六甲ミーツ・アート芸術散歩2018のおすすめの回り方を調査!

みなさん、おはようございます。

今日も暑いですね。

まだもう少し先の話なんやけど、僕の地元神戸で六甲ミーツ・アート芸術散歩という展覧会があるんですよ。

この展覧会やけど、六甲山の山頂にある11の会場を歩いて回る展覧会なんですよ。

六甲ミーツ・アート芸術散歩は、六甲山の自然と展覧会の展示物が同時に楽しめるという一石二鳥の展覧会と言えるんですわ。

そんな六甲ミーツ・アート芸術散歩のおすすめの回り方を調査したいと思います!

スポンサードリンク

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018の詳細とは?

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018についての詳細はこちらにまとめてます!

会場が六甲山の山頂になるのと、会場の間を歩いて回るんですよ。

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018に行く際は、ほんまに動きやすい服装や靴をしっかりと履いて行くことをおすすめします。

スポンサードリンク

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018に行くおすすめの時期は?

まず、六甲ミーツ・アート芸術散歩2018に行く時期はいつ頃がええんやろ?

おたまじゃくしくん
六甲ミーツ・アート芸術散歩やけど、いつ行けばいいですか?
かえるさん
そうでありますなぁ、普通の展覧会であれば期間の最初とか意外と空いてるもんでありますが…
かえるさん
六甲ミーツ・アート芸術散歩は屋外のイベントなんで、期間最初の9月はキビシイで、あります。
おたまじゃくしくん
じゃあ、いつ行けばいいですか?
かえるさん
ぶっちゃけて言うと、10月末から11月の初めとかが狙い目で、あります。

ぶっちゃけて言うと、 おすすめは10月の末頃から11月の初めごろがええと思うんですよ。

なぜかというと、9月とか10月の初めの頃は正直な話そこそこ暑いと思うのと、こういった展覧会は期間の最初の方は意外と混むんですよね。

かと言って、期間の最後の方の11月末頃は駆け込みで来る人も多いと思うんですよね。

だから、10月末頃から11月の初めがええと思うんですよ。

行く日程は平日がおすすめですね。

週末の休日や連休は避けたほうが無難かと思います。

会場の混雑も予想出来るんやけど、会場に行くまでの道中の混雑がキビシイかもです。

どないしても期間最初の9月頃に行かないとアカンというお人には日焼け止め対策も必要と思います。

9月といえど、最近の9月はほんまに夏みたいですからね。
 
 
 

9月といえど、残暑は意外とキビシイものです。
 
もし、六甲ミーツ・アート芸術散歩に9月頃に行くなら日焼け止め対策は必須やと思うんですよ。
 
長袖を着ればいいのですが、会場を歩いていて暑くなり上着を脱ぐこともあるかと…
 
そんな時にこの日焼け止めクリームをあらかじめ塗っておけば安心やと思います。
 
おすすめの日焼け止めクリームはこちらです!
 
最安値を検索!

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018のおすすめの回り方を調査!

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018では、六甲山山頂の11の会場を歩いて回らんとアカンのですわ…

おたまじゃくしくん
六甲ミーツ・アート芸術散歩でおすすめの回り方はあるんですかぁ?
かえるさん
そうでありますなぁ、ある意味ハイキングと同じでありますから、順路は重要で、あります。
かえるさん
順番を間違えると、全部回れる可能性がなくなるで、あります。
おたまじゃくしくん
じゃあ、どうすればいいんですかぁ?
かえるさん
他の人と違うルートを行くしかないで、あります。

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018おすすめの回り方やけど、 混雑を避けて回るのがおすすめです。

混雑に巻き込まれると、ムダに時間を浪費することになるんですよ。

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018で混雑する可能性があるのはこちらですね。

・六甲ガーデンテラス
・六甲枝垂れ

ここの場所は、六甲山の山頂にあるんですよ。

普通に考えれば、山頂から下るのが楽ですよね。

そんな風に考えるのは誰も一緒なんですよね…

せやから、逆に麓から山頂に向かえば混雑を避けれるんですよ。

一番下に位置する六甲オルゴールミュージアムから回るのがおすすめです。

もし、一日で回れなかったらどうするの?

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018やけど、一日で回れなければどないなるんやろ?

これはめちゃめちゃ気になるところですね…

入館料を払ったのに入ってなければ、ムダになるんですよね…

せやけど、心配は無いみたいですわ。

2017年の話になるんやけど、六甲ミーツ・アート芸術散歩のチケットを買うとその日の内であれば、何回でも入場が可能なんですよ。

入場したチケットには証明としてスタンプが押されます。

スタンプを押された会場はその日の内は何回でも入場が可能やけど、日が変わると入場ができなくなるんですよ。

じゃあ、スタンプを押してないところはどうなるんやろ?

スタンプを押してない会場に関しては日が変わっても入場が可能なんですよ。

スタンプを押されると、先程と同じようになります。

ということは、 ある程度小分けにして回るということが可能となるんですよ。

この辺りは個人の好みやと思うんやけど、小分けで回るのもアリかもです。

2018年も2017年と同様の対応がされる可能性が高いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

六甲ミーツ・アート芸術散歩2018は回り方一つで満足度がかなり変わりそうですね。

僕のおすすめは混雑を避ける回り方です。
 
 
それではお気をつけて
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください