今宮戎神社2022初詣の混雑状況や駐車場は?参拝時間や屋台も!

スポンサーリンク

「大阪のえべっさん」と呼ばれ、商売繁盛の神様として有名な今宮戎神社は大阪府浪速区にある神社です。

ご祭神は 天照皇大神、事代主命、素盞嗚尊、月読尊、稚日女尊の五柱ですが、なかでも事代主命は七福神の恵比寿様と同一神であるといわれ、海の神さま、釣りの神さま、商売の神さまとして尊崇されている神さまだということです。

創建は西暦600年、あの聖徳太子が大阪に四天王寺を建立した折、同地西方の守護神、市場鎮護の神として尊崇せられたと伝えられ、大変歴史のある神社です。

その後大阪は商売の町として栄え、江戸時代には「天下の台所」とも呼ばれるようになりますが、それとともに今宮戎神社も大阪の商業を護る神様として大変崇敬されるようになったそうです。

今宮戎神社といえば1月9、10、11日に行われる十日えびすといわれるお祭りが大変有名で、毎年約100万人が訪れるそうです。

一週間後にそんなに混むんだったらお正月は大したことないんじゃないか?そう思われるかもしれませんが、今宮戎神社の初詣には例年5万人以上の方が参拝されるそうです。

そんな今宮戎神社の初詣でおすすめするのは以下の通りです。

元旦は3時~8時がおすすめ!
・元日は18時以降がおすすめ!
・三が日は午前10時前、もしくは17時以降がおすすめ!
閉門30分前がおすすめ!
4日以降がおすすめ!
屋台の出店は昨年はありませんでした。通常はあります。
・車で行くならあきっぱがおすすめ!