高家神社2022初詣の混雑状況や参拝時間は?屋台や駐車場も!

スポンサーリンク

高家神社は日本唯一の料理の祖神を祀っている神社で、しょう油業の祖神ともされています。

今の高家神社の起源は江戸時代の初頭である。元和6年(1620年)に、高木吉右衛門が桜の木の下から木像と2面の鏡を発見し、それを神体として「神明社」として神社を創建したとのことで。

その約200年後、この鏡に「御食津神、磐鹿六雁命」と書かれていることがわかり、これは所在が不明であった高家神社の神体であろうということで、文政2年(1819年)、京都の吉田御所に届け出て証を願い、神明社から高家神社に改称したと言われています。

平安時代の宮中行事を再現した包丁と箸のみで魚をさばく「庖丁式」では、日本料理の伝統をかいま見ることができる。料理関係者の参拝も多いとのこと。

最近ではカップルでの参拝もかなり増えていているそうです。境内・外観ともにもすごく綺麗になっていて、茅葺き屋根の素敵な神社を見に来る方も増えているようで、人気がどんどん出ている神社のようです。

今回の記事では、高家神社に初詣の混雑状況などの情報をまとめてみようと思います。

高家神社に初詣に行く際のおすすめは以下の通りになります。

・午前中の早い時間に行くのがおすすめ!
4日以降に行ってみる!
・営業時間は8時から17時まで!
・参拝時間は基本いつでも大丈夫!
・駐車場も10台分完備
・過去に屋台の出店情報はなし。
・車で行くならあきっぱがおすすめ!