ライゾマティクス展の混雑状況や待ち時間は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

ライゾマティクス展の詳細情報は?

東京都現代美術館で開催されるライゾマティクス展の詳細な情報をまとめていきます。

ライゾマティクス展のチケットは?

ライゾマティクス展のチケット/入館料の詳細は以下の通りです。

当日券
一般1500円
大学生・専門学校生・65歳以上900円
中高生500円
小学生以下無料

チケットを賢く買う方法は?

週末や祝日はライゾマティクス展のチケット売り場が混雑する可能性があるのであらかじめチケットを買っていくのがおすすめです。

うさぎさん
うさぎさん
ライゾマティクス展のチケットをあらかじめ購入するメリットは?
うさぎさん
うさぎさん
・会場にスムーズに入れる
・会場内で過ごす時間が増える
・グッズを選ぶ時間が増える

館内に入る前にムダな時間を使わないためにも、あらかじめチケットを購入することをおすすめします。

→ライゾマティクス展のチケットをかしこく買うならこちら!

ライゾマティクス展のグッズの情報は?

今のところ、ライゾマティクス展のグッズ情報は見当たりませんね…

ライゾマティクス展の会場である東京都現代美術館での過去に販売されていたグッズをまとめてみました。

・図録
・トートバッグ
・クリアファイル
・ポストカード
・バッグ
・ブローチ
・靴下
・書籍
・Tシャツ
・お皿
・鉛筆
・カレンダー
・メモ帳
・アンティーク切手バッジ
・アパレル小物

グッズの感想は?

個展が始まっても開催期間中に全てのグッズが一度に販売されるわけではないみたいですね。

こういったこともあるんだと事前に頭に入れておくと、自分が欲しいグッズが実際行ったタイミングでは販売されていなかったなどのことはなくなりそうですね。

この石岡瑛子さんの個展では通販も行っているみたいです。

会場に見には行けないけど気になるという方は、通販でグッズだけでも購入して作品の雰囲気を体験するという方法もありかもしれませんね。

ライゾマティクス展の所要時間は?

今のところ、ライゾマティクス展の所要時間の情報は見当たりませんね。
参考までにですが、会場の東京都現代美術館の平均的な所要時間をネットやSNS上で調べてみると、約1時間半~2時間ほどとという感じでした。

個人的な予想ですが、ライゾマティクス展の所要時間は館内への入館時間やグッズの購入時間を考えると、約2時間~2時間半ほどになると予想されます。

ライゾマティクス展の口コミや感想は?

Twitterで石岡瑛子展に行かれた方のツイートを見つけました。

充分に会期機関があったのに当日券を並ぶだけで2時間待ち…これは思ったより気合を入れていかなければならないのかもしれません。
ライゾマティクス展でも同じ状況が予想されるので、行く予定のある方はぜひ事前に予約をしていったほうがいいと思います。

石岡瑛子展に行かれた方は、軒並みこのツイートをした方のようにライゾマティクス展にも行くという方が多く見られたので、絵画や写真だけでなく、光・音・映像を使いテクノロジーを駆使して表現される世界観に触れてみたいという方にはおすすめという情報もあるので、気になる方は足を運んでみてください。

詳細情報

東京都現代美術館で開催されるライゾマティクス展の詳細は以下の通りになります。

期間2021年3月20日(土・祝)- 6月20日(日)
営業時間10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
休業日 月曜日(5月3日は開館)、5月6日
会場東京都現代美術館 企画展示室 地下2F
住所〒135-0022 東京都江東区三好4丁目1−1
アクセス方法東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2番出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3番出口より徒歩13分
東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

遠方からライゾマティクス展の会場の東京都現代美術館に行く際、楽天トラベルを利用すると、移動の交通費がお得になる可能性があります。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。
このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーが予約することが出来たり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

またライゾマティクス展の会場の東京都現代美術館に車で行くなら、近隣の有料駐車場を利用することになるので駐車場が事前予約・決済が出来るあきっぱを利用するのもおすすめです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

まとめ

今回の記事では、東京都現代美術館で開催されるライゾマティクス展についてまとめ記事を書きました。

記事の内容をまとめると以下の通りです。

・平日の午前中に行くのがおすすめ!
・平日の16時以降に行くのがおすすめ!
・休日や祝日に行くなら朝一開館前に並ぶのがおすすめ!
・次の日が平日になる休日の午後に行くのがおすすめ!
・あらかじめ予約優先のチケットを予約するのがおすすめ!
・会期末や最終日を避けるのがおすすめ!
・今のところグッズの情報は公開されていない!
・予想所要時間は2時間~2時間半くらい!
・車で行くなら、あきっぱを利用するのがおすすめ
・遠方からいくなら、楽天トラベルを利用するのがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!