水天宮/日本橋2022初詣の混雑状況や駐車場は?参拝時間や屋台も!

スポンサーリンク

水天宮は中央区日本橋蛎殻町のお宮(神社)で、安産・子授け・七五三・初宮・芸能祈願・水難除けなどのご利益で知られています。

東京日本橋の水天宮は、北海道から熊本まで日本全国30社近くある水天宮のなかでもとりわけ安産祈願で名高い神社です。

江戸時代より安産・子授けの神「おすいてんぐさま」として人々から厚い信仰を集めており、妊婦さんや子供を授かりたい夫婦、あるいは無事出産できた夫婦などの、安産や子授かりの願掛けやお礼参りなどで人並みが途絶えることがありません。

また、水天宮は平成25年より社殿の建て替えが始まり、平成28年4月8日より現在の建物での参拝が開始されました。建物もとても現代的で非常に綺麗です。

そんな水天宮に2022年の初詣に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか。

このご時世ですので、神社内がどのくらい混雑するのか、密になる時間帯を避けて、新年を気持ちよく迎えたいものですよね。

そんな東京の水天宮の初詣でおすすめしたいのは以下の通りになります。

元旦の午前5時以降の早い時間帯がおすすめ!
三が日の朝イチ、もしくは17時以降がおすすめ
4日以降がおすすめ!
・開門時間は7時〜18時
・お守りやお札の購入は8時~18時
・水天宮の社務所の営業時間は9時~15時まで!
水天宮の屋台は甘酒とたこ焼きの2店!
・車で行くならあきっぱ!がおすすめ!