穴八幡宮2022初詣の混雑状況や駐車場は?参拝時間や屋台も!

スポンサーリンク

穴八幡宮は、東京都新宿区西早稲田二丁目の市街地に鎮座している神社です。蟲封じ(幼児が消化不良や寄生虫を宿したりして身体が弱くきげんが悪い場合や「虫がおこる」とか「疳の虫」と称するひきつけや疳が起こることを防ぐ呪法のこと)のほか、商売繁盛や出世、開運に利益があるとされている神社です。

穴八幡宮から授かった「一陽来復(いちようらいふく)御守」やお札をその年の定められた恵方に向けて、冬至(12月22日)、大晦日(12月31日)、節分(2月3日)のいずれかの深夜0時にお祀りするとお金繰り(金銀融通)が良くなるといわれていて、商売繁盛・金運上昇のお守りとして大変人気があることで有名です。

そんな穴八幡宮に、2022年の年初めに初詣に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか。

新年早々初詣に行くのはいいのですが、このご時世・・・神社内が大混雑していたり、周辺も混雑していたら気持ちよく新年を迎えることができませんね。

そんな東京の穴八幡宮の初詣でおすすめしたいのは以下の通りになります。

・参拝のみであれば1月1日0時~2時以外なら比較的混雑しない!
「一陽来復御守」購入の方は、午前の早い時間帯夕方以降がおすすめ!
・3が日以降も2月3日(節分)までは、朝9時~17時まで「一陽来復御守」が販売され、
 混雑する可能性あり!
・「一陽来復御守」の販売時間は12月23日~12月31日:8時~19時
 1月1日~2月3日節分:9時~17時
屋台が多数出店されます!
・車で行くならあきっぱがおすすめ!