ジャガイモ(じゃがいも)の栄養素や成分とは?簡単な調理法も紹介!

potato-part-nutrients-efficacy-recipe

じゃがいもが嫌いな人はほとんど聞いたことがないぐらい、人気の野菜と言えます。

メイクイーンや男爵など、種類も豊富で、いつ食べても美味しい野菜です。

サラダにしても良いですし、煮込んでも美味しいです。

子供にはフライドポテトなんかにしたら大喜びすること間違いなしの野菜ですね。

そんなじゃがいもの栄養素や成分まで詳しく知っている人というのは、なかなかいないのではないでしょうか。

今回やじゃがいもの栄養素や成分、簡単な調理法についてまとめていきたいと思いますので、是非参考にしてもらえればと思っています。
 


 
スポンサードリンク

ジャガイモ(じゃがいも)の栄養素や成分とは?

早速、じゃがいもに含まれる栄養素や成分ですが、代表的なものはビタミンC、葉酸、カリウムなどになります。まずビタミンCですが、ビタミンCは熱に弱いというイメージを持っている人が多いように思います。

しかし、じゃがいものビタミンCは熱に非常に強いのが特徴で、煮ても、焼いてもビタミンCは壊れにくく、心筋梗塞や高血圧、がんなどの病気の予防にもなりますし、ビタミンCはコラーゲンの生成を助けてくれるので美容にも効果があると言われています。

なぜ、じゃがいものビタミンCが熱に強いかと言いますと、秘密はじゃがいもに含まれているでんぷんにあります。

でんぷんに守られているから、ビタミンCは熱しても損なわれることなく、摂取することができるのです。

スポンサードリンク

また、じゃがいもに含まれている、栄養素、成分で忘れてはならないのが葉酸です。

葉酸はビタミンB群に分類される水溶性のビタミンになります。赤血球の形成を助長したり、胎児の正常な発育に影響します。

妊娠中の人、妊活中の人が必ず摂取しなければならないと言われている葉酸ですので、妊娠中の人、妊活中の人にもお勧めの野菜となっています。

玉ねぎにも葉酸は含まれていますが、じゃがいもは玉ねぎのおよそ2倍もの葉酸を摂取することが出来るのです。
 
 
 

ジャガイモ(じゃがいも)の簡単な調理法とは?

次に、そんなじゃがいもの簡単な調理法を紹介していきますが、まず注意点が一点ありますのでおさえておきます。

じゃがいもの注意点は芽に注意をするということです。芽や緑色をした皮の部分にはポテトグリコアルカロイドという物質が含まれており、実は非常に有害な成分で、過剰に摂取すると頭痛や嘔吐、さらに悪化すると脳浮腫などにもなりかねないと言われていますので、必ず取り除くようにしてください。

じゃがいもの簡単な調理法、お勧めは定番中の定番のポテトサラダです。

時間がない場合は、電子レンジでチンをすると、簡単にじゃがいもをつぶすことが出来て、あっという間にポテトサラダが完成します。

ですが、より美味しいのはやはりしっかり茹でる方法になりますので、時間のある人は鍋でしっかり茹でるようにしてください。

茹でる際に、砂糖を入れて一緒に茹でるとじゃがいもが更に美味しくなってとってもお勧めですよ。
potato-part-nutrients-efficacy-recipe

スポンサードリンク

 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

関連記事

    関連記事が見つかりません

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください