真駒内花火大会2022の混雑状況や駐車場は?屋台や時間も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
真駒内花火大会の
混雑を避けるおすすめは
うさぎさん
うさぎさん
お昼過ぎに会場入りしておく
18時までには真駒内駅に着いておく
・打ち上げ終了の10分前に帰る
のがおすすめ!

2022年7月9日(土)に北海道札幌市にある真駒内セキスイハイムスタジアムにて、真駒内花火大会が行われます。

3年ぶりの開催となり、地元の方をはじめ多くの方が楽しみにされているようです。

花火・音楽・照明・炎をミックスした演出で2万2千発以上の花火が打ち上げられることから、ハイパー花火大会と呼ばれ北海道内最大級とも言われています。

そんな真駒内花火大会を見に行きたいけれど会場がどれくらい混雑するのか、会場までのアクセスはどうすればいいのか心配な方も多いと思います。

今回は真駒内花火大会に行く際のおすすめをまとめてみました。

・お昼ぐらいから地下鉄とバスで会場入りしておくのがおすすめ!
・地下鉄とバスの混雑を避けるためにも18時頃には真駒内駅に到着しておくのがおすすめ!
トイレは早めに済ませておくのがおすすめ!
・帰りの混雑を避けるには打ち上げ終了の10分前に帰るのがおすすめ!
大会後の帰りの混雑を避けるために宿泊するのもおすすめ!
車で行くならあきっぱがおすすめ!
モバイルバッテリーレインコートを持っていくのがおすすめ!
スポンサーリンク

真駒内花火大会2022の混雑状況は?

真駒内花火大会の混雑状況をまとめていきます。

真駒内花火大会2022の渋滞状況は?

真駒内花火大会の当日は会場である真駒内セキスイハイムスタジアム周辺は大変混雑するようです。

交通規制も行われるので車で会場近くまで行くのはほぼ不可能だと思ったほうがよいと思います。

最寄り駅である真駒内駅からシャトルバスが運行されますので、それを利用するのが一番おすすめです。

真駒内花火大会2022の交通規制は?

真駒内花火大会当日は会場周辺道路は交通規制が行われます。

駐停車の取り締まりもあるそうなので送迎なども禁止されているようです。

真駒内花火大会2022の公共交通機関の混雑状況は?

真駒内花火大会の会場の真駒内セキスイハイムスタジアムの最寄り駅は札幌市営地下鉄南北線の真駒内駅です。

当日の真駒内駅の混雑状況は以下の通りです。

真駒内花火大会会場から真駒内駅までの混雑状況は?

真駒内花火大会で最も利用者が多いのが地下鉄の真駒内駅ですので当日は大変混雑します。

真駒内駅は16時からすでに混雑し始めるという情報もありました。

打ち上げ開始は19時50分ですが、2時間前の18時頃には真駒内駅に到着しておくことをおすすめします。

当日はスタジアムがある真駒内公園で屋台の出店などもあるようなので、少し早めに行ってお祭り気分を味わいながら開場時間まで過ごすというのもいいかもしれませんね。

真駒内花火大会会場から真駒内駅までの所要時間は?

真駒内駅から会場までは徒歩でおよそ30分だそうです。

有料のシャトルバスが運行されていますが、こちらも大変混雑が予想されます。

乗ってしまえばおよそ10分で到着しますが18時を過ぎるとバスを待つ行列ができるそうです。

シャトルバスの料金は大人片道210円小人110円です。

また真駒内駅から会場のある真駒内公園までは公共交通機関のじょうてつバスも運行されており、臨時バスもあるそうです。

どちらか早く乗れそうな方に乗るのがよいでしょう。

真駒内花火大会開催中の混雑状況は?

真駒内花火大会開催中の混雑状況や混雑予想をまとめてみました。

混雑状況・混雑予想
花火打ち上げ開始 やや混雑する
花火打ち上げ中 混雑情報はない
花火打ち上げ終了 大変混雑する

真駒内花火大会では打ち上げ開始時刻の10分前終了10分前〜終了後に入退場する方が多くなることが予想されます。

混雑に巻き込まれないようにするには開始時間の遅くとも30分前には入場を済ませておくことをおすすめします。

また会場から出る際にはブロックごとの規制退場が行われるそうですが、守らない人も多くいるというツイートが多く見られました。

急いで帰らなければならないというのでなければ規制退場に従って退場するのがよいでしょう。

もし急ぎで帰りたいという場合は花火の終わる10分前に会場から出ることをおすすめします。

真駒内花火大会2022のトイレの混雑状況は?

真駒内セキスイハイムスタジアムにはトイレが5ヶ所あるようです。

始まる前は特に混みあうことが予想されますので、早めに済ませておくか、始まってから行くのをおすすめします。

真駒内花火大会2022の帰りの混雑状況は?

全国で開催される花火大会がいろいろとありますが、花火大会は行きよりも帰りのほうが混雑することが多いそうです。

真駒内花火大会では終わった後が一番混雑します。

シャトルバスに乗るまでも行列ができますし、シャトルバス内も大変混みあうようです。

真駒内駅についても駅も地下鉄も大変混雑するようです。

どうしても混雑を避けたいのなら花火終了前か、ある程度時間を遅らせて帰るのがおすすめです。

また会場近くで宿泊して、翌日帰るのもいいかもしれませんね。

真駒内花火大会2022の帰りの混雑を避けるために宿泊するべきか?

真駒内花火大会終了後の帰りの混雑を避けるための方法として、次の日が休日という方なら宿泊するのもいいかと思います。

ホテルを探すおすすめの順は以下の通りです。

真駒内花火大会終了後のホテルを探すのに楽天トラベルを利用するのがおすすめです。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルのクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

→楽天トラベルでホテルを探すならこちら!

スポンサーリンク

真駒内花火大会2022の屋台は?

真駒内花火大会での屋台、飲食ブースの出店は今のところ未定となっています。

ぜひ開催してほしいですね。

ちなみに真駒内花火大会で過去に出店された屋台の詳細は以下の通りになります。

過去に出店された屋台
チキンステーキ・クレープ・いちご飴・フライドポテト・お団子・イカ焼き・ほたて串焼・たこザンギ・蒸し牡蠣・ビールなど

この他にも多数の出店の可能性があります。

真駒内花火大会2022の屋台の混雑状況は?

過去の真駒内花火大会では屋台の混雑する時間帯は16時~19時だそうです。

お店は13時頃から営業しているという情報もありましたので、お昼過ぎから会場入りしてのんびり公園で過ごすというのもおすすめです。

スポンサーリンク

真駒内花火大会2022の詳細は?

真駒内花火大会の詳細な情報は以下の通りです。

大会名 真駒内花火大会
開催日程 2022年7月9日(土)
開催時間 開場17時 打ち上げ19時50分~20時50分(予定)
打上数 2万2千発
開催場所 真駒内セキスイハイムスタジアム

真駒内花火大会2022の打ち上げ開始時間は?

真駒内花火大会の打ち上げ開始時間は19時50分となっています。

およそ1時間のプログラムを予定しているそうです。

真駒内花火大会2022の有料観覧席は?

真駒内花火大会は全席有料の花火大会です。チケットがないと会場には入れません。

真駒内花火大会の有料観覧席の詳細は以下の通りです。

有料観覧席区分 前売り券価格 当日券
アリーナエキサイティングシート(前方2列) 10000円 10500円
アリーナS指定席 5000円 5500円
アリーナA指定席 4500円 5000円
アリーナ指定席 3500円 4000円
スタンドS指定席 6000円 6500円
スタンドA指定席 5000円 5500円
スタンド指定席 4000円 5500円

チケットはこちらからお求めいただけます。
真駒内花火大会チケット

電話でのお問い合わせ TEL:011‐841‐8166 真駒内花火大会運営事務局(平日10~18時)

真駒内花火大会の駐車場は?

真駒内花火大会では専用の駐車場はありません。近隣に有料の駐車場はありますが早いうちに満車になることが予想されます。

そんなときに便利なのが、駐車場を事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用することです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

真駒内花火大会のアクセス方法は?

真駒内花火大会の会場へのアクセス方法は以下の通りです。

アクセス方法 詳細
公共交通機関 ・地下鉄真駒内駅から徒歩約30分
・地下鉄真駒内駅から、じょうてつバス南90、95、96、97、98、環96の6系統で「上町1丁目」下車徒歩約5分
・地下鉄中の島駅から、じょうてつバス南65、環56の2系統で「真駒内本町」下車徒歩約10分
・地下鉄西11丁目駅から、じょうてつバス南4南町4丁目行で「曙町」下車徒歩約2分
・道央自動車道「札幌南」ICから約30分~40分

真駒内花火大会の閲覧スポットは?

真駒内花火大会は全席有料の花火大会ですので、会場に入るにはチケットが必要です。

しかし会場の外で無料で花火が見られる人気スポットの情報を探してみました。

真駒内公園

真駒内セキスイハイムスタジアムがある真駒内公園からは低い花火は見れませんが、打ち上げ花火や音楽などは体感できるそうです。

豊平川河川敷

真駒内公園横の河川敷は人気のスポットだそうです。

藻岩山山頂展望台

藻岩山山頂展望台では夜景と花火が一緒に見れると人気だそうです。

ただ展望台までは車かロープウェイで行けるそうですが、どちらにしても大変混雑するそうです。

真駒内花火大会の感想や口コミは?

真駒内花火大会の感想や口コミをSNSやツイッターで探してみました。

迫力が伝わります。こんなのが目の前で繰り広げられるとはちょっと想像がつかないです。

言葉だけでスーパー花火のすごさが伝わりますね。屋台の食事もとても美味しそうです。

真駒内花火大会に持っていくべきものは?

真駒内花火大会に行くときに以下のものを持っていくのがおすすめです。

・モバイルバッテリー
花火大会までの時間つぶしや、大会会場周辺の混雑状などを調べるなどすると、スマホのバッテリーが心配ですよね。

そんなときに1つモバイルバッテリーがあると安心ですね。

・携帯ラジオ
スマホでラジオを聞くことは可能ですが、若干の遅れがあるそうです。

リアルタイムで実況が聞けるので、携帯ラジオがおすすめです。

その他にも以下のものを持っていくことをおすすめします。

持っていくと便利なもの 持っていくと便利な理由
・ハンズフリー扇風機 大会会場は屋外なので、熱中症対策として
・虫除けスプレー 大会会場が屋外なので、虫刺されの可能性があるので
・レジャーシート 地面にそのまま座ると痛いのと、服が汚れないので
・レインコート 突然の天候の変化のためにも
・ウェットティッシュ 手が汚れたときやトイレに行ったときに便利です。
・スマートタグ 持ち物の紛失防止やお子さんの迷子防止に
・ゴミ袋 屋台などの飲食のゴミをまとめるのに便利です

お昼ぐらいから地下鉄とバスで会場入りしておくのがおすすめ!

今回の記事では真駒内花火大会について記事をまとめてみました。

記事の内容をまとめると、以下の通りになります。

・お昼ぐらいから地下鉄とバスで会場入りしておくのがおすすめ!
・地下鉄とバスの混雑を避けるためにも18時頃には真駒内駅に到着しておくのがおすすめ!
・トイレは早めに済ませておくのがおすすめ!
・帰りの混雑を避けるには打ち上げ終了の10分前に帰るのがおすすめ!
・大会後の帰りの混雑を避けるために宿泊するのもおすすめ!
・車で行くならあきっぱがおすすめ!
モバイルバッテリーレインコートを持っていくのがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!