国宝聖林寺十一面観音の混雑予想や待ち時間は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

2020年6月16日から8月31日まで東京国立博物館で開催予定の国宝聖林寺十一面観音が開催されます。(緊急事態宣言の変更などで変更になる可能性もあります。)

今回の「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」では、奈良・三輪山の大神寺にかつてあった国宝「十一面観音菩薩立像」や国宝「地蔵菩薩立像」などの仏像が公開されるのと、仏教伝来以前の日本の自然信仰を示す三輪山禁足地の出土品などが展示される注目の展覧会となります。

そんな東京国立博物館で開催される国宝聖林寺十一面観音でおすすめしたいのは以下の通りになります。

1)平日の 15時頃から 閉館の間がおすすめ!
2) 金曜・土曜 夜間開館の時間帯がおすすめ!
3)次の日が平日の休日の 午後がおすすめ!
4) 天気が悪い日がおすすめ!
5)チケットはあらかじめ購入するのがおすすめ!
6)会期末は避けるのがおすすめ!
7)あらかじめ駐車場は予約するのがおすすめ!

今回の記事ではなぜこれらがおすすめなのかや、その他の国宝聖林寺十一面観音の情報をまとめてみようと思います。