受動喫煙防止条例(東京都)の対象や対象外の店舗とはどこ?

みなさん、こんばんわ。

東京都で画期的な 条例
可決されましたわ。

その条例とは 受動喫煙防止条例

この条例の記事を読んでると、
対象の店舗と対象外の店舗が
あるんですよ。

よう分からんのやけど、
ちょっとその辺を
調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

受動喫煙防止条例(東京都)の詳細とは?

東京五輪に向けての条例でしょうか?

せやけど、
居酒屋さんは売上が減る気が
しますわ。

非喫煙者にはええニュースやと
思うんですわ。

従業員を雇っている飲食店は
対象となってるんですわ。

これってほとんどそうやん!

対象と対象外の店舗って
何が違うんやろ?

そう思ってのは
僕一人や無いみたいですわ

その辺をちょっと
調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

受動喫煙防止条例(東京都)の対象や対象外の店舗とはどこ?

この条例やけど、
相当キビシイんですわ。

せやけど、電子タバコは
対象外という玉虫色の条例ですわ。

今後の可能性としては
こんなこともあるかもですわ。

これは極端やと思うんですわ。

つまり、従業員を雇用してる店舗が
対象外ということは個人営業と
言うことになると思うんですわ。

せやけど、分煙を進めてきた
店舗は最悪ですわ。

これは可能性のありそうな話ですわ。

そないなことより、
心配なことがあるんですわ。

ほんまそうですわ。
誰が調査するんやろ?
その費用は?

と考えると、
賢い条例とは言えませんね。

あと一番心配なんは経済ですわ。

店舗の戦略が国に決められるのは
ほんまありえへんことですわ。

飲食店の閉鎖が多くなるかもですね。

 
 
 
 
 
最後までお読み頂き
ありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください