冬の光物語2018の混雑状況は?点灯時間や期間を調査!

(※この記事は2018年10月15日更新されました。)

みなさん、おはようございます。

今日から仕事という方も多いと思います。

それにしても朝がほんまに寒くなりましたね。

バイク通勤する自分にはツライんですよね…

そろそろ恐怖の冬が近づいている気がしますね。

冬といえば、クリスマスですよね。

クリスマスシーズンはいろいろなイベントがあるんやけど、その中で注目したいのがイルミネーションです。

全国各地で開催される中の一つ、岐阜県の 冬の光物語の記事を書こうと思います。

冬の光物語の混雑状況や点灯時間、期間を調査したいと思います!

スポンサードリンク

冬の光物語2018の期間は?

2018年の冬の光物語の開催期間は今のところ公表されてません。

2017年の開催期間は以下の通りです。

開催期間:2017年11月23日(木)~2017年12月31日(日)

おたまじゃくしくん
2018年も11月下旬から
開催予定です〜。

公式サイトの方にも2018年も11月下旬開催予定という情報がありますね。

恐らく2018年も同様の日程になる可能性が高そうですね。

僕の予想は以下の通りです。

開催期間(予想):2018年11月23日(金)〜2018年12月31日(月)

※詳細な情報が入り次第更新します。

 

 

 
イルミネーション鑑賞をするときに注意したいのが、防寒対策だと思います。

寒い中、外を長時間移動するのは体を冷やしてしまいます。

しっかりと防寒対策をしたいものです。

特に首元などはしっかりと防寒対策をして、寒い外気を防ぎたいものです。

そこでおすすめしたいのがマフラーです。

マフラーをすることにより、外気の侵入を抑えることが出来ます。

首元は大事なので、しっかりと防寒対策をしましょう!

最安値を検索検索!

冬の光物語2018の点灯時間は?

2018年の冬の光物語の点灯時間も公表されてませんね。

2017年の点灯時間は以下の通りです。

点灯時間:16:30~21:00

かえるさん
点灯時間は2018年も同じになる
可能性が高いで、あります。

恐らく2018年も点灯時間は2017年と同じになる可能性が高いと思います。

スポンサードリンク

冬の光物語2018のアクセス方法は?

冬の光物語の会場の木曽三川公園センターのアクセス方法は以下の通りです。

養老鉄道 石津駅:海津市コミュニティバスで約15分
東名阪自動車道 弥富IC:車で約15分
東名阪自動車道 桑名東IC:車で約15分

おたまじゃくしくん
行くのが大変です〜。

木曽三川公園センターに行くのは、ちょっと大変そうですね…

個人的には公共交通機関で行きたいところやけど、ちょっと無理っぽいですね。

冬の光物語2018の駐車場は?

木曽三川公園センターには無料の駐車場があります。

駐車料金:無料
収容台数:1231台

かえるさん
かなり大きな駐車場で、
あります。

これだけの収容台数があれば、満車の心配がなさそうですね。

せやけど、イルミネーションの開催期間中は早めに行くほうがええかもですね。

早めに行くと、かなり余裕を持って駐車出来そうです。

 

 

 
車を運転する限り、事故の可能性はゼロではありません。
 
万が一、事故に合われて時に役に立つのがドライブレコーダーと思います。
 
こちらの商品は取り付けもシガーソケットから電源を取るタイプなので取り付けも簡単です。
 
おすすめのドライブレコーダーはこちらです!
 
最安値を検索!

冬の光物語2018の混雑状況は?

冬の光物語を鑑賞するのに重要なことがあるんですよ。

それは混雑です。

かえるさん
せっかくのイルミネーションも
混雑したら台無しで、あります。

ネット上やツイッター上の情報を見る限り、大きな混雑の情報はなさそうですね。

せやけど、クリスマスシーズンや年末のカウントダウンには注意が必要かもです。

12月中旬ぐらいまでなら、いつでも行けそうな感じがしますね。

 

 

最後に僕のおすすめは、 期間最初から12月中旬の平日がおすすめですね。

 

 

 
会場の木曽三川公園センターに向かうのに高速バスはいかがでしょうか?

高速バスで交通費を賢く節約しませんか?

こちらのサイトなら最安値の路線を検索、バスタイプ別、エリア別・シート別などからもカンタン検索が可能です!

PCやスマホにも対応してます。

ぜひ、こちらのサイトを利用してみて下さい。



まとめ

いかがでしたか?

今から冬の光物語の開催が楽しみですね。

イルミネーション鑑賞時は体が冷える可能性があるので、防寒対策を忘れずに!

 
 
それではお気をつけて!
 
 
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください