富岡八幡宮2022初詣の混雑状況や駐車場は?参拝時間や屋台も!

スポンサーリンク

東京都江東区にある富岡八幡宮は、別名「深川八幡宮」とも呼ばれる、東京最大の八幡宮です。

ご祭神は応神天皇(誉田別命)を主神とし、ほかに神功皇后、天照皇大神など八神が祀られています。

八幡宮は平安時代後期から源氏、平氏といった武士たちに崇敬された戦いの神様で、徳川幕府からも手厚い保護を受けていたといわれています。

ご利益は勝運守護、勝負事に強い神様なようです。転じて、合格祈願や交通安全、健康、所願成就など幅広いご利益があるといわれています。

江戸相撲発祥の地としても有名で、新横綱が誕生した際に行われる初土俵もここ富岡八幡宮で行われます。
テレビなどで誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

また8月に行われる深川八幡祭りは江戸三大祭のひとつであり、3年に1度の本祭りでは約2万人の参加者と50万人以上の見物客が集まる大変大きなお祭りとして知られています。

昨年2020年が本祭りの年だったのですが、残念ながらコロナ禍により中止になってしまいました。次回は2023年ということですので、無事開催されることを願っています。

そんな富岡八幡宮に2022年の年初めに初詣に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか。

初詣には行きたいけど、境内やその周辺がどのくらい混雑するのか、密になることはないのか、心配な方もいらっしゃると思います。

そんな東京の富岡八幡宮の初詣でおすすめしたいのは以下の通りになります。

元日は閉門間近がおすすめ!
・三が日は9時の開門直後か、閉門間近がおすすめ!
4日以降がおすすめ!
閉門時間に注意!
屋台は多数出店する!
・車で行くならあきっぱがおすすめ!
スポンサーリンク

関東
全国混雑ラボ