ルートヴィヒ美術館展/東京の混雑状況や待ち時間は?所要時間や撮影も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
ルートヴィヒ美術館展の
混雑を避けるおすすめは
うさぎさん
うさぎさん
・平日の午前中
・平日の15時以降
・土曜日の16時以降

に行くのがおすすめ!

2022年6月29日(水)~9月26日(月)にかけて、国立新美術館で「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」が開催されます。

「ルートヴィヒ美術館は聞いたことないな・・。」「ルートヴィヒ美術館ってどこにあるの?」という方もいるかもしれません。

ルートヴィヒ美術館は、ドイツ第4の都市であるケルン市が運営している、20世紀から現代までの美術作品に特化した世界有数の美術館なんです。

ヨーロッパ最大級のポップ・アートのコレクション、表現主義や新即物主義などのドイツ近代美術、ロシア・アヴァンギャルド、世界で3本の指に入るピカソコレクションや、写真史を網羅する優れた写真コレクション、そして世界各地の現代美術の収集により、国際的にも高く評価されています。

今回は、ピカソ、ロシア・アヴァンギャルド、ポップ・アートなど、絵画、彫刻、写真、映像を含む代表作152点が来日するそうです。

なかでも大注目の作品として、アンディ・ウォーホルが美術館の名前に冠されたコレクター、ペーター・ルートヴィヒを描いた《ペーター・ルートヴィヒの肖像》や、ジャスパー・ジョーンズが1950年代にモチーフにしていた数字を描いた作品《0-9》、ロイ・リキテンスタインが機関銃の発砲した瞬間を描いた《タッカ、タッカ》が登場します。

ぜひ行ってみたい! でも、館内が混雑してゆっくりできないのはイヤ!という方は多いかもしれませんね。

そんな国立新美術館で開催される「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」でおすすめしたいのは以下の通りです。

・平日の午前中に行くのがおすすめ!
・平日の15時以降に行くのがおすすめ!
・土日祝の開館直後に行くのがおすすめ!
・所要時間は2時間30分~3時間
・チケット詳細は公式HPで今後発表!
・会期末や最終日は避けるのがおすすめ!

スポンサーリンク

ルートヴィヒ美術館展/東京の混雑状況や待ち時間は?

今年こそは色々おでかけしてみたい!と考えている方も多いかもしれません。

しかし、混雑した会場では、密になることが気になったりして、作品をゆっくり観ることなんてできないですよね。

ルートヴィヒ美術館展では、アンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタインなどの作品を始め、彫刻、写真、映像など、もりだくさんの展示がありますので、せっかく行くなら一つ一つの作品をゆっくり鑑賞したいところです。

そこで、会場である国立新美術館の過去の混雑の傾向を平日と休日や祝日でまとめてみました。

平日の混雑状況は?

時間帯 待ち時間 館内の混雑
10時〜12時 ・館内の状況によっては待ち時間の可能性あり ・比較的空いている
12時〜15時 ・館内の状況によっては待ち時間の可能性あり ・一番混雑する時間帯
15時〜18時 ・待ち時間の情報は見当たらない ・徐々に混雑が緩和されていく
うさぎさん
うさぎさん
午前中15時以降に行くのがおすすめ!

過去の国立新美術館の平日の混雑の傾向ですが、大きな混雑や待ち時間の情報はあまりありませんでした。

「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」へ平日に行くなら、11時過ぎから13時にかけて人が多く、混雑になりやすい傾向があるので、午前中15時以降がおすすめです。

または、毎週金曜日20時まで開館していますので、夜間開館の時間帯に、お仕事帰りなどで立ち寄ってみるのおすすめですね。

館内への入館をスムーズにするためにも、あらかじめチケットを購入するのを忘れないようにしてください。

休日/祝日の混雑状況は?

時間帯 待ち時間 館内の混雑
10時〜12時 ・開場直後は空いている
・館内の状況によっては待ち時間の可能性あり
・開場直後は人が少ないが徐々に人が増える
12時〜15時 ・館内の状況によっては待ち時間の可能性あり ・最も混雑が予想される
15時〜18時 ・待ち時間の情報は見当たらない ・閉館時間にかけて、館内から人が減っていく
うさぎさん
うさぎさん
開館直後に行くのがおすすめ!

過去の国立新美術館の休日の混雑の傾向ですが、かなり混雑するようです。

11時~15時は待ち時間が30分以上かかることも珍しくなく、常に混雑しているとのことでした。

「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」へ休日に行くなら開館直後15時以降がおすすめです。

また、毎週土曜日20時まで開館していますので、夜間開館の時間帯に行くのもよさそうですね。

チケット購入方法等の詳細はまだ公表されていないので、公式HP公式SNSでご確認くださいね。

最後に、展覧会は最終日や会期末に混雑する傾向があるので、なるべく早い機会に行くことをおすすめします。

ルートヴィヒ美術館展/東京の混雑を避けるおすすめは?

国立新美術館で開催される「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」の混雑を避けるおすすめや、空いてる時間帯、曜日は以下の通りです。

曜日・その他 空いている時間帯や注意点
平日 ・午前中か15時以降に行くのがおすすめ!
・毎週金曜日は20時まで開館!
土日祝 ・開館直後か15時以降に行くのがおすすめ!
・毎週土曜日は20時まで開館!
その他 ・チケット詳細は現在未公開のため公式HPや公式SNSで要チェック!

スポンサーリンク

ルートヴィヒ美術館展/東京の詳細情報は?

「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」の詳細な情報をまとめていきます。

ルートヴィヒ美術館展/東京のチケットは?

「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」のチケット情報は以下の通りです。

当日券
一般 2000円
大学生 1200円
高校生 800円

※中学生以下、障害者手帳をご持参の方とその付添者の方(1名)は無料。

前売り券についての情報はまだありませんでした。

販売方法の詳細等は、決定次第公式HPでお知らせされるとのことですので、気になる方はこまめにチェックしてみてくださいね。

ルートヴィヒ美術館展/東京のグッズの情報は?

今のところ、グッズについての情報はまだありませんでした。

でも、グッズは展覧会の楽しみのひとつですよね!

そこで、過去に同じ会場で販売されていたグッズをまとめてみました!


・ポスター
・マグカップ
・トートバッグ
・クリアファイル
・ポストカード
・マグネット
・リングノート 
・マスキングテープ
・図録  など 

ここで紹介したグッズ以外にも多数のグッズ販売があるかもしれませんね。

グッズの感想は?

もうすでに楽しみにしている方もいるようですね。

何かとコラボしたグッズや、気分をもりあげてくれるようなグッズがあるとうれしいですよね!

詳細情報を楽しみに待ちましょう!

ルートヴィヒ美術館展/東京の所要時間は?

「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」の鑑賞の所要時間ですが、過去に行かれた方々の情報から、2時間30分ほどになると予想されます。

個人的な予想としては、館内への入館時間やグッズの購入時間なども考えると、2時間30分~3時間を見込むと良いかもしれません。

作品数も多いですし、ショップが混雑して思ったより時間がかかることも予想されますので、余裕をもって行くことをおすすめします!

ルートヴィヒ美術館展/東京の撮影は?

撮影については公式HPでは情報が見当たりませんでした。

過去に開催された展覧会では、一部撮影可能なエリアもあったようですが、撮影できるかどうかは、当日の会場で確認してくださいね。

ルートヴィヒ美術館展/東京の口コミや感想は?

開催前なのでまだ口コミはありませんが、すでにワクワクしている方がいるようです!

国立新美術館は広く、ゆったり過ごせると思いますので、感染対策を万全にして楽しみましょう。

詳細情報

期間 2022年6月29日(水)~9月26日(月)
営業時間 10時~18時
※毎週金曜日・土曜日は20時まで  ※入場は閉館の30分前まで
休業日 毎週火曜日
会場 国立新美術館 企画展示室2E
住所 東京都港区六本木7-22-2
アクセス方法 東京メトロ千代田線乃木坂駅青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩約5分
都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分

ルートヴィヒ美術館展/東京に行くなら、平日の午前中がおすすめ!

今回の記事では国立新美術館で開催される「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」について記事をまとめてみました。

記事の内容をまとめると以下のとおりです。

・平日の午前中に行くのがおすすめ!
・平日の15時以降に行くのがおすすめ!
・土日祝の開館直後に行くのがおすすめ!
・所要時間は2時間30分~3時間!
・チケット詳細は公式HPで今後発表!
・会期末や最終日は避けるのがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!