佐藤章(伝説のヒットメーカー)の経歴は?妻や子供について調査!

(※この記事は2018年9月11日更新されました。)

みなさん、おはようございます。

最近、ほんまに涼しくなりましたね。

夜になって耳をすませば、ズズ虫の鳴き声が聞こえてくるんですよね。

もう夏も終わりなんや…

年齢のせいなのか、最近月日が流れるのがほんまに早い!

そろそろ40前のおっさんということを自覚せなあきませんね。

ちょっと話が変わるんやけど、2018年9月17日のプロフェッショナルで 佐藤章さんが学校の講師を務めるという情報を見つけました。

佐藤章さんといえば、伝説のヒットメーカーや伝説のマーケッターとして有名なお人なんですよね。

そんなお人が講師を務める授業があるとは…

是非、聞きたいものです。

今回の記事では、そんな佐藤章さんの経歴や妻や子供について調査したいと思います!

スポンサードリンク

佐藤章(伝説のヒットメーカー)さんの経歴とは?

名前:佐藤章(さとうあきら)
生年月日:1959年6月27日
出身地:東京都
最終学歴:1982年早稲田大学法学部卒

おたまじゃくしくん
おお、法学部卒です〜。
かえるさん
なぜ、法学部から商品開発にいったのか気になるで、あります。

佐藤章さんは現在59歳です。(記事執筆時点2018年9月)

せやけど、何か生き生きしている感じが伝わってきますわ。

法学部を卒業したら普通に考えると、司法試験を受ける流れやと思うんですよね。

せやけど、佐藤章さんはそれをやらなかったんですわ。

その理由は、弁護士になると大体過去の判例を元にこれからのことを考えることが多いと思うんですよ。

佐藤章さんは、どないしても新しいことをはじめたかったんですわ。

そこで、大手メーカーのキリンの入社を決めたんですね。

おたまじゃくしくん
普通、出来ないです〜。
かえるさん
これはこの人の人柄が現れてるいるで、あります。

もし、自分が同じ立場であったなら、恐らく司法試験を受けていたのかなと思いますね。

新しいことをはじめたいという理由で、今までと全く違う道に進もうとは思いませんね。

この辺りに佐藤章さんの人柄というか熱いものを感じます。

佐藤章さんの主な経歴

佐藤章さんの経歴は以下の通りです。

1982年:キリンビールに入社

1990年:ビール事業本部 商品企画部の主任就任

2008年:営業本部マーケティングの部長就任

2009年:キリンビールマーケティング㈱ 執行役員九州統括本部長就任

2011年:キリンビバレッジ㈱ 代表取締役社長就任

2016年:キリン㈱ 取締役常務執行役員退任

2016年:株式会社フレンテの執行委員マーケティング担当と日清食品ホールディングス㈱ 執行役員菓子事業担当を兼務

2016年9月:株式会社フレンテの代表取締役社長就任

おたまじゃくしくん
おお、スゴイ経歴です〜。
かえるさん
出世街道をばくしんで、あります。

佐藤章さん、めちゃめちゃスゴイ経歴を持ってはりますわ。

順風満帆といった感じですね。

ここまで出世するからにはそれなりの実績があるんですよね。

佐藤章さんが生み出したした商品が気になるところですね。

佐藤章さんが生み出したした商品

佐藤章さんが生み出した商品は以下の通りです。

缶コーヒーのFIRE(ファイア)
生茶
アミノサプリ
世界のKitchenから
新・一番搾り
聞茶
KOIKEYA PRIDE POTATO

おたまじゃくしくん
どれも聞いたことがあるです〜。
かえるさん
普段何気なくかっているものばかりで、あります。

調べてみた思ったのが、ほとんど知ってるもんばっかりやん!

こんな身近なものまで佐藤章さんが生み出したんや!

これはほんま尊敬しますわ。

昔はよう缶コーヒーファイア飲みましたわ…

アミノサプリも流行りましたね。

これだけヒット商品を生み出したら、出世するのもうなづけます。

スポンサードリンク

佐藤章(伝説のヒットメーカー)さんの妻や子供は?

佐藤章さんの家族はどんな感じなんやろ?

普通に考えると、結婚をされていてお子さんも成人してはると思うんですよね。

実際のところどないなんやろ?

早速、調べてみると政治家の佐藤章さんが出てきましたね。

どうやら同姓同名みたいですね。

こちらの情報は置いておいて、さらに検索してみます。

ん〜、何も出てきませんわ…

流石に一般の方なので、ネットで検索では限界みたいです。

まとめ

いかがでしたか?

身近な商品を生み出した佐藤章さん、ほんま尊敬しますわ。

思いっきりのええところも見習わなあきませんね。

今後どないな商品を生み出すのか楽しみです。

佐藤章さんの今後の活躍を期待したいですね。

 
 
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください