世界報道写真展2019(東京)の混雑状況は?感想や口コミも!

スポンサーリンク

2019年6月8日から東京都写真美術館で「世界報道写真展2019」が開催されます。

世界報道写真展というのは、世界最大級のドキュメンタリーや報道の写真の展覧会のことなんですね。展示される写真は「世界報道写真コンテスト」で入賞したものが数々展示されます。

世界報道写真展は約400万人以上の人が来場することでも有名なのです。400万人の来場者と聞くと、心配になってくるのが会場の混雑だと思うんですよ。混雑した会場では、おちおちと鑑賞することも出来ませんからね。

そんな世界報道写真展でおすすめしたいのは、以下の通りになります。

1)基本的には 平日に行くこと。
 
2)混雑する傾向のある会期末は避けて、会期中盤ぐらいまでに行くこと。
 
3)車で行く場合は、あらかじめ駐車場を予約して行く。
 
4)遠方から東京都写真美術館に行く場合は、楽天トラベルを利用する。
 
5)東京都写真美術館で開催中の世界報道写真展の帰りに食事をするなら、食べログを利用するのがおすすめ。

 

そこで今回の記事では、なぜそれらがおすすめなのかや、その他の世界報道写真展情報をまとめてみようと思います。