ルーヴル美術館展(2018大阪)の混雑状況は?グッズはあるの?

louvre-museum-exhibition

みなさん、おはようございます。

メチャメチャおすすめの 展覧会
あるんですわ。

それは ルーヴル美術館展です。

日本を巡業するんやけど、
今回は 大阪の大阪市立美術館
開催されるんですわ。

世界的に有名な美術品が
日本に来るんですよ。
何や興奮しませんか!

そんな ルーヴル美術館展(2018大阪)
混雑状況やグッズを調べてみたいと思います。
 

スポンサードリンク

ルーヴル美術館展(2018大阪)の詳細とは?

ルーヴル美術館展(2018大阪)の
詳細はどんな感じなんやろ?

早速調べてみました。

期間:2018年9月22日(土)~2019年1月14日(月・祝)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
会場:大阪市立美術館
住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82(天王寺公園内)

アクセス方法はこんな感じですわ。

アクセス方法

大阪市営地下鉄:天王寺駅
JR:天王寺駅
近鉄:大阪阿部野橋駅
阪堺電気軌道:天王寺駅前駅
大阪シティバス:あべの橋停留所

この会場やねんけど、
駐車場が無いんですわ。

車で行く場合は近所の駐車場を
利用することになるんですわ。

駐車場

DY天王寺公園地下駐車場

住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5番83号
駐車料金
月~金:8:00~22:00 30分/200円
月~金:22:00~8:00 60分/100円
土・日・祝:8:00~22:00 30分/300円
土・日・祝:22:00~8:00 60分/100円
営業時間:24時間
全収容台数:424台

タイムズ茶臼山第2

住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町2
営業時間:24時間営業
駐車料金
月-金:00:00-24:00 30分¥200
土・日・祝:00:00-24:00 30分¥200
全収容台数:9台

僕の個人的なおすすめは
公共交通機関を利用することです。

気になる入館料やけど、
まだ詳細な情報が無いんですわ。

東京で開催時のものを
参考に紹介します。

入館料

一般:1,600円(1400円)
大学生:1,200円(1000円)
高校生:800円(600円)

( )内の値段は前売りと
団体料金(20名以上)の値段ですわ。

前売りは、 展覧会HP、ゼロチケ、
ローソンチケット、イープラス、
セブンチケット、チケットぴあ

などで購入が可能です。

スポンサードリンク

ルーヴル美術館展(2018大阪)のグッズはあるの?

ルーヴル美術館展(2018大阪)で
ほんまに気になるんがグッズですわ。

どないなものがあるんやろ?
気になりますね。

早速調べてみました。

展覧会カタログ
ルーヴルッ子(お菓子)
イスカンダル(紅茶)
エッフェル塔の夕暮れ(お菓子)
東京こはく(お菓子)

こんな感じですわ。
お菓子が多い印象ですわ。

東京での開催ではこんな感じやねんけど、
大阪ではちょっと変更になる可能性もあるかもです。

参考になれば、
幸いです。

グッズを入れて帰るのにこちらのカバンはいかがでしょうか?
キャリーオンバッグ 折りたたみ 【ネコポス 送料無料】 バッグ 旅行 大容量 トラベルバッグ 軽量 レディース メンズ 旅行 バッグ 折り畳み バッグ ポケッタブル バッグ フォルディング バッグ エコバッグ 旅行カバン ボストンバッグ A4 航空

ルーヴル美術館展(2018大阪)の混雑状況は?

ルーヴル美術館展(2018大阪)で
一番気になるんが混雑ですわ。

まだ始まってないものを
検索するのは無理でよね。

そこで過去の開催時の混雑状況を
調べてみたいと思います。

やはりみなさん
混雑を予想されてますね。

ツイッター上の情報やねんけど、
結構混むみたいですね。

夕方に行くと空いているという
情報もありますね。

僕の個人的なおすすめは、
平日の午後3時ぐらいがええと思うんですよ。
(あくまで個人的な意見やけど)

ツイッター上のアカウントで
大阪ミュージアムというのが
あるんですわ。

混雑がヒドければ、
こちらから情報があるかもです。

あともう一つ
おすすめがあるんですわ。

それは会場の近くに宿を
借りるんですわ。

これなら行き帰りが
ほんま楽勝やと思うんですわ。

おすすめの宿はこちらです!

まとめ

ルーヴル美術館展(2018大阪)やけど、
正直な話混雑することしか想像できませんわ。

ツイッター上の情報や日程や
時間帯を工夫して混雑を避けて下さい。

この記事が参考になれば、
幸いです。

 
 
それではお気をつけて
 
 
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください