上野の森美術館の混雑予想や回避方法は?駐車場や行き方も!

スポンサーリンク

上野の森美術館をより楽しむためには?

美術館や博物館をゆっくりと楽しむためには足元にも気を使わないとダメです。せっかく美術館や博物館にいくのだから、足元のおしゃれに気を使いところですが、そんな靴で2〜3時間立っていることは出来るでしょうか?

多分、キビシイと思います…一般的に特別展や企画展には約100点以上の作品が展示されることがあります。そんな多くの作品をヒールなどの靴で観るのはちょっとつらいかなと思います。

そこでおすすめしたいのが、フラットシューズです。

フラットシューズなら、館内を2〜3時間歩いたり立っていたりするのがかなり楽になります。さらにヒールなどでは館内の床に当たったときに音が出ますが、フラットシューズならそんな音も防げて一石二鳥です。

美術館や博物館に行く際はフラットシューズで行くのがおすすめです。

 

美術館や博物館の館内では、館内の温度や湿度が一定に保たれているために人によっては寒いと思うこともありかもしれません。

そうならないためにもストールカーディガンは持って行くのがおすすめです。

いくら来場者が「寒い」と言ったところで、館内の温度や湿度は作品を保護するために上げるわけにはいかないので、自分で体温を調節するしかありません。館内によってはストールカーディガンを貸し出ししてくれるとこともあるのですが、数に限りがあるので自分で持っていくのが何よりも確実です。

美術館や博物館に行く際は、ストールカーディガンを忘れずに持って行くのがおすすめですね。

 

美術館や博物館の館内を鑑賞するのに意外と重要なのが、ショルダーバッグミニバッグではないでしょうか?

美術館や博物館を鑑賞する際、人によってはロッカーに荷物を預ける方も多いと思います。ロッカーに荷物を預けたあとに持っていくものとして、ロッカーのカギ、貴重品、スマホ、ストールカーディガン鉛筆メモ帳ぐらいではないでしょうか。

ある程度はポケットに入れることも可能かもしれませんが、服装によってはポケットが少ないものがあります。そんなときに使っていただきたいのが、ショルダーバッグミニバッグです。

ショルダーバッグミニバッグがあれば、必要なものをその中に入れてしまえば展示作品を集中してみることがで決まるのでおすすめです。

ショルダーバッグミニバッグがは美術館や博物館で使用するだけでなく、いろいろな場所でも使えるので非常に便利なのでおすすめです。

 

最後に美術館や博物館によってはめちゃくちゃ混雑するところもあります。

展示作品の前に人だかりが出来て作品が見えないという状況になることもあります。

そんなときにおすすめなのが、オペラグラスです。

館内が混雑していなくても、ある程度作品との距離はどうしてもあります。普段でもそんな感じの状態から混雑すると、さらに作品が見えにくくなります。そんなときにオペラグラスがあると、作品を近くで見ているような感じになるのでおすすめです。

こちらは展示作品に合わせて利用するのがおすすめです。

 

ここで紹介したものがあれば、ある程度美術館や博物館の鑑賞を楽しむのに役立つと思います。

人によっては全て必要ではない人もいるかと思いますが、美術館や博物館を楽しむために役に立てば幸いです。