明宝ハムと明方ハムのちがいとは?食べ方やレシピまとめ!味の違いは?

今回は、岐阜県の特産品として有名なあのハムについて紹介したいと思います。

 

気になる商品とは、明宝ハムです。

 

国産の豚肉を贅沢に100%使用して生産されている明宝ハムです。このハムですが、懐かしい味がするということで大変人気が高いハムとなっているようです。

 

 
ですが、似たような商品名の明方ハムというものもあるようです。

 

そんな明宝ハムについて少し調べてみました。

 


 
スポンサードリンク

明宝ハムと明方ハム

スポンサードリンク

1953年(昭和28年)に畜産振興と山間地の食生活改善を目的にして、ハムを生産するようになったようです。農協が岐阜県群上奥明方村で「明方ハム」として製造を始めたようです。

 

当初、販売の方はあまり良くなかったようですが、口明方村が八幡町となったことをうけ、奥明方村は明方村へと名前を変えたようです。昭和40年代になってきますと、添加物を使用していない事が評価を受けるようになったようです。

 

さらに農協が合併し「群上農協」となったようです。それをきっかけにしてハム工場を新たに建設、その後に販売が伸びたようです。

 

そして、1980年(昭和55年)にNHKの「明るい農村」の取材をきっかけにして、注目が集まるようになったようです。「幻のハム 明方ハム」と言われるようにまでなったようです。

ですが、順調にはいかなかったようで、農協と村との間で問題がはっせいしたようです。その問題とは、明方ハムの加工事業をどうするかという事のようで、この問題を受けて、ハムを加工する工場を八幡町に新たに建設するという手段に出たようです。

 

明方ハムは、明方村で生産されるハムではなく、八幡町で生産されるということになったようです。

 

当然、明方村の人々は激怒し、自分たちで新しくハムを生産していこうということになったようです。従業員を引き抜いてレシピをそのまましようして「明宝ハム」と新たに名前をつけて、ハムの生産を始めたようです。

この明宝ハムですが、岐阜県内以外にも名古屋のメディアなどを使い販路をどんどん拡大していったようです。結果、明方ハムよりも知名度が上がるという結果になってしまったようです。

 

そんな明宝ハムと明方ハムですが、味の違いはどうなのでしょうか?

 

 

明方ハムですが、水を一切使用しない国産の豚肉100%のプレスハムと言われるだけあり、しっかりした食べごたえがある食感、口の中に広がる香りなど、懐かしさを味わえるようです。

 

もう一方の明方ハムですが、もともとのレシピが同じということもあり、味や食感などに大きな違いがないようです。ですが、明方ハムにはハムを製造する工程の中にハムを塩漬けする工程があるようで、その分少ししょっぱいようです。

 

明宝ハムのレシピ・食べ方

明宝ハムの食べ方やレシピですが、単純にスライスして食べても美味しいようです。さらに、好みでマヨネーズなどをかけて食べても美味しいようです。

 

焼いて食べるや野菜などと一緒に炒めても美味しいようです。いろいろな料理に使えるようです。

 

購入方法は

明宝ハムの通信販売のサイトやAmazon、楽天より購入可能のようです。

 

通信販売

 

全国各地に販売店もあるようです。

 

全国販売店

 

 

みなさんもこの機会にこの明宝ハムを購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください