国立科学博物館の混雑予想や回避方法は?滞在時間や駐車場も!

スポンサーリンク

東京の上野公園にある国立科学博物館に国立科学博物館に行きたいと思う人は多いけれど、館内がどのぐらい混雑するか予想がつかないので行くのを考える人も中にはいるのではないでしょうか?

東京の美術館や博物館は混雑するので有名なのと、国立科学博物館がある場所が上野公園内ともなると混雑する可能性が非常に高いですね。

そんな国立科学博物館に行くのにおすすめしたいのは以下の通りになります。

1)国立科学博物館の混雑を回避するには 平日に行くのがおすすめ
 
2)館内への入館をスムーズにするためにも、あらかじめチケットiconを購入するのがおすすめ
 
3)混雑するつけ以降のある会期末は避けるのがおすすめ
 
4)車で国立科学博物館に行くなら、あらかじめ駐車場を予約するのがおすすめ
 
5)遠方から東京に行くなら、楽天トラベルがおすすめ


スポンサーリンク

国立科学博物館の混雑予想や回避方法は?

東京・上野公園の国立科学博物館に行くにあたり、一番重要なことは館内がどのぐらい混雑するかということではないでしょうか?

せっかく国立科学博物館に行ったとしても、大混雑に館内では行く意味があまりありませんよね…

そこで、過去の国立科学博物館の混雑の情報を調べたあとに、予想して回避方法を検討したいと思います。

平日の混雑状況は?

ネット上やSNS上の平日の混雑の情報をまとめると以下の通りになります。

・普段の平日は大きな混雑の情報はあまりない
・春休みや夏休みなどの期間中の平日は館内もチケット売り場も混雑する
・金曜日の16〜17時の間や金曜の夜間開館の時間帯は比較的空いている

過去の国立科学博物館の平日の混雑の傾向を見ると、春休みや夏休みの長期休暇中に混雑する傾向がありますね…その時期はチケット売り場もかなり混雑するので、あらかじめチケットiconは買っていくのがおすすめですね。

国立科学博物館の混雑を回避するのには基本的に 平日に行くのがおすすめですね。時間帯は朝一番か午後15頃からがおすすめですね。

平日に時間を作るのがムズカシイという人には金曜日の夜間開館の時間帯を利用するのがおすすめです。

特別展や企画展を開催するときは金曜と土曜に夜間開館の時間帯を設けることが多いのでそちらを利用するのもおすすめです。夜間開館は金曜と土曜がありますが、どちらかというと平日の金曜日の方がおすすめなので検討してみてはいかがでしょうか。

休日/祝日の混雑状況は?

ネット上やSNS上の休日や祝日の混雑の情報をまとめると以下の通りになります。

・春休みや夏休み期間中の週末や祝日はかなり混雑する
・館内に入るための列やチケット買うために列が出来る
・展示内容によっては家族連れが多い
・会期末は混雑する傾向がある

過去の国立科学博物館の休日や祝日の混雑の傾向ですが、普通にめちゃくちゃ混雑します…企画展や特別展の内容によっては家族連れが多いので、相当混雑する傾向があります。

ですが、家族連れの方はあまり遅い時間帯までいる可能性は低いので 土曜日の夜間開館の時間帯などを利用するものありかもですね。企画展や特別展は夜間開館が設定されることがあるのでおすすめです。

週末や祝日に行くなら、確実にチケットiconはあらかじめ買っていくのを忘れずに。上野駅でも販売されていることもあるので、確実に手に入れておきたいところですね。

最後に会期末は混雑する傾向があるので注意が必要です。週末や祝日が会期末になることが多いので、出来ることなら会期中盤ぐらいまでに行きたいところです。


国立科学博物館をより楽しむためには?

美術館や博物館をゆっくりと楽しむためには足元にも気を使わないとダメです。せっかく美術館や博物館にいくのだから、足元のおしゃれに気を使いところですが、そんな靴で2〜3時間立っていることは出来るでしょうか?

多分、キビシイと思います…一般的に特別展や企画展には約100点以上の作品が展示されることがあります。そんな多くの作品をヒールなどの靴で観るのはちょっとつらいかなと思います。

そこでおすすめしたいのが、フラットシューズです。

フラットシューズなら、館内を2〜3時間歩いたり立っていたりするのがかなり楽になります。さらにヒールなどでは館内の床に当たったときに音が出ますが、フラットシューズならそんな音も防げて一石二鳥です。

美術館や博物館に行く際はフラットシューズで行くのがおすすめです。

 

美術館や博物館の館内では、館内の温度や湿度が一定に保たれているために人によっては寒いと思うこともありかもしれません。

そうならないためにもストールカーディガンは持って行くのがおすすめです。

いくら来場者が「寒い」と言ったところで、館内の温度や湿度は作品を保護するために上げるわけにはいかないので、自分で体温を調節するしかありません。館内によってはストールカーディガンを貸し出ししてくれるとこともあるのですが、数に限りがあるので自分で持っていくのが何よりも確実です。

美術館や博物館に行く際は、ストールカーディガンを忘れずに持って行くのがおすすめですね。

 

美術館や博物館の館内を鑑賞するのに意外と重要なのが、ショルダーバッグミニバッグではないでしょうか?

美術館や博物館を鑑賞する際、人によってはロッカーに荷物を預ける方も多いと思います。ロッカーに荷物を預けたあとに持っていくものとして、ロッカーのカギ、貴重品、スマホ、ストールカーディガン鉛筆メモ帳ぐらいではないでしょうか。

ある程度はポケットに入れることも可能かもしれませんが、服装によってはポケットが少ないものがあります。そんなときに使っていただきたいのが、ショルダーバッグミニバッグです。

ショルダーバッグミニバッグがあれば、必要なものをその中に入れてしまえば展示作品を集中してみることがで決まるのでおすすめです。

ショルダーバッグミニバッグがは美術館や博物館で使用するだけでなく、いろいろな場所でも使えるので非常に便利なのでおすすめです。

 

最後に美術館や博物館によってはめちゃくちゃ混雑するところもあります。

展示作品の前に人だかりが出来て作品が見えないという状況になることもあります。

そんなときにおすすめなのが、オペラグラスです。

館内が混雑していなくても、ある程度作品との距離はどうしてもあります。普段でもそんな感じの状態から混雑すると、さらに作品が見えにくくなります。そんなときにオペラグラスがあると、作品を近くで見ているような感じになるのでおすすめです。

こちらは展示作品に合わせて利用するのがおすすめです。

 

ここで紹介したものがあれば、ある程度美術館や博物館の鑑賞を楽しむのに役立つと思います。

人によっては全て必要ではない人もいるかと思いますが、美術館や博物館を楽しむために役に立てば幸いです。


スポンサーリンク

国立科学博物館の詳細は?

東京・上野公園の国立科学博物館の詳細は以下の通りになります。

名称:国立科学博物館
開館時間:9時〜17時
夜間開館:金曜・土曜は20時まで(企画展や特別展による)
※最終入館は閉館時間の30分前まで
休館日:月曜日
住所:東京都台東区上野公園7-20

チケットや前売りは?

国立科学博物館の企画展や特別展のチケットや前売りの料金はその時々によって変わります。

ですが、料金が変わってもおすすめしたいのがあらかじめチケットを購入して国立科学博物館に向かうことです。

なぜかというと、人気のある展覧会では当然会場も混雑するのですが、実はチケット発券所も混雑するんですよ。
チケットを購入するだけでかなりの時間を使うことになるので、非常にもったいないのです。

そこで、おすすめしたいのがあらかじめチケットを購入することです。

あらかじめチケットを持っているので、チケット発券所で並んでチケットを購入せずに会場に入場することが可能になります。なので、あらかじめチケットを購入することをおすすめします。

会場に行く当日にチケット発券所の混雑まで考えて会場入りするのはしんどい!!という人には、ネットであらかじめチケットを購入するのがおすすめです。

いくつかネット上でチケット販売サイトがあるのですが、中でも一番おすすめしたいのが日本最大級のチケット販売サイトチケットぴあiconです。

《チケットぴあがおすすめな理由》

1)ネットから購入しやすい
・サーバーが比較的つながりやすい
・画像認証が分かりやすい
なので、購入までスムーズに進むことが可能です。
 
2)検索がしやすい
Pコードとキーワードで検索出来る
 
3)決済方法がたくさんある
チケットぴあでチケットを購入する際、決済方法が豊富です。
・クレジットカード
・セブンイレブン
・ファミリーマート
・電子マネーちょコム
・チケットぴあ店舗
・イーコンテクスト(コンビニ、ATM、ネットバンキング、楽天Edy)
 
決済方法の中で一番おすすめな決済方法は、クレジットカードです。

 

決済方法のクレジットカードでおすすめのカードがあります。
ちょっと、今から申し込んでも間に合わない可能性が、今後の参考までに紹介させていただきます。

そのおすすめのカードとは楽天カードです。

話が少しそれますが、美術館に訪れるのが好きな方なら、遠方の美術館に訪れる機会があるかと思います。そんなときに、少しでも交通費を安くするためにおすすめなのが、楽天トラベルです。

実は、楽天トラベルの決済とチケットぴあの決済を同時にすることで、楽天ポイントを効率よく貯めることが出来ます。楽天ポイントが貯まると、楽天内の買い物や楽天トラベルにも使えてめちゃめちゃ便利なんですよ。

楽天ポイントを効率良く貯めるためにも、チケットぴあでの決済に楽天カードを作ってみてはいかがでしょうか?

楽天ポイントが貯まる楽天カードはこちら!

《実際にチケットぴあでチケット購入した人の声》

実際にチケットぴあでチケットを購入した人の声をまとめてみました。

・羽海野チカの世界展の前売りチケットを今頃購入しました。
今日までだから本当にギリギリといった感じです。
他のプレイガイドは受付終わってたので、チケットぴあで買えて良かった!
本当に焦りました…

・チケットぴあで念願のクイーンエリザベスのチケット取ったぞー!
5月24日は、東京行きます!

実際にチケットを購入した人の声を見てみると、前売り券を買って良かったという声があるのと受付がギリギリまでやっているのが良かったという声や目当てのチケットが取れるという点も良かったという声もありました。

日本最大級のチケット販売サイトのチケットぴあなら、あなたの欲しいチケットを手に入れることが可能になりますよ。

チケット発券所が混雑すると、

・会場に入る前に足止めを食う
・会場内で過ごす時間が減る
・グッズを選ぶ時間が減る

などのデメリットがあると思います。

前売り券を買って置くのが一番賢いと思いますが、タイミングを逃して買えなかったという方もいると思います。
そんな方にはチケットぴあがめちゃめちゃおすすめです。

チケット発券所が混雑していると、チケットを購入するのに1時間ぐらいかかることもあり、貴重な自分の時間をムダにしたくないと考える方なら、ネットからチケットを購入するを一つの選択肢です。

予めチケットを購入していれば、チケット発券所で長い行列に並ばずにすむので、その分展示品を見たりグッズ購入の時間が増えて、めちゃめちゃ有意義な時間を過ごせると思います。

チケットぴあでチケットをかしこく買うならこちら!icon


アクセス方法は?

国立科学博物館へのアクセス方法は以下の通りになります。

JR上野駅:徒歩5分
東京メトロ上野駅:徒歩10分
京成線京成上野駅:徒歩10分

上野駅公園口から


①上野公園口前


②信号を渡る

 


③右に曲がる


④上野公園内に入る


⑤まっすぐに進む


⑥右に曲がる

 


⑦まっすぐに進む


⑧国立科学博物館前に到着


予約できる駐車場はあるの?

国立科学博物館には専用の駐車場がありません。基本的には公共交通機関を利用して行く感じになります。

何らかの理由で国立科学博物館に車で行く場合は、近隣の有料駐車場を利用することになります。

駐車場はありますが、心配なのはどこの駐車場も満車で駐車出来ないことなんですよね…
仮に駐車できたとしても、探す時間や駐車場が空くまで待っている時間は非常にもったいないと思います。

本当は公共交通機関などで行くことが出来ればいいのですが、公共交通機関がない場所など何らかの理由でどうしても車でしか行けない人もいると思います。
そんな人におすすめしたいのがあきっぱ!です。

あきっぱ!を利用すると

1)駐車場を予約することが可能になる

お店を予約するのと同じ感覚で予約可能なので、確実に駐車が可能になる。
10日前から予約が可能なので、予定も立てやすくなります。

2)空いている駐車場を探す手間がなくなる

空いている駐車場を探すのに走り回る時間が節約出来る。
初めていく場所でも駐車場を探したり、駐車場があるかなどの不安が解消される。

3)駐車料金が安い

あきっぱ!では空いたスペースを駐車場として利用しているので、一般の有料駐車場の様な高い初期投資や固定費が掛かりません。なので、駐車場を安く貸し出すことが可能なのです。

普通のコインパーキングの 初期費用は5〜10台で300〜400万程度と言われてます。(※あくまで目安です。)
そのため、初期費用回収のために、どうしても駐車料金が高くなってしまします。
空いているスペースを利用しているあきっぱ!は、初期費用があまりかからないので非常に安くて便利と言えます。

分かりやすくするために、あきっぱ!と東京駅周辺の駐車場の料金を比較してみました。

再大料金 通常料金
東京周辺駐車場
(トラストパーク日本橋フロントビル)
2000円
(7時〜21時)
1泊/500円
(21時〜翌7時)
20分/300円
(月〜土曜)
東京周辺のタイムズ
(タイムズ京橋第5)
月〜土曜
8時〜21時:4000円
21時〜翌8時:800円
日曜・祝日
8時〜21時:1800円
21時〜翌8時:800円
月曜〜土曜
15分/400円
日曜・祝日
15分/400円
あきっぱ! 東京駅から
徒歩5分:2700円/日〜
徒歩13分:1620円/日〜
徒歩21分:1200円/日〜
駐車場によって異なる。

東京駅周辺の駐車場をあきっぱ!で探すと

東京駅から
徒歩5分:2700円/日〜
徒歩13分:1620円/日〜
徒歩21分:1200円/日〜

というのが、あきっぱ!の大体の東京駅周辺の駐車料金の相場です。

さすがに東京駅から徒歩5分はそれなりに高いですが、徒歩10分を超えてくると駐車料金が急激に安くなってます。
ちょっと歩くだけで、ここまで駐車料金が安くなるのはめちゃめちゃ魅力的ですよね。
ぜひ、一度あきっぱ!を利用してみてはいかがでしょうか?

あきっぱ!で駐車場をかしこく予約!


東京に安く行く方法は?

国立科学博物館に行くにはまず東京に行かないとダメです。遠方から東京へ行くのに交通費で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

僕もよく東京に行くのですが、やはり価格重視で考えます。
そんな僕がよく使うのが楽天トラベルです。

楽天トラベルのいいところは、以下のようなところです。

1)予約が早いほど安くなる
分かりやすく言うと、早いものがちなんですよ。
早く予約したら安くなるというめちゃめちゃ分かりやすいシステムなのです。
なので、交通費を安く抑えることが出来ます。
 
2)その日の宿泊先を見つけられる
帰りの交通手段が無くなったときなどにその日の宿泊先が見つけることが出来ます。さらに24時以降チェックイン可能なホテルも中にはあるのでおすすめです。
 
3)楽天ポイントが貯まる
国内宿泊や高速バス、航空券を購入すると楽天ポイントが付与されます。溜まったポイントは楽天トラベルや楽天で商品を購入するときに使用可能です。

 

以上のような理由から、僕はよく楽天トラベルを利用してます。

安く移動できて、いざというときには宿泊先まで探せる楽天トラベルはかなり便利なものなのです。さらに、ポイントも溜まって一石二鳥にもなります。

楽天トラベルをさらに便利するためには、楽天カードがおすすめです。
楽天カードで決済することにより、宿泊料金の1〜2%、ホテル代を楽天カードで決済すると最大で4%のポイントを獲得することが出来ます。普段の決済手段として利用することにより、効率よく楽天ポイントを貯めることが可能になります。

→楽天トラベルでかしこく予約するならこちら!

まとめ

今回の記事では、東京・上野公園の国立科学博物館を紹介しました。

国立科学博物館の混雑を避けるには基本的に平日に行くのがおすすめです。ただ、春休みや夏休みなどの期間中の平日には注意が必要ですが…

平日に時間を作るのがムズカシイという人は金曜日の夜間開館の時間帯を検討してみてはいかがでしょうか。

週末や祝日は企画展や特別展の内容によっては家族連れの方が多くなるので、土曜日の夜間開館の時間帯を利用するのもいいかもですね。

週末や祝日は混雑する傾向のある会期末になることが多いので、出来ることなら会期中盤ぐらいまでに行きたいところです。

最後にあらかじめチケットは買っておくと、館内への入館がスムーズになるのでおすすめです。

それではお気をつけて!