上野リチ展/京都の予約・混雑状況は?所要時間や撮影も!

スポンサーリンク

2021年11月16日(火)から 2022年1月16日(日)まで京都国立近代美術館で「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」が開催されます。

ウィーンと京都で活躍したデザイナー、上野リチ・リックスの仕事を網羅的に紹介する世界初の大規模な回顧展です。

本展では、京都国立近代美術館が所蔵する多くのリチ作品に加え、オーストリア応用芸術博物館など国内外の機関から、関連作家の作品・資料も招来し、約370件によってリチの魅力あるデザイン世界の全貌が紹介されるそうです。

上野リチの生まれ育ったウィーンから、生涯を終えた京都までの作品が集う世界で初めての回顧展なので、ゆっくりと混雑を避けて鑑賞したいですよね。

そんな京都国立近代美術館で開催される上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジーでおすすめしたいのは以下の通りです。

平日開館直後の9時30分15時以降に行くのがおすすめ!
土日祝は15時以降に行くのがおすすめ!
金曜日土曜日20時まで開館!
・滞在時間は2時間~3時間
チケットiconはお得なグッズセット券 2,200円(税込)がおすすめ!
会期末や最終日は避けるのがおすすめ!