しし座流星群2018神戸はいつ?方角や時間帯を調査!

(※この記事は2018年10月24日更新されました。)

みなさん、こんばんわ。

2018年も気がつけば、もうすぐ11月ですね。

最近は月日が流れるのが、ほんまに早い!

20代のときより30代のときの方が早く感じますね。

これで40代になったら、どないなるのか想像がつきませんわ…

ちょっと話が変わるんやけど、11月には しし座流星群が観測できるんですよ。

そんなしし座流星群の

・いつなのか
・時間帯
・方角
・観測場所

を紹介したいと思います!

スポンサードリンク

しし座流星群2018はいつ?

2018年ももうすぐ11月なんです。

おたまじゃくしくん
月日が流れるのが
早いです〜。

11月にはしし座流星群が観測出来ます。

11月と言っても30日あるので、一体いつしし座流星群が観測出来るのでしょうか?

 

一般的に見頃は11月中旬から後半と言われてます。

かえるさん
詳細な日程が知りたいで、
あります。

まだまだこれだと日程があいまいですね。

2018年のしし座流星群が見れる日は 11月10から11月23日です。

その中でも一番オススメしたいのが、 11月17日の夜から18日の朝にかけてです。

スポンサードリンク

しし座流星群2018の時間帯は?

しし座流星群の日程は分かったんやけど、時間帯はいつなんやろ?

おたまじゃくしくん
ある程度の時間帯が
知りたいです〜。

しし座流星群は11月18日の7時に極大を迎えます。

なので、おすすめの時間帯は 11月18日1:00〜18日の明け方ぐらいまでが一番の見頃ですね。

 

 

11月17日〜18日の月の大きさを調べてみると、月がそこそこ大きいんですよ。

せやけど、月入りが11月18日0時ぐらいなんです。

そこからあとの時間は、めちゃめちゃしし座流星群を観測しやすいと思います。

大きな明かりがないので、夜明け前まで比較的条件のええ観測になりそうですね。

 

 

 
2018年しし座流星群を望遠鏡で観測しませんか?

やはり肉眼では限界があると思うんですよね。

そこでおすすめしたいのがこちらの望遠鏡なのです。

この望遠鏡は軽量で持ち運びやすく、幅広い人にお使い頂けると思います。

軽いだけではないのです。

望遠鏡として機能も優れているのです。

最大倍率も255倍もあるのです。

倍率255倍というと、月のクレーターもしっかりと見えるぐらいなんです。

天体観測だけではなく、バードウォッチングや自然観測でもお使いいただけます。

入門の望遠鏡として、おすすめの望遠鏡と言えます。

そんなこちらの望遠鏡はいかがでしょうか?

最安値を検索!

しし座流星群2018の方角(神戸)は?

2018年のしし座流星群の見える方角はどこなんやろ?

かえるさん
夜空は広いので探すのは大変で、
あります。

まず、流星群を見るのに方角はあまり関係がないんですよ。

なぜかというと、流星は放射状に四方八方に星が流れるのでどこを見ていても見えるんですよ。

どちらかというと、放射点から離れていくほど長くなっていくので見やすいと言われてますね。

なので、夜空を見ているとすぐに見つけることが出来そうですね。

あと、放射点が高いほど流星は見やすいと言われてます。

そんな流星群を観測する僕のおすすめのは、寝転がって観測することです。

その他には、高い建物がなく、街明かりの影響が少ないところがおすすめです。

 

 

 

天体観測にこちらのレジャーシートはいかがでしょうか?
 
このレジャーシートはコンパクトにたためて、ケースも付いてるので持ち運びが便利なんですよ。
 
座り心地の方にもこだわりがあり、よくあるレジャーシートの痛い、冷たいが軽減されてるんですよ。
 
流星群観測にこちらのレジャーシートはいかがでしょうか?
 
最安値を検索!

しし座流星群2018の見える場所(神戸)は?

2018年しし座流星群を神戸から観測出来るんやろか?

おたまじゃくしくん
街明かりが強いです〜。

神戸市内ではどうしても街の明かりが強いので観測するにはええ条件とは言えないんですよ…

そんな神戸市内でも比較的観測しやすいと言われているのがこちらになります。

摩耶山掬星台
住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2−2

 

 

こちらの場所なら、比較的神戸市内からアクセスしやすいと思います。

神戸市内ではないんやけど、兵庫県内には天体観測におすすめの場所があるんですよ。

兵庫県立西はりま天文台公園
住所:兵庫県佐用郡佐用町西河内407−2

三田市野外活動センター天体観測所
住所:兵庫県三田市小柿949

砥峰高原
住所:兵庫県神崎郡神河町川上

こちらの場所はかなりの山間部になります。

11月の夜の山間部はかなり冷えるので防寒対策を忘れずに!

 

 

 

山間部で流星群を観測するときに重要なのが防寒対策です!

夜間の山間部はめちゃめちゃ冷えるんですよ。

これはしっかりと防寒対策をしないと、体調を崩す原因になると思います。

そこでおすすめなのがこちらのアウターです。

最安値を検索!

まとめ

いかがでしたか?

今からしし座流星群の観測が楽しみですね。

観測時は大声で騒いだりして、周囲の人に迷惑をかけないようにしましょう。

しし座流星群を観測中は防寒対策を忘れずに!

 
 
それではお気をつけて!
 
 
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください