なかよし原画展(東京)の混雑予想や駐車場は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

2019年10月4日から東京・弥生美術館でなかよし原画展が開催されますが、会場内の混雑や駐車場で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

会場内が混雑すると、ゆっくりと展示作品を観れることが出来ませんし、空いている駐車場を探す時間ほど、ムダな時間はないと思います。

そんな弥生美術館で開催されるなかよし原画展で、おすすめしたいのは以下の通りになります。

1)基本的には 平日に行く
 
2)混雑する傾向のある会期末は避け、会期中盤ぐらいまでに行く
 
3)車で行く場合は、あらかじめ駐車場を予約するのがおすすめ
 
4)館内を長時間歩くことになるので、フラットシューズを履いていくのがおすすめ

 

今回の記事では、なぜそれらがおすすめなのかや、その他のなかよし原画展の情報をまとめてみようと思います。




続きを読む

なかよし原画展(東京)の混雑予想や待ち時間は?

東京・弥生美術館で開催されるなかよし原画展で重要なことがあります。それは、会場内がどれぐらい混雑するかです。

会場内が混雑すると、展示された作品を見るのもしんどいですし、会場内を移動するのも一苦労です。

特に今回の企画展は原画展なので、作品があまり大きくない可能性があるので、混雑すると見えない可能性も高そうです。

そこで実際のなかよし原画展の混雑を平日と休日や祝日でまとめてみました。

平日の混雑状況は?

平日の混雑の情報をまとめると以下の通りになります。

・平日の大きな混雑の情報は見当たらない

平日の混雑状況ですが、館内に大きな混雑の情報は見当たりませんね。週末はグッズ売り場が混雑するという情報があるので、平日でも混雑する可能性があるかもです。

うさぎ
うさぎ

ゆっくりと見るなら、平日に行くのがおすすめ!

混雑を避けるなら平日に行くのがおすすめなのですが、これから会期末が近づいてくるので平日でも混雑する可能性があるかもしれないので注意して下さい。

休日/祝日の混雑状況は?

休日や祝日の混雑の情報をまとめると以下の通りになります。

・平日に行くと、待機列の跡がある
・館内の混雑はそれほどヒドくないが、グッズ売り場の混雑が凄まじい
・グッズ売り場は整理券が配られている

平日と同様にグッズ売り場の混雑が凄まじいですね…館内の混雑は、そこまでヒドくないという情報がありますが、待機列の跡が出来るぐらい多くの人が来るので注意が必要ですね。

うさぎ
うさぎ

12月21日と22日は注意が必要!

過去の弥生美術館の混雑の傾向を見ると、会期末に混雑する傾向があります。12月21日と22日は混雑する可能性が高いので出来るだけ、早いタイミングで仲良し原画展に行くことをおすすめします。

最後に館内では長時間歩いたり、立ちっぱなしになる可能性が非常に高いので、足元がが安定するフラットシューズを履いていくことをおすすめします。




続きを読む

なかよし原画展(東京)のグッズは?

東京・弥生美術館で開催されるなかよし原画展で、一つ気になることがあります。それは、どんなグッズが販売されるかです。

展覧会では、限定グッズが販売されることがよくあります。そんな限定グッズが、なかよし原画展でもあるのか調べてみました。

今のところ、弥生美術館の公式サイトに詳細な情報は公開されてませんね…ミュージアムショップはあるので、グッズの販売は期待できそうです。

過去に弥生美術館で、どんなグッズが販売されていたのか調べてみました。

・ポストカード
・図録
・クリアファイル
・缶バッジ
・Tシャツ

ここで紹介した以外にも、多数のグッズが販売されていた可能性があります。詳細な情報が入り次第、追記いたします。

なかよし原画展(東京)の感想や口コミは?

東京・弥生美術館で開催されるなかよし原画展の実際の感想や口コミをまとめてみました。

・弥生美術館のなかよし原画展行ってきました!
建っている場所が東大の近くで、びっくりです。
ある場所も、かなり狭い道にひっそりとあったよ!
展示されてる原画は、全部繊細で素晴らしかったですよ~!
作家さんたちの寄せ書きサインだけ撮影可能でした!
さらに、付録の展示もあったんだけど、レイアースとCCさくらの付録は大体もっていたかな。
本当に懐かしさを感じる企画展でした。

・友人と一緒になかよし原画展に行って来ました!
本当に懐かしい貴重な原画を見られたり、大好きな漫画のグッズを買えたりしたので行って良かったです!

・今日は、ずっと楽しみにしていた少女漫画のなかよし原画展に行ってきました!
私の世代はセーラームーンは単行本だったよなぁ…
なかよしを読んでた時にハマったのは東京ミュウミュウとかやってた頃だよなぁ…
何だか懐かしい気持ちになりましたね。

実際に行った方の感想や口コミを見ていると、当時なかよしを読んでいたときの懐かしい気持ちになるという声が多いですね。

展示される原画の方も素晴らしく内容もいいのですが、懐かしいと思う気持ちも同じぐらい感じる企画展となってますね。




続きを読む

なかよし原画展(東京)の詳細は?

東京・弥生美術館で開催されるなかよし原画展の詳細は以下の通りになります。

期間:2019年10月4日〜12月25日
開館時間:10時〜17時
※入館は16時30分まで
休館日:月曜日
※火曜日になる場合もあり
会場:弥生美術館
住所:東京都文京区弥生2-4-3

弥生美術館

チケットは?

弥生美術館で開催されるなかよし原画展の料金の詳細は以下の通りになります。

入館料
一般900円
中・高校生800円
小・中学生400円

アクセス方法は?

なかよし原画展の会場の弥生美術館へのアクセス方法は以下の通りになります。

地下鉄千代田線 根津駅から

地下鉄南北線 東大前駅から

 

遠方から仲良し原画展の会場の弥生美術館に行くのに、楽天トラベル高速バスを利用して交通費を節約するのも一つの方法かもしれませんね。




続きを読む

駐車場は?

なかよし原画展の会場の弥生美術館には専用の駐車場がありません。車で会場の弥生美術館へ向かう場合は、近隣の駐車場を利用することになります。

駐車場はありますが、心配なのはどこの駐車場も満車で駐車出来ないことなんですよね…
仮に駐車できたとしても、探す時間や駐車場が空くまで待っている時間は非常にもったいないと思います。

本当は公共交通機関などで行くことが出来ればいいのですが、公共交通機関がない場所など何らかの理由でどうしても車でしか行けない人もいると思います。
そんな人におすすめしたいのがあきっぱ!です。

あきっぱ!を利用すると

1)駐車場を予約することが可能になる

お店を予約するのと同じ感覚で予約可能なので、確実に駐車が可能になる。
10日前から予約が可能なので、予定も立てやすくなります。

2)空いている駐車場を探す手間がなくなる

空いている駐車場を探すのに走り回る時間が節約出来る。
初めていく場所でも駐車場を探したり、駐車場があるかなどの不安が解消される。

3)駐車料金が安い

あきっぱ!では空いたスペースを駐車場として利用しているので、一般の有料駐車場の様な高い初期投資や固定費が掛かりません。なので、駐車場を安く貸し出すことが可能なのです。

普通のコインパーキングの 初期費用は5〜10台で300〜400万程度と言われてます。(※あくまで目安です。)
そのため、初期費用回収のために、どうしても駐車料金が高くなってしまします。
空いているスペースを利用しているあきっぱ!は、初期費用があまりかからないので非常に安くて便利と言えます。

分かりやすくするために、あきっぱ!と東京駅周辺の駐車場の料金を比較してみました。

再大料金通常料金
東京周辺駐車場
(トラストパーク日本橋フロントビル)
2000円
(7時〜21時)
1泊/500円
(21時〜翌7時)
20分/300円
(月〜土曜)
東京周辺のタイムズ
(タイムズ京橋第5)
月〜土曜
8時〜21時:4000円
21時〜翌8時:800円
日曜・祝日
8時〜21時:1800円
21時〜翌8時:800円
月曜〜土曜
15分/400円
日曜・祝日
15分/400円
あきっぱ!東京駅から
徒歩5分:2700円/日〜
徒歩13分:1620円/日〜
徒歩21分:1200円/日〜
駐車場によって異なる。

東京駅周辺の駐車場をあきっぱ!で探すと

東京駅から
徒歩5分:2700円/日〜
徒歩13分:1620円/日〜
徒歩21分:1200円/日〜

というのが、あきっぱ!の大体の東京駅周辺の駐車料金の相場です。

さすがに東京駅から徒歩5分はそれなりに高いですが、徒歩10分を超えてくると駐車料金が急激に安くなってます。
ちょっと歩くだけで、ここまで駐車料金が安くなるのはめちゃめちゃ魅力的ですよね。
ぜひ、一度あきっぱ!を利用してみてはいかがでしょうか?

あきっぱ!で駐車場をかしこく予約!

まとめ

今回の記事では、東京・弥生美術館で開催されるなかよし原画展を紹介しました。

基本的に大きな混雑のない会場ですが、会期末は混雑する可能性が非常に高そうです。

期間中には展示の入れ替えがありますが、12月の初めぐらいまでには行きたいところです。

それではお気をつけて!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。