ペルセウス座流星群2018はいつ?神戸の方角や時間帯を調査!

みなさん、おはようございます。

夏は花火大会など、イベントがめちゃめちゃあるんですよ。

2018年夏、 ペルセウス座流星群の時期がやってきました。

今年の観測条件は比較的良いという情報もあるんですよ。

そんなペルセウス座流星群の見頃はいつのか?

時間帯や場所(神戸)、方角を調査したいと思います!

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群2018はいつ?

おたまじゃくしくん
ペルセウス座流星群は比較的観測しやすい流星群と言われてます〜。
かえるさん
そう言われても、いつ来るのか分からなければ、観測出来ないで、あります。

2018年のペルセウス座流星群はいつから観測が可能なのでしょうか?

早速、調べてみたいと思います。

毎年、ペルセウス座流星群の活動が活発なのは 8月12日〜8月13日頃と言われています。

2018年も天候などの条件が良ければ、観測が可能なんですよ。

ちなみに、ペルセウス座流星群は三大流星群と言われている観測がしやすい流星群と言われてます。

残る2つの流星群は、以下の2つです。

1月に観測が可能なしぶんぎ座流星群
12月に観測が可能なふたご座流星群

過去のペルセウス座流星群はこんな感じでした。

おたまじゃくしくん
おお〜めちゃめちゃキレイです〜。
かえるさん
これはまさに絶景で、あります。

意外とキレイに見えるものなのですね。

僕は普段夜空を見るという習慣がないのでオドロキですね。

これは街明かりのない山奥で見るのがええかもですね。

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群2018の時間帯?

2018年のペルセウス座流星群の時間帯はいつ頃なのでしょうか?

ちょっと調べてみたいと思います。

2018年のペルセウス座流星群の活動が活発な時間帯は8月13日10時頃と言われてます。

おたまじゃくしくん
この時間帯に観測するのはムズカシイです〜。
かえるさん
流星群は、活発になる前後も活動が活発なので心配ないで、あります。

午前10時頃は普通に観測するのはキビシイので、ぞの前後のおすすめの時間帯があるんですよ。

そのおすすめの時間帯はこちらです。

・8月13日0:00~夜明け
・8月12日0:00~夜明け

夏休みの自由研究にいかがでしょうか?

ペルセウス座流星群2018の見える方角は?

2018年のペルセウス座流星群を観測するのに一つ気になることがあるんですよ。

それはどの方角を向けばいいかです。

おたまじゃくしくん
夜空は広いので探すのは大変です〜。
かえるさん
方角が分かれば、探すのが楽になるで、あります。

ちょっと調べてみたのですが、流星群を見るのに方角はあまり関係がないんですよ。

なぜかというと、流星群は放射状に四方八方に星が流れるのでどこを見ていても見えるんですよ。

僕のおすすめの観測方法は、寝転がって観測することです。

その他には、高い建物がなく、街明かりの影響が少ないところがおすすめです。

天体観測にこちらのレジャーシートはいかがでしょうか?
 
このレジャーシートはコンパクトにたためて、ケースも付いてるので持ち運びが便利なんですよ。
 
座り心地の方にもこだわりがあり、よくあるレジャーシートの痛い、冷たいが軽減されてるんですよ。
 
流星群観測にこちらのレジャーシートはいかがでしょうか?
 
最安値を検索!

ペルセウス座流星群2018の場所(神戸)は?

2018年のペルセウス座流星群を神戸で観測するのにおすすめの場所はあるのでしょうか?

ちょっと調べてみたいと思います。

過去の情報を調べてみると、神戸市内では 摩耶山掬星台がおすすめという情報がありました。

神戸市内以外では以下の場所がおすすめという情報がありました。

兵庫県立西はりま天文台公園
住所:兵庫県佐用郡佐用町西河内407−2

三田市野外活動センター天体観測所
住所:兵庫県三田市小柿949

砥峰高原
住所:兵庫県神崎郡神河町川上

ここで紹介した場所は山間部になるんで防寒対策を忘れずに!

流石に夏でも山間部は冷えるので防寒対策を忘れずに!

夏の山間部で流星群を観測するときに重要なのが防寒対策です!
 
夏とはいえ、夜間の山間部はめちゃめちゃ冷えるんですよ。
 
これはしっかりと防寒対策をしないと、体調を崩す原因になると思います。
 
そこでおすすめなのがこちらのアウターです。
 
最安値を検索!

まとめ

いかがでしたか?

今から観測するのが楽しみですね。

出来れば、自然の中で観測をしたいですね。

 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事