高畑勲展(東京)の混雑状況や待ち時間は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

2019年7月2日から東京国立近代美術館で「高畑勲展」が開催されます。

日本のアニメで誰もが知っている「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」「火垂るの墓」などを手がけてきたアニメーション映画監督の高畑勲の展覧会ともなれば、幅広い世代に方が訪れると予想されます。

ということは、相当な混雑になる可能性がめちゃめちゃ高いのです。そんな高畑勲展でおすすめしたのは、以下の通りになります。

1)基本的には 平日か金曜の夜間開館に行く(夏休み期間中の平日は注意が必要。9月初旬の平日もおすすめ。)
 
2)入館をスムーズにするために、あらかじめチケットは購入しておくのがおすすめ
 
3)混雑する傾向のある会期末は避けて、会期中盤ぐらいまでに行く
 
4)車で行く場合は、あらかじめ駐車場を予約しておくのがおすすめ
 
5)遠方から東京国立近代美術館に行く場合は、楽天トラベル高速バス高速バスを利用するのがおすすめ
 
6)高畑勲展鑑賞後、食事に行くなら食べログで予約するのがおすすめ
 
7)交通費や食事代を決済するなら楽天カードがおすすめ

 

そこで今回の記事では、なぜそれらがおすすめなのかや、その他の高畑勲展の情報をまとめてみようと思います。