ウィーン・モダン展(大阪)の混雑傾向や待ち時間は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

日本とオーストラリアの外交樹立150週年を記念して「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」が開催されます。

オーストラリア・ウィーンの文化の中心地のカールプラッツにウィーン・ミュージアムが現在増改築中なのです。
それに伴って、常設されている展示作品が日本にやって来るんですよ。
中には有名なグスタフ・クリムトの「エミーリエ・フレーゲの肖像」を始めとする作品たちがやって来ます。

日本国内で観れる機会は少ないと思うのです。
ということはかなりの人が訪れ、混雑する可能性が高いんですよ…

そんなウィーン・モダン展でおすすめしたのは、以下の通りになります。

1)基本的には 平日に行く(金・土曜の夜間開館もおすすめ)
 
2)入場をスムーズにするために、あらかじめチケットiconは購入するのがおすすめ
 
3)混雑する傾向のある会期末は避けて、会期中盤ぐらいまでに行くこと。
 
4)車で行く場合は、あらかじめ駐車場を予約するのがおすすめ
 
5)遠方から国立国際美術館に行く場合は、楽天トラベル高速バスを利用するのがおすすめ
 
6)グッズ代や食事代、交通費を決済するなら楽天カードがおすすめ

 

そこで今回の記事では、なぜそれらがおすすめなのかや、その他のウィーン・モダン展の情報をまとめてみようと思います。