ビーズ展(上野)の混雑状況や待ち時間は?グッズやチケットも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

(※この記事は2019年4月14日更新されました。)

現在、東京の国立科学博物館で開催中の「ビーズ -自然をつなぐ、世界をつなぐ-」
この展覧会はビーズに焦点を当てた展覧会なのです。

ビーズといえば、身近でアクセサリーなどでよく使いますよね。
そんなビーズを民俗学や自然科学の視点から紹介されてるのがビーズ展です。

ビーズ展が開催されているのが、国立科学博物館なので混雑などが心配なところです。
そこで今回の記事では、ビーズ展の混雑状況などをまとめてみたいと思います。

ビーズ展(上野)の混雑状況や待ち時間は?

ビーズ展で重要なことがあります。
それはどれぐらい混雑するかです。

混雑した会場の中で、展示品を観るのはめちゃめちゃツライです…
僕は人混みでよく酔うので、ぶっちゃけた話苦手なんですよね…

ある程度混雑の傾向が分かれば、そんな混雑を避けることが出来るかもしれません。
そこで、会場の国立科学博物館の平日と休日/祝日の混雑状況をまとめてみました。

平日の待ち時間は?

・平日なのに何故か混んでた…よくよく考えると、学校が春休みだからかと気付く…

・春休み期間中なので、平日でもチケットの購入の待ち時間があり、会場もそれなりに混雑してました…春休み明けの平日に行くべきだった…

現在、国立科学博物館では大哺乳類展2が開催中です。
大哺乳類展2はかなんり混雑するという情報もあります。
その影響で国立科学博物館自体が混雑している可能性が高そうです。

春休みが過ぎて少しの間は混雑する可能性が少ないと思います。
GW前やGW後の平日などは狙い目ではないでしょうか。

おすすめは、 金曜の夜間開館の時間帯です。
土曜の夜間開館もいいのですが、平日の金曜の夜間開館の方がおすすめです。

休日/祝日の待ち時間は?

・休日や祝日の大哺乳類展2は、家族連れで来られる方が多いです。子供さんが多いので、余計に混雑している印象です。

・大哺乳類展2に12時頃の入場しました。春休み期間中ということで、主に家族連れが多い印象です。つまり混雑してます。幸い大半の展示物が大型なので見るのに困りませんでした。

最近の国立科学博物館の休日や祝日の混雑状況です。
大哺乳類展2の影響でかなり混雑してます。

休日や祝日は国立科学博物館自体が混雑している可能性がめちゃめちゃ高そうです。
大哺乳類展2は家族連れで来られる方が多いという情報もありますので、 土曜の夜間開館の時間帯が狙い目ではないでしょうか。

ビーズ展の会場の混雑の情報はあまり見当たらないので、会場自体の混雑の可能性はかなり低そうですね。

ビーズ展(上野)のグッズは?

ビーズ展で一つ気になることがあります。
それは、どんなグッズがあるかです。

展覧会では、限定グッズが販売されることがあります。
ビーズ展でも限定グッズの販売があるのか気になるところです。

ちょっと調べたのですが、グッズの詳細な情報は見当たりませんでした…
詳細な情報が入り次第、追記致します。

 

 

 

会場のミュージアムショップで購入した ちょっとしたグッズを持って帰るのに便利なのがショルダーバッグです。
さすがに大きなグッズは入りませんが、ちょっとしたグッズなら中に入れて持って帰ることが
出来ます。

またショルダーバッグを持っていけば、貴重品やスマホも中に入れて歩くことが可能です。
最近のスマホは大型化しているので、ポケットに入れるのはキビシイものがあります。
財布も人によっては長財布を使っている方もいるかと思います。
それらをポケットに入れて歩いていれば、落としてしまう可能性もあります。

ショルダーバッグを持っていれば貴重品やスマホを中に入れることが出来るので、貴重品やスマホを落とす可能性が少なくなります。
手で持って歩くことも出来るし、肩に掛けて歩くことが出来るので必要に応じて両手を使うことが可能です。
リュックサックなどと違い、あまりかさばらないので人混みの間も楽に抜けることが出来ます。

展覧会に行くときにショルダーバッグを使ってみてはいかがでしょうか?

レディースバッグ Qbag あす楽 送料無料 ギフト プレゼント Lサイズ キューバッグ Qバッグ レディースバッグ マザーズバッグ トートバッグ 大容量 大きめ A4 QBAG ネオプレン バッグ レディースバック トート ハンドバッグ きゅーばっぐ ネオプレーン

ビーズ展(上野)の詳細は?

国立科学博物館で開催されるビーズ展の詳細は以下の通りになります。

期間:2019年4月9日〜6月16日
開館時間:9時〜17時
夜間開館:金・土曜20時まで
※4月28日〜5月5日までも20時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
会場:国立科学博物館
住所:東京都台東区上野公園7-20

 

チケットは?

