サーリネンとフィンランドの美しい建築展/予約方法や混雑状況は?グッズや所要時間も!

スポンサーリンク

2021年7月3日から2021年9月20日まで、東京都のパナソニック汐留ビルの4階のパナソニック汐留美術館にて、サーリネンとフィンランドの美しい建築展が開かれます。

建築家のサーリネン(1873-1950)は、ヘルシンキ工科大学の在学中に出会ったゲセリウスとリンドグレンと共同で建築事務所を設立し、1900年のパリ万博でのフィンランド館の建築で有名になりました。

サーリネンの初期のスタイルは民族のルーツを求めていたものでしたが、20世紀の近代化と手を携えていき、独特の新しいフィンランドらしさを提示するモダニズムへと変化していきます。
この展覧会では、サーリネンの1923年の渡米までのフィンランド時代の建築の図面、写真、家具、生活デザインなどにスポットをあてて展示します。
美しいデザインが好きな人には必見かもしれません。

1900年代のモダニズムが好きな人にはたまらない展覧会だと思われますが……サーリネンは人気のある建築家だけに、せっかく行っても密になるのがイヤな方もいらっしゃいますよね……。

東京都のパナソニック汐留美術館にて開催される、サーリネンとフィンランドの美しい建築展についておすすめしたいのは、以下の通りになります。

平日10時から行くのがおすすめ!
平日15時以降に行くのがおすすめ!
休日午前中に行くのがおすすめ!
・事前にチケットを日時時間指定チケットで買っていくのをおすすめ!
会期末や最終日を避けるのがおすすめ!
・まだグッズの情報は公開されていない!
・予定所要時間は、1時間30分~2時間くらい