うつのみや花火大会2022の混雑状況や駐車場は?屋台や時間も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
うつのみや花火大会の
混雑を避けるのにおすすめは
うさぎさん
うさぎさん
・会場から少し離れた駅から電車で行く
15時頃には宇都宮駅に到着しておく
・打ち上げ終了の10分前に帰る
ことをおすすめします!

栃木県宇都宮市で開催されるうつのみや大会は2003年に諸事情により、一度開催が中止となりました。その後2007年に市民有志の思いにより見事に復活しました。

「100年続く花火大会に」をコンサプトの元、日本で唯一地元のボランティア団体が中心となって開催される花火大会です。

地元を愛する人々が作り上げた花火大会で、来客者数は年々増加しており、打ち上げ数は以前は2万発でしたが、3万発へと増加しました。

そんな地元のボランティア団体中心となるうつのみや花火大会どんなものか気になるけれど、会場内の密や混雑を心配する方も多いと思います。

そこで今回は栃木県宇都宮市で開催されるうつのみや大会の混雑状況などの情報をまとめてみました。

うつのみや花火大会でおすすめしたいのは以下に通りです。

・車で行く方は会場から少し離れた場所から電車で行くのがおすすめ!
・公共交通機関の混雑を避けるためにも1時間前に行くのがおすすめ!
公共交通機関で行く方は、時間に余裕を持って行くのがおすすめ!
ICカードに現金をチャージしておくのがおすすめ!
トイレは早めに済ませておくのがおすすめ!
・帰りの混雑を避けるには 打ち上げ終了の10分前に帰るのがおすすめ!
大会後の帰りの混雑を避けるために宿泊するのもおすすめ!
虫除けスプレーを持って行くのがおすすめ!
スポンサーリンク

うつのみや花火大会2022の混雑状況は?

うつのみや花火大会の混雑状況をまとめていきます。

うつのみや花火大会2022の渋滞状況は?

うつのみや花火大会の渋滞状況を調べてみると、花火会場へアクセスする高速道路でも渋滞があったという情報を見つけました。

会場周辺の一般道では渋滞がヒドく信号を一つ通り抜けるのに数十分もかかったという情報もありました。

全国的にも人気の花火大会ですので、バスツアーも企画するバス会社も多く、バスの運行も渋滞必須な状況になります。

そんなヒドイ渋滞を避けるには、会場周辺まで車で行かないことをおすすめします。

うつのみや花火大会の会場から離れた場所から電車を利用して会場にいくのがいいかもしれません。

帰り渋滞を避けるためにも、会場周辺の渋滞の影響が少ない地域に車を置いて、会場まで電車で行くのもいいかもしれません。

うつのみや花火大会2022の交通規制は?

過去のうつのみや花火大会が開催されたときは交通規制が行われていました。

2022年の交通規制情報は見当たりませんでしたが、交通規制が行われる可能性が高いです。

うつのみや花火大会2022の公共交通機関の混雑状況は?

うつのみや花火大会周辺の公共交通機関であるJR宇都宮駅では、大会開始前から混雑する傾向があるそうです。

花火打ち上げ開始の18時30分頃の1時間前の17時30分頃には宇都宮駅に到着したいところです。

少なくとも1時間以上前には駅に着くことをおすすめします。

また、この駅は比較的小さい駅であり、現金での券販売の前に長蛇の列が出来るほど大混雑をしてしまいます。

駅改札を通るときは基本的にICカードにして、必ず事前にチャージしておくことをおすすめします!

うつのみや花火大会会場から宇都宮駅までの混雑状況は?

うつのみや花火大会開始前の会場から宇都宮駅まで車で20分ほどの距離があります。

電車を利用して行く方は、最寄駅から会場までのシャトルバスが運行し、その中では非常に混雑するようです。

シャトルバスが例年通り運行するのであれば15時〜17時の5分間隔でバスが運行するので、ある程度混雑を避けるなら、15時頃のバスに乗り会場に向かうのがいいかもしれません。

うつのみや花火大会会場から宇都宮駅までの所要時間は?

宇都宮駅からうつのみや花火大会の会場まで行くには宇都宮駅東口3番乗り場から関東バス柳田車庫行きに乗り30分ほどで会場に近いバス停の柳田車庫で降ります。

柳田車庫から徒歩で会場まで15分程かかってしまうので、時間に余裕を持って会場に移動したいですね。

当日の渋滞でバスの所要時間が偏ったり、柳田車庫から歩く道が混雑したりするので確実な時間帯はいいかねますが、45分〜1時間程度の余裕を見ておいた方がいいかもしれません。

また、行きは、15時〜17時、帰りは20時〜22時までバスが運行されています。

5分間隔でバスが出ますが、交通規制や道路状況によっては、バスの運行も遅れてしまうこともあるので、電車を利用する方は、余裕を持って行動することをおすすめします。

うつのみや花火大会中の混雑状況は?

うつのみや花火大会開催中の混雑状況や混雑予想をまとめてみました。

混雑状況・混雑予想
花火打ち上げ開始 ・比較的混雑しない
花火打ち上げ中 ・大きな混雑はしない
花火打ち上げ終了 ・花火終了前に帰り始める方もいる

過去のうつのみや花火大会の花火打ち上げ中の混雑情報を調べてみましたが、特に大きな混雑情報は見当たりませんでした。

多くの方が花火を鑑賞しているため、その場から動くことが少ないからだと思われます。

また、帰りの混雑を避けるために花火の打ち上げ終了前に帰り始める方もいるようです。

うつのみや花火大会2022のトイレの混雑状況は?

トイレの行列、混み具合についてですが、花火大会会場内にもいくつの仮設トイレが設置されているようです。

しかし、数には限りがあり、来客数が多いため特に女性トイレは行列ができてしまうほど混雑するという情報がありました。

なるべく早くお手洗いを済ませておくことをおすすめします。

うつのみや花火大会2022の帰りの混雑状況は?

うつのみや花火大会は大会前の混雑よりも大会後の混雑の方がヒドイそうです…

会場にいる方が一斉に帰り始めるため大会後は混雑する可能性が高いです。

帰りの混雑を避けるためには、打ち上げ終了前に帰り始めるか、時間を遅らせて帰るのがおすすめです。

帰りの混雑を避けるのに会場周辺で宿泊するのもいいかもしれませんね。

うつのみや花火大会2022の帰りの混雑を避けるために宿泊するべきか?

うつのみや花火大会終了後の帰りの混雑を避けるための方法として、次の日が休日という方なら宿泊するのもいいかと思います。

ホテル探すおすすめの順は以下の通りです。

うつのみや花火大会終了後のホテルを探すのに楽天トラベルを利用するのがおすすめです。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

→楽天トラベルでホテルを探すならこちら!

スポンサーリンク

うつのみや花火大会2022の屋台は?

うつのみや花火大会で過去に出店された屋台の詳細は以下の通りになります。

過去に出店された屋台

・宇都宮焼きそば・オムチーズフランク・鮎の塩焼き・チョコバナナ
・レインボーアイス・かき氷

観覧席近くの鬼怒川河川敷周辺に屋台が出店されます。

ほかの花火大会に比べたら比較的出店数が少ないようです。

うつのみや花火大会2022の屋台の混雑状況は?

うつのみや花火大会の屋台は比較的出店数が少ないですが、人気の屋台や美味しいグルメは行列が出来るほど混雑します。

すぐに売り切れてしまう屋台もあるようなので、気になる屋台や、食べておきたいグルメは迷わず購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

うつのみや花火大会2022の詳細は?

うつのみや花火大会の詳細な情報は以下の通りです。

大会名 2022うつのみや花火大会
開催日程 2022年8月13日(土)
打ち上げ時間 18時30分〜20時 (予定)
打上数 3万発と言われています
開催場所 栃木県宇都宮市道場宿緑地 鬼怒川河川敷

うつのみや花火大会2022の打ち上げ開始時間は?

うつのみや花火大会の開催時間が18時30分〜20時頃なので、花火の打ち上げ開始時間は18時30分頃と思われます。

うつのみや花火大会2022の有料観覧席は?

うつのみや花火大会の有料観覧席の詳細は以下の通りです。

有料観覧席区分 価格
シート席 1,500円
椅子席 2,500円
スペシャルカップルシート 10,000円
テーブル席 4名/5名 18,000円/22,500円
団体席25名 80,000円
カメラマン席 10,000円
プレミアムカメラマン席 18,000円

各観覧席は前売り券に残数があれば当日券が販売されます。

当日券の方が多少高くなるので、購入するなら前売り券がおすすめです。

うつのみや花火大会の有料観覧席は、うつのみや花火大チケットセンターと各種プレイガイドで販売されます。

例年ですと、6月1日からうつのみや花火大会チケットセンターが先行販売となり、6月15日頃からセブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラスなどのインターネット・店舗の販売が開始されるという情報がありました。

うつのみや花火大会の駐車場は?

目的地であるうつのみや花火大会の会場周辺に到着してから駐車場を探すのは非常に面倒ですよね…

そんなときに便利なのが、駐車場を事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用することです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

うつのみや花火大会のアクセス方法は?

うつのみや花火大会の会場へのアクセス方法は以下の通りです。

アクセス方法 詳細
公共交通機関 JR宇都宮駅より関東バス柳田車庫行き 柳田車庫から徒歩15分
北関東自動車道宇都宮上三川ICより30分

うつのみや花火大会の閲覧スポットは?

⚫︎ベルモールの屋上

会場から約4km離れたところにある大型ショッピングモールの屋上です。
少し離れているので低い花火は見えにくいかもしれませんが、午前中は買い物をしてその後から屋上で花火を見るのもいいですよね。

きれいなトイレ完備、建物内は冷房なので、魅力的なスポットです。

⚫︎鬼怒川緑地運動公園

鬼怒川河川敷を挟んで会場の対岸にあるところです。

会場から近いわりには人が少なく混雑を心配されている方にはおすすめのスポットです!

しかし、自然豊かな場所で蚊が多いので虫除けスプレーを持っていくのがいいかもしれません。

⚫︎飛山城史跡公園

打ち上げ地点から徒歩15分ほどの場所にある飛山城史跡公園

多少横からの花火の鑑賞になりますが、打ち上げ会場から距離が近く、花火の音も楽しめる場所です。

うつのみや花火大会の感想や口コミは?

うつのみや花火大会の感想をTwitterで見つけました。

こんなに迫力のある花火大会を地元のボランティア団体が中心となって行ってるなんて考えられないですよね!

地元愛が強く伝わりますね。

気になる方は一度行ってみるのもいいかもしれません。

うつのみや花火大会に持っていくべきものは?

うつのみや花火大会に行くときに以下のものを持っていくのがおすすめです。

・モバイルバッテリー
花火大会までの時間つぶしや、大会会場周辺の混雑状などを調べるなどすると、スマホのバッテリーが心配ですよね。

そんなときに1つモバイルバッテリーがあると安心ですね。

・携帯ラジオ
スマホでラジオを聞くことは可能ですが、若干の遅れがあるそうです。

リアルタイムで実況が聞けるので、携帯ラジオがおすすめです。

その他にも以下のものを持っていくことをおすすめします。

持っていくと便利なもの 持っていくと便利な理由
・ハンズフリー扇風機 大会会場は屋外なので、熱中症対策として
・虫除けスプレー 大会会場が屋外なので、虫刺されの可能性があるので
・レジャーシート 地面にそのまま座ると痛いのと、服が汚れないので
・レインコート 突然の天候の変化のためにも
・ウェットティッシュ 手が汚れたときやトイレに行ったときに便利です。
・スマートタグ 持ち物の紛失防止やお子さんの迷子防止に
・ゴミ袋 屋台などの飲食のゴミをまとめるのに便利です

うつのみや花火大会に行くなら、時間に余裕を持って行くのがおすすめ!

今回の記事では、うつのみや花火大会について記事をまとめてみました。

記事の内容をまとめると、以下の通りになります。

・車で行く方は会場から少し離れた場所から電車で行くのがおすすめ!
・公共交通機関の混雑を避けるためにも1時間前に行くのがおすすめ!
・公共交通機関で行く方は、時間に余裕を持って行くのがおすすめ!
・ICカードに現金をチャージしておくのがおすすめ!
・トイレは早めに済ませておくのがおすすめ!
・帰りの混雑を避けるには打ち上げ終了の10分前に帰るのがおすすめ!
・大会後の帰りの混雑を避けるために宿泊するのもおすすめ!
・虫除けスプレーを持って行くのがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!