国立科学博物館で開催中のビーズ展の詳細は以下の通りになります。









入館料

一般・大学生

620円

高校生以下

無料

65歳以上

無料


アクセス方法は?

会場の国立科学博物館へのアクセス方法は以下の通りになります。

JR上野駅から

 

京成線京成上野駅から

駐車場は?

会場の国立科学博物館には専用の駐車場がありません。
車で会場に向かう場合は近隣の有料駐車場を利用することになります。

駐車場はありますが、心配なのはどこの駐車場も満車で駐車出来ないことなんですよね…
仮に駐車できたとしても、探す時間や駐車場が空くまで待っている時間は非常にもったいないと思います。

本当は公共交通機関などで行くことが出来ればいいのですが、公共交通機関がない場所など何らかの理由でどうしても車でしか行けない人もいると思います。
そんな人におすすめしたいのがあきっぱ!です。

あきっぱ!を利用すると

1)駐車場を予約することが可能になる
お店を予約するのと同じ感覚で予約可能なので、確実に駐車が可能になる。
10日前から予約が可能なので、予定も立てやすくなります。

2)空いている駐車場を探す手間がなくなる
空いている駐車場を探すのに走り回る時間が節約出来る。
初めていく場所でも駐車場を探したり、駐車場があるかなどの不安が解消される。

3)駐車料金が安い
あきっぱ!では空いたスペースを駐車場として利用しているので、一般の有料駐車場の様な高い初期投資や固定費が掛かりません。
普通のコインパーキングの 初期費用は5〜10台で300〜400万程度と言われてます。
※あくまで目安です。

分かりやすくするために、あきっぱ!と東京駅周辺の駐車場の料金を比較してみました。

東京駅周辺の有料駐車場の駐車料金(トラストパーク日本橋フロントビル)

月〜土曜 7時〜21時:20分/300円
最大料金(7時〜21時):2000円
宿泊料金(21時〜翌7時):1泊/500円

東京駅周辺タイムズの駐車料金(タイムズ京橋第5)

最大料金 通常料金
月〜土曜 8時〜21時:4400円

21時〜翌8時:800円

15分/400円
日曜・祝日 8時〜21時:1800円

21時〜翌8時:800円

15分/400円

あきっぱ!の東京駅周辺の駐車料金
東京駅周辺の駐車場をあきっぱ!で探すと

徒歩5分:2700円/日〜
徒歩13分:1620円/日〜
徒歩21分:1200円/日〜

あきっぱ!の東京駅周辺の相場です。

さすがに東京駅から徒歩5分はめちゃめちゃ高いですが、徒歩10分を超えてくると駐車料金が急激に安くなってます。
ちょっと歩くだけで、ここまで駐車料金が安くなるのはめちゃめちゃ魅力的ですよね。
ぜひ、一度あきっぱ!を利用してみてはいかがでしょうか?



東京に安く行く方法は?

三国志展の会場の東京国立博物館に行くにはまず東京に行かないとダメです。
東京に行くのにおすすめなのが楽天トラベルです。

楽天トラベルのいいところは、予約数でツアー料金が増減するところなんですね。
分かりやすく言うと、早いものがちなんですよ。
早く予約したら安くなるというめちゃめちゃ分かりやすいシステムなのです。

交通費を安く抑えて行きたい人には楽天トラベルがおすすめです。

 

夜間開館を利用したのはいいが予想外に時間が遅くなり帰りの公共交通機関がなくなったり、朝イチから会場に並ぶために前日入りしたり、自宅の場所が遠いために宿が必要な方もいると思います。
いきなりその日のうちに宿泊先を探すのはめちゃめちゃ大変です。
運良く見つかっても、探す時間や手間、宿泊費が予想外に高かったり、場所が意外な場所にあったりなど予想が付きません。

そんなときに宿泊先を探すのにおすすめのしたいのが、じゃらんです。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

じゃらんは国内最大級の宿・ホテルの予約サイトです。
日本全国の2万6千以上の宿泊先を24時間予約可能なので、24時を過ぎてもチェックイン出来る宿もあるので、あなたにピッタリな宿泊先が見つかるはずです。
また、宿泊先を予約するとプランによってpontaポイントが貯まります。
pontaポイントをためている人には、宿泊先も探せてポイントも貯まるという一石二鳥のサイトなのです。

宿泊先があると、朝イチから会場に並ぶのが楽になり、夜間開館を利用して帰りの時間が遅くなっても平気です。
つまり、時間を気にすることなく思いっきり楽しめるのです。

宿泊先も探せて、pontaポイントも貯めることが出来るじゃらんはいかがでしょうか?



まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、国立科学博物館で開催中のビーズ展を紹介しました。
ビーズ展の混雑というよりは、同時開催されている大哺乳類展2の混雑の影響が大きいと思います。
出来るなら、大哺乳類展2の混雑が少ない平日に行くのがおすすめです。

 

それではお気をつけて!

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。