唐招提寺御影堂障壁画展/富山の混雑状況は?所要時間や撮影も!

スポンサーリンク

2021年9月18日(土)から2021年11月7日(日)まで、富山県美術館で唐招提寺御影堂障壁画展が開催されます。

唐招提寺御影堂の障壁画は、日本画家である東山魁夷が10年もの歳月をかけて完成させた大作です。

《山雲》《濤声》《揚州薫風》《黄山暁雲》《桂林月宵》の5部からなるこの作品は、全てつなげると全長83メートルにもなります。

本展覧会では通常非公開となっているこの障壁画が北陸で初めて公開されます。

なお会期は前期と後期に分かれており、展示の一部が変更されます。

そんな富山県美術館で開催される唐招提寺御影堂障壁画展でおすすめしたいのは以下の通りです。

・平日は午前中に行くのがおすすめです
・平日は15時から閉館時間の間に行くのがおすすめです
・休日は15時から閉館時間の間に行くのがおすすめです
前売り券iconを購入することでチケット売り場での混雑を避けれます
グッズ情報は現在公開されていません
・予想される所要時間は1時間30分から2時間です
最終日や会期末は避けるのがおすすめです