上野真歳の年収とは?みかん社長の意味とは!結婚はしているの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回の記事のタイトルは、上野真歳の年収とは?みかん社長の意味とは!結婚はしているの?です。

 

上野真歳さんの年収やみかん社長の意味、結婚をしているかについて調べてみたいと思います。

 

 


 
 

上野真歳さんのプロフィール

1970年に和歌山県有田郡湯浅町に生まれ
和歌山県立耐久高等学校を卒業。
1988年に株式会社山本水産に入社。
1991年に家業のとち亀食品に入社。
1999年に株式会社とち亀物産を設立、代表取締役社長に就任。
2000年からみかんのインターネット販売を始める。
2005年からインターネットマーケティングのコンサルティング事業を始め、2007年に法人化。
同年、株式会社BUNZAを設立、代表取締役社長に就任。

 
 
地元の和歌山から地方発信型のビジネスをされているスゴイ方のようです。
 
トレードマークは「オレンジスーツ」だそうです。
 

 
派手な方ですね、一度見たら忘れられないインパクトですね。
 
この様な人たちが日本の地方再生をするのかもしれませんね。
 
 
 

上野真歳さんの年収とは?

上野真歳さんの年収を調べてみると、上野真歳さんの会社の年商は8.6億円だそうです。
 

 
社長である上野真歳さんの詳しい年収までは分かりませんでした。
 
個人情報なので、やはり詳しい情報は出て来ませんでしたね。
 
 
 

みかん社長の意味とは?

トレードマークである「オレンジスーツ」を見ても分かるように、見た目がオレンジでまさにみかん。
 
販売しているものみかんということもあり、みかん社長と名乗っているのかもしれませんね。
 
上野真歳さんは、大好きな地元の和歌山のみかんを全国に広めたいという熱い思いが強かったそうです。
 
そのような理由から、「みかん社長」と呼ばれているのかもしれませんね。
 
現在、みかん社長として活躍されていますが、もともとは水産加工品の流通業者だったそうです。
 
1999年上野真歳さんが29歳で社長になられた時からみかんの取扱を始めたそうです。
 
最初の方は、売上が10%も落ちるなど大変苦労をされたそうです。
 
苦労をされていたときに、楽天市場のネットショップに注目され、挑戦をされたそうです。
 
親族や仕事仲間から猛反対をされたようですが、自身の信念を貫かれ、現在の地位を築いたそうです。
 
先見の明があったということでしょうね。
 
なにか新しいことを始めると抵抗に合うことがありますが、それにも負けず自分を貫く上野真歳さん、素晴らしい人物ですね。
 
 
 

上野真歳さんは結婚しているか?

上野真歳さんが結婚されているか調べてみましたが、詳しい情報は出てきませんね。
 
まあ、個人情報ですので簡単に調べるのは難しいですね。
 
年齢が年齢ですので、結婚されている可能性もあるかもしれませんね。
 
 
 

まとめ

先見の明で、ネットショップに参入された上野真歳さん。
 
周囲の反対にもめげず、自身の考えを貫く姿勢は尊敬に値するのでは。
 
現在はネットショップにとどまらず、コンサル業もされているそうで、今後の活躍に期待したいですね。
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください