10月りゅう座流星群2018はいつ?京都の方角や時間帯を調査!

みなさん、おはようございます。

2018年もそろそろ10月りゅう座流星群の時期が来ますね。

僕は星座というと、ある作品を思い出しますわ…

そんな話はええんやけど、2018年の 10月りゅう座流星群について記事を書こうと思います。

2018年の10月りゅう座流星群はいつなのかや、大阪で観測出来る場所や方角や時間帯を調査したいと思います!

スポンサードリンク

10月りゅう座流星群2018はいつ?

2018年の10月りゅう座流星群の詳細はどんな感じなんやろ?

ちょっと調べてみたいと思います。

10月りゅう座流星群2018の詳細

・名称(和名):10月りゅう座流星群
・学術名(コード):October Draconids (DRA)
・極大太陽黄経:195°.4度
・極大時輻射点:赤経 = 262°.1 / 赤緯 = +54°.1
・出現期間:10月6日~10月10日(極大時刻は年によって違う.観測条件を参照)
・性質:極大出現数(ZHR),光度比2.6,対地速度: 20km/s
・母天体:21P/Giacobini-Zinner
引用元:http://www.amro-net.jp/meteor-info/10_draconids_j.htm

おたまじゃくしくん
おお、10月の初めに観測できるです〜。
かえるさん
これは楽しみで、あります。

過去の10月りゅう座流星群はこんな感じでした。

おたまじゃくしくん
おお、めちゃめちゃキレイです〜。
かえるさん
これは素晴らしいで、あります。

これはほんまに見ものですね。
 
 
 
2018年の10月りゅう座流星群の観測出来る日程は以下の通りです。

10月りゅう座流星群2018の活動時期

活動時期:2018年10月6日~10月10日
活動のピーク:10月9日9時頃

おたまじゃくしくん
おお、昼間が活動のピークです〜。
かえるさん
これは目視で見れるか心配で、あります。

活動のピークが 10月9日の9時頃なんですよね。

ちょっと、目視で見れるのか心配ですね…

情報によると、あくまで予測なんで意外とズレることが多いんですよ。

過去の情報によると、日本時間の2018年10月9日0時~18時あたりまでは要注意という情報がありますね。

スポンサードリンク

10月りゅう座流星群2018の時間帯?

2018年の10月りゅう座流星群の観測出来る時間帯はいつなのか調べてみたいと思います。

2018年の10月りゅう座流星群の活動のピークが10月9日の8時台~9時台にかけて小規模ながらも突発出現の可能性があると言われてます。

おたまじゃくしくん
おお、朝です〜。
かえるさん
これは観測出来ないで、あります。

めちゃめちゃ残念な話やけど、日本では観測出来ないかもしれませんね。

あくまでピークが夜明け後になるだけなので、観測自体は可能なんですよ。

観測が可能な時間帯は、 10月8日の夜半から9日の朝にかけての観測が可能という情報がありました。

2018年は月明かりの影響があんまりなく、 比較的ええ条件で観測出来るみたいです。

10月りゅう座流星群2018の見える方角は?

2018年の10月りゅう座流星群が見える方角はどこなんやろ?

おたまじゃくしくん
夜空は広いので探すのは大変です〜。
かえるさん
方角が分かれば、探すのが楽になるで、あります。

ちょっと調べてみたのですが、流星群を見るのに方角はあまり関係がないんですよ。

なぜかというと、流星は放射状に四方八方に星が流れるのでどこを見ていても見えるんですよ。

どちらかというと、放射点から離れていくほど長くなっていくので見やすいと言われてますね。

なので、夜空を見ているとすぐに見つけることが出来そうですね。

あと、放射点が高いほど流星は見やすいと言われてます。

そんな流星群を観測する僕のおすすめのは、寝転がって観測することです。

その他には、高い建物がなく、街明かりの影響が少ないところがおすすめです。

 
 
 

天体観測にこちらのレジャーシートはいかがでしょうか?
 
このレジャーシートはコンパクトにたためて、ケースも付いてるので持ち運びが便利なんですよ。
 
座り心地の方にもこだわりがあり、よくあるレジャーシートの痛い、冷たいが軽減されてるんですよ。
 
流星群観測にこちらのレジャーシートはいかがでしょうか?
 
最安値を検索!

10月りゅう座流星群2018の場所(京都)は?

2018年のりゅう座流星群を京都で観測出来る場所はあるんやろか?

ちょっと調べてみたいと思います。

京都市内周辺で天体観測はちょっとキビシイんですよね…

どないしても街明かりがキツイんですよね。

京都市内からちょっと離れてるんやけど、いくつか紹介したいと思います。

久多キャンプ場
住所:京都府京都市左京区久多川合町6

天橋立
住所:京都府宮津市

ここで紹介した場所は山間部になるんで防寒対策を忘れずに!

山間部で流星群を観測するときに重要なのが防寒対策です!
 
夜間の山間部はめちゃめちゃ冷えるんですよ。
 
これはしっかりと防寒対策をしないと、体調を崩す原因になると思います。
 
そこでおすすめなのがこちらのアウターです。
 
最安値を検索!

まとめ

いかがでしたか?

今から観測するのが楽しみですね。

出来れば、自然の中で観測をしたいですね。
 
 
それではお気をつけて!
 
 
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください