虎ノ門金刀比羅宮2022の混雑状況や駐車場は?屋台や参拝時間も!

スポンサーリンク

東京にはそれこそ八百万の神様の数だけの神社がありますが、その中でも港区にある虎ノ門金刀比羅宮(とらのもんことひらぐう)はユニークな神社として知られています。

虎ノ門金刀比羅宮があるのは高層ビルが立ち並ぶオフィス街の一画で、虎ノ門ヒルズから徒歩3分という超都心にあります。

境内には虎ノ門琴平タワーという高層ビルが建ち、タワーの下の参道を通ってお参りしたり、社務所も琴平タワーの中にあります。

青龍・朱雀・白虎・玄武の四神の彫刻が施された銅鳥居は港区指定有形文化財・建造物として指定された、江戸時代から有名な鳥居だということです。

都心の中で安らぎを感じられるパワースポットとしても人気の高い神社です。

金運や出世運、商売繁盛のご利益が有名で、境内のいたるところに”金”の神紋を見つけることができます。

また敷地内にある「結神社」は縁結びの神様として有名で、江戸時代から良縁を求めて女性たちが殺到したといわれています。

1月10日に行われる初こんぴら祭には七福神行列が行われたり、10日まで限定で拝受できるご神紋の金印が入った福銭開運のお守りも、金運、仕事運アップの縁起のよい御神符として有名です。

そんな虎ノ門金刀比羅宮に2022年の初詣に行ってみようと考えている人も多いのではないでしょうか?

せっかく初詣に行っても混雑していては気持ちよく新年を迎えることが出来ませんし、コロナ禍で密が心配という方も多いのではないでしょうか?

初詣の道中から参拝まで大混雑していたら、不安で気持ちよく新年を迎えることができませんよね…

そんな虎ノ門金刀比羅宮の初詣でおすすめしたいのは以下の通りになります。

・参拝は何時に行っても大丈夫!
三が日はあまり混雑はしないそうです
午前中に行くのがおすすめ!
10日の初こんぴら祭の方が混雑する!
・社務所の執務時間は平日が9時~17時まで、土日祝日が9時~16時まで!
 (正月期間の執務時間は要問合せ)
・屋台の出店はある可能性大!
・車で行くならあきっぱがおすすめ!