ドローイングの可能性の混雑傾向や待ち時間は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

2020年6月2日から6月21日の間開催されるドローイングの可能性に行く方も多いのではないでしょうか。

ドローイングの可能性は、「線」をめぐる多彩な表現を現代におけるドローイングと捉えて、ドローイングの可能性を探る展覧会となってます。「言葉とイメージ」の関係、空間へと注ぐ「まなざし」、そして想像力を刺激してきた「水」の3つを軸に、デジタル化の進む今日におけるドローイングの意義を再考させられる展覧会となってます。

そんな東京都現代美術館で開催されるドローイングの可能性でおすすめは以下の通りになります。

1) 平日に行くのがおすすめ!
2)休日や祝日は 開館直後に行くのがおすすめ!
3)休日や祝日の 16時から閉館時間の間に行くのがおすすめ!
4)会期末は避けるのがおすすめ!
5)車で東京都現代美術館に行くなら、あきっぱ!で駐車場を予約するのがおすすめ!
6)遠方から東京都現代美術館に行くなら、楽天トラベル高速バスを利用するのがおすすめ!