ゆかた展(泉屋博古館分館)の混雑状況は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

2019年ももうすぐゆかたの季節が近づいてますね。今からの時期にふさわしい特別展があるのです。その特別展とは、東京・泉屋博古館分館でで開催される「ゆかた展」です。

このゆかた展では、江戸時代のゆかたから近代の画家がデザインしたゆかたなど、幅広いゆかたが展示されます。中には貴重なゆかたも展示されるので、訪れる人が多くなる可能性があるのです。そこで今回の記事では、そんなゆかた展の混雑状況などをまとめてみようと思います。

ゆかた展(泉屋博古館分館)の混雑状況や待ち時間は?

泉屋博古館分館で開催されるゆかた展で重要なことがあります。それは、どれぐらいの混雑があるかです。

会場内が混雑すると、移動するのも展示作品を見るのも一苦労です。そこで、泉屋博古館分館の混雑状況を平日と休日や祝日でまとめてみました。

平日の混雑状況は?

・泉屋博古館分館は、上野の美術館と違って混雑していないので、小さな作品もじっくり見られる。

平日の混雑状況ですが、あまり大きな混雑は見られませんね。平日に行くのが、混雑を避けるのに一番いいのかもしれませんね。

休日/祝日の混雑状況は?

・土曜日に泉屋博古館分館に行ってきた〜。
本当に全然混んでないし、メガネも無料で貸してくれるいい美術館ですよ。

・連休中だけど、泉屋博古館分館へ行ってきました。
連休中だから混雑していると思ったけど、まったく混雑してませんでした。

・泉屋博古館分館へ。
入館時は然程の混雑もなくゆっくり観賞出来たのだが、徐々に人も増え13時過ぎには混雑状態なりました。
タイミングが悪かったかな…

休日や祝日の混雑状況ですが、平日と同様に大きな混雑あまり見られませんね。それでも、混雑するときもあるので、若干の注意が必要かと思います。展覧会や特別展は会期末が近づいていてくると、混雑しやすいので避けるのが無難かもです。

スポンサーリンク

ゆかた展(泉屋博古館分館)のグッズは?

泉屋博古館分館で開催されるゆかた展で、一つ気になることがあります。それは、どんなグッズが販売されるかです。

展覧会や特別展では、限定グッズが販売されることがあります。そんな限定グッズがゆかた展でもあるのか、調べてみました。

今のところ、公式サイトでグッズの情報は公表されてませんね…以前の企画展などでは、泉屋博古館分館でもグッズの販売があったようなので、今回のゆかた展でも、グッズの販売の可能性はあるかと思います。

詳細な情報が入り次第、追記いたします。

ゆかた展(泉屋博古館分館)の詳細は?

泉屋博古館分館で開催されるゆかた展の詳細は以下の通りになります。

期間:2019年5月28日〜7月7日
・前期:5月28日〜6月16日
・後期:6月18日〜7月7日
開館時間:10時〜17時
※最終入館は16時30分
休館日:月曜日
会場:泉屋博古館分館
住所:東京都港区六本木1-5-1

チケット(料金)は?

泉屋博古館分館で開催されるゆかた展のチケット(料金)は以下のとおりです。

当日券団体料金
一般1000円800円
高大生800円640円
中学生以下無料

 

着物で来館すると、100円の割引サービスがあるので利用するのもいいかもしれませんね。着物を着るのはちょっと面倒かもしれませんが…

アクセス方法は?

ゆかた展が開催される泉屋博古館分館へのアクセス方法は以下の通りになります。

六本木1丁目駅から

神谷町駅から

駐車場は?

ゆかた展の会場の東京・泉屋博古館分館には専用の駐車場がありません。車で泉屋博古館へ向かう場合は、近隣の駐車場を利用する必要があります。

駐車場はありますが、心配なのはどこの駐車場も満車で駐車出来ないことなんですよね…
仮に駐車できたとしても、探す時間や駐車場が空くまで待っている時間は非常にもったいないと思います。

本当は公共交通機関などで行くことが出来ればいいのですが、公共交通機関がない場所など何らかの理由でどうしても車でしか行けない人もいると思います。
そんな人におすすめしたいのがあきっぱ!です。

あきっぱ!を利用すると

1)駐車場を予約することが可能になる

お店を予約するのと同じ感覚で予約可能なので、確実に駐車が可能になる。
10日前から予約が可能なので、予定も立てやすくなります。

2)空いている駐車場を探す手間がなくなる

空いている駐車場を探すのに走り回る時間が節約出来る。
初めていく場所でも駐車場を探したり、駐車場があるかなどの不安が解消される。

3)駐車料金が安い

あきっぱ!では空いたスペースを駐車場として利用しているので、一般の有料駐車場の様な高い初期投資や固定費が掛かりません。なので、駐車場を安く貸し出すことが可能なのです。

普通のコインパーキングの 初期費用は5〜10台で300〜400万程度と言われてます。(※あくまで目安です。)

東京に安く行く方法は?

ゆかた展の会場の泉屋博古館に行くにはまず東京に行かないとダメです。遠方から東京へ行くのに交通費で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

僕もよく東京に出掛けるのですが、やはり価格重視で考えます。
そんな僕がよく使うのが楽天トラベルです。

楽天トラベルのいいところは、以下のようなところです。

1)予約が早いほど安くなる
分かりやすく言うと、早いものがちなんですよ。
早く予約したら安くなるというめちゃめちゃ分かりやすいシステムなのです。
なので、交通費を安く抑えることが出来ます。
 
2)その日の宿泊先を見つけられる
夜間開館などを利用したりなどして、帰りの交通手段が無くなったときなどにその日の宿泊先が見つけることが出来ます。さらに24時以降チェックイン可能なホテルも中にはあるのでおすすめです。
 
3)楽天ポイントが貯まる
国内宿泊や高速バス、航空券を購入すると楽天ポイントが付与されます。溜まったポイントは楽天トラベルや楽天で商品を購入するときに使用可能です。

以上のような理由から、僕はよく楽天トラベルを利用してます。

安く移動できて、いざというときには宿泊先まで探せる楽天トラベルはかなり便利なものなのです。さらに、ポイントも溜まって一石二鳥にもなります。

楽天トラベルをさらに便利するためには、楽天カードがおすすめです。
楽天カードで決済することにより、宿泊料金の1〜2%、ホテル代を楽天カードで決済すると最大で4%のポイントを獲得することが出来ます。普段の決済手段として利用することにより、効率よく楽天ポイントを貯めることが可能になります。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、東京・泉屋博古館で開催されるゆかた展を紹介しました。泉屋博古館分館は、比較的混雑を気にしないで行ける美術館ですね。あまり大きな混雑がある会場ではありませんが、会期末が近づいてくると混雑する可能性があるので、注意して下さい。

それではお気をつけて!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。