイベントでトイレはめちゃめちゃ重要だと思うのです。急に催しても、屋外なのでトイレを見つけるのも一苦労です。

そこで、過去の隅田川花火大会のトイレの混雑状況をまとめてみました。

・今年の隅田川花火大会は両国で見ました!
いいですね、トイレ並んでないのが!
花火はちょっと遠いのであれですけど…

・隅田川花火大会に行きました!
今年はちょっと花火を見るには遠い汐入公園から見ました。
花火の迫力はないのですが、トイレが割ときれいで混んでないのがいいですね!

トイレの混雑状況ですが、どうしても打ち上げ場所に近いほど混んでいる印象です。恐らく、トイレの数も足りない可能性が高そうです。

花火の迫力はもう一つですが、ちょっと離れた場所だとトイレも混んでないし、キレイな場所もあります。どちらを選ぶかは難しいところです。

そういった意味では、 汐入公園や両国からの花火鑑賞はおすすめですね。

あと、便利なアプリもあります。

・トイレ情報共有マップくん

かなり評判の高いアプリで、緊急のトイレの検索に役に立ちます。

公衆トイレ、駅・デパート・コンビニのトイレなどの施設のトイレが検索することが出来るのです。情報量も多く、細かなトイレの設備の情報まで検索することが出来ます。

もしものために、あなたのスマホに入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

隅田川花火大会2019の屋台は?

隅田川花火大会で一番の楽しみは当然花火だと思うのですが、人によっては屋台を楽しみにされている方もいるのではないでしょうか。

2019年の屋台の情報は見当たらないので、過去の隅田川花火大会の屋台の情報を調べてみました。

隅田川花火大会の会場はかなり広範囲なので、当然屋台の出店エリアも広範囲になります。主な屋台の出店場所は以下の通りになります。

・隅田公園
・汐入公園
・両国国技館
・吾妻橋
・浅草寺
・両国駅前
・蔵前駅前
・押上駅前
・曳舟駅前
・本書吾妻橋駅前

駅前は少数ですが、屋台や地元料理店の店頭販売などがあります。

過去に出店された屋台の種類ですが、以下の通りになります。

・りんご飴
・フランクフルト
・イカ焼き
・綿菓子
・チョコバナナ
・もつ煮
・お好み焼き
・串もんじゃ
・はしまき
・餅ドッグ
・ラーメンバーガー
・焼き鳥
・じゃがバター
・かき氷

ここで紹介した意外にもまだまだ屋台の種類はあると思います。屋台を楽しみたい方は、花火大会が始まる前に行くのがおすすめです。

隅田川花火大会の屋台は意外にも、店終いするのが早いという情報もあるので早めに行くのがおすすめです。

隅田川花火大会2019の交通規制は?

2019年隅田川花火大会開催中に交通規制はあるのでしょうか?例年、隅田川花火大会開催時は交通規制がなされます。

今のところ、2019年の交通規制の詳細は公式サイトでは公表されてません。2019年も過去の隅田川花火大会と同用に交通規制される可能性が非常に高いと思われます。

2019年は赤い線の中は何らかの交通規制がありました。2019年も恐らく大きな違いはないと思います。

隅田川花火大会2019の詳細は?

東京の隅田川で開催される隅田川花火大会の詳細は以下の通りになります。

開催日時:2019年7月27日
※荒天時は28日に延期
打ち上げ時間:19時〜20時30分
打上数:計20000発
(第1会場:9530発、第2会場:10650発)

第一会場:桜橋下流〜言問橋上流

第二会場:駒形橋下流〜厩橋上流

有料観覧席は?

隅田川花火大会の有料観覧席の情報はありません。市民協賛席があるのですが、すでに締切となってます。

隅田川花火大会の有料観覧席ではないのですが、比較的それに近いプランがあるので紹介します。

・浅草花やしき 隅田川花火大会特別観覧席
・東京スカイツリー展望台特別営業入場券

この2つ意外にもいろいろと方法があるのですが、あまりにも料金が高いのでここでは紹介しません。当たるか当たらないかは分かりませんが、申し込まないと始まらないので一度申し込んでみるのもいいかもです。

アクセス方法は?

東京の隅田川で開催される隅田川花火大会には開場が2つあります。それぞれのアクセス方法は以下の通りになります。

第1会場

浅草駅から

第2会場

浅草駅から

その他の最寄り駅は蔵前駅・両国駅・浅草橋駅です。

駐車場は?

隅田川花火大会の会場には臨時の駐車場は当然ありません。基本的には公共交通機関を利用することになります。

ですが、何らかの理由で車で行く方もいるかと思います。そんな場合は近隣の駐車場を利用することになります。

駐車場はありますが、心配なのはどこの駐車場も満車で駐車出来ないことなんですよね…
仮に駐車できたとしても、探す時間や駐車場が空くまで待っている時間は非常にもったいないと思います。

本当は公共交通機関などで行くことが出来ればいいのですが、公共交通機関がない場所など何らかの理由でどうしても車でしか行けない人もいると思います。
そんな人におすすめしたいのがあきっぱ!です。

あきっぱ!を利用すると

1)駐車場を予約することが可能になる

お店を予約するのと同じ感覚で予約可能なので、確実に駐車が可能になる。
10日前から予約が可能なので、予定も立てやすくなります。

2)空いている駐車場を探す手間がなくなる

空いている駐車場を探すのに走り回る時間が節約出来る。
初めていく場所でも駐車場を探したり、駐車場があるかなどの不安が解消される。

3)駐車料金が安い

あきっぱ!では空いたスペースを駐車場として利用しているので、一般の有料駐車場の様な高い初期投資や固定費が掛かりません。なので、駐車場を安く貸し出すことが可能なのです。

普通のコインパーキングの 初期費用は5〜10台で300〜400万程度と言われてます。(※あくまで目安です。)
そのため、初期費用回収のために、どうしても駐車料金が高くなってしまします。
空いているスペースを利用しているあきっぱ!は、初期費用があまりかからないので非常に安くて便利と言えます。

分かりやすくするために、あきっぱ!と東京駅周辺の駐車場の料金を比較してみました。

再大料金 通常料金
東京周辺駐車場
(トラストパーク日本橋フロントビル)
2000円
(7時〜21時)
1泊/500円
(21時〜翌7時)
20分/300円
(月〜土曜)
東京周辺のタイムズ
(タイムズ京橋第5)
月〜土曜
8時〜21時:4000円
21時〜翌8時:800円
日曜・祝日
8時〜21時:1800円
21時〜翌8時:800円
月曜〜土曜
15分/400円
日曜・祝日
15分/400円
あきっぱ! 東京駅から
徒歩5分:2700円/日〜
徒歩13分:1620円/日〜
徒歩21分:1200円/日〜
駐車場によって異なる。

東京駅周辺の駐車場をあきっぱ!で探すと

東京駅から
徒歩5分:2700円/日〜
徒歩13分:1620円/日〜
徒歩21分:1200円/日〜

というのが、あきっぱ!の大体の東京駅周辺の駐車料金の相場です。

さすがに東京駅から徒歩5分はそれなりに高いですが、徒歩10分を超えてくると駐車料金が急激に安くなってます。
ちょっと歩くだけで、ここまで駐車料金が安くなるのはめちゃめちゃ魅力的ですよね。
ぜひ、一度あきっぱ!を利用してみてはいかがでしょうか?

あきっぱ!で駐車場をかしこく予約!

東京に安く行く方法は?

隅田川花火大会の会場の台東区か墨田区に行くにはまず東京に行かないとダメです。遠方から東京へ行くのに交通費で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

僕もよく東京に出掛けるのですが、やはり価格重視で考えます。
そんな僕がよく使うのが楽天トラベルです。

楽天トラベルのいいところは、以下のようなところです。

1)予約が早いほど安くなる
分かりやすく言うと、早いものがちなんですよ。
早く予約したら安くなるというめちゃめちゃ分かりやすいシステムなのです。
なので、交通費を安く抑えることが出来ます。
 
2)その日の宿泊先を見つけられる
夜間開館などを利用したりなどして、帰りの交通手段が無くなったときなどにその日の宿泊先が見つけることが出来ます。さらに24時以降チェックイン可能なホテルも中にはあるのでおすすめです。
 
3)楽天ポイントが貯まる
国内宿泊や高速バス、航空券を購入すると楽天ポイントが付与されます。溜まったポイントは楽天トラベルや楽天で商品を購入するときに使用可能です。

 

以上のような理由から、僕はよく楽天トラベルを利用してます。

安く移動できて、いざというときには宿泊先まで探せる楽天トラベルはかなり便利なものなのです。さらに、ポイントも溜まって一石二鳥にもなります。

楽天トラベルをさらに便利するためには、楽天カードがおすすめです。
楽天カードで決済することにより、宿泊料金の1〜2%、ホテル代を楽天カードで決済すると最大で4%のポイントを獲得することが出来ます。普段の決済手段として利用することにより、効率よく楽天ポイントを貯めることが可能になります。

まとめ

いかがでしか?

今回の記事では、東京で開催される隅田川花火大会を紹介しました。かなり混雑する花火大会なので十分に注意して下さい。会場だけではなく、帰りの交通機関も混雑するので注意が必要です。

それではお気をつけて

 

最後までお読み頂きありがとうございます。