京都伊勢丹2020初売りの並ぶ時間や混雑状況は?期間や営業時間も!

スポンサーリンク

2020年新年最初のに京都伊勢丹の初売りに行こうと考えている人も多いと思います。

初売りに行くのはいいのですが、一体何時頃から並べばいいのかや店内の混雑が気になるところですね…

そこで今回の記事では、京都伊勢丹の2020年の初売りについて記事をまとめてみようと思います。

京都伊勢丹の初売りのおすすめは以下の通りになります。

1)駐車場周辺の道路が渋滞するので、 公共交通機関で行くのがおすすめ
 
2)例年店内はかなり混雑する(地下が若干マシ)
 
3)初売り時は最低でも、 朝の7時には並ぶのがおすすめ



続きを読む

京都伊勢丹2020初売りの期間や営業時間は?

2020年の京都伊勢丹の初売りの情報はまだ公開されてません…

参考までに2019年の初売りの情報を紹介します。

2019年初売り期間:2019年1月2日
営業時間:9時30分(1月2日)
     10時〜20時30分(1月3日〜5日)

京都伊勢丹の2019年の初売りは1月2日からです。1月1日は休日になってました。

恐らく、2020年も同様の対応がなされる可能性が高いと思われます。

そこで2020年の京都伊勢丹の2020年の期間や営業時間を予想してみました。

2020年初売り期間:2020年1月2日
営業時間:9時30分(1月2日)
     10時〜20時30分(1月3日〜5日)

※あくまで予想です。

あくまで予想ですが、大体こんな感じになるのではと予想してます。

期間があまり長くないので、出来るだけ早めに行くのがおすすめですね。

京都伊勢丹2020初売りの並ぶ時間や混雑状況は?

京都伊勢丹の初売りに行くにあたり、気になるのが何時頃に並べばいいのかやどのぐらい店内が混雑するのかではないでしょうか?

京都伊勢丹には入り口が複数あり、並ぶ入り口を間違えると大変なことになる可能性があるかもです。

店内がどのぐらい混雑するかも、あらかじめ知っておくのと知らないのでは違ってきます。

そこで過去の京都伊勢丹の初売り時の混雑などの情報をまとめてみました。




続きを読む

過去の駐車場の混雑状況は?

京都伊勢丹の駐車場は京都駅の駐車所を併用する形になります。

西と東の駐車場があるのですが、収容台数の多い西の方がいいかもです。

初売り時の混雑の情報ですが、初売り時は駐車場はかなり混雑してますね…京都駅前の道路もかなり渋滞するので車で行くのはおすすめしないですね…

京都伊勢丹は京都駅直結とアクセスのいい場所なので出来れば、公共交通機関で行くことをおすすめします。

過去の店内の混雑状況は?

過去の店内の混雑の状況をまとめると以下の通りになります。

・店内は混みすぎて目が回る
・地下はいつもより多いぐらいの混雑

過去の店内の混雑の状況を見ていると、地下は若干マシで地上階はかなり混雑している印象です。

人気のブランドのお店などは相当混雑していることを覚悟しないといけませんね。

並ぶ時間は?

京都伊勢丹の初売り時にどのぐらいの時間から並べばいいかや入り口の情報を調べてみました。

おすすめの並ぶ入り口をまとめてみたので参考にしてみて下さい。

買いたい福袋おすすめの入り口
食品の福袋地下の入口
子供服・アメニティグッズ地上の入り口

次に並ぶ時間ですが、過去の傾向を見てみると、朝の7時には並び始めていますね。

早い人なら始発から並んでいる可能性があるかもです。 朝の7時から並び始めると、比較的列の前半になれる可能性が高そうです。

ただ、競争率の高い福袋はもっと早い時間に並ばないと行けない可能性が高いので注意して下さい。

特に外で並ぶ際に気をつけて頂きたいのが、防寒対策です。

地下の入口はまだ寒さが若干マシなのですが、地上の入り口は外になるので防寒対策には十分に気を使って下さい。

防寒対策を忘れずに!

初売りで並んで待っている時に注意したいのが防寒対策です。

人によっては長い時間外で並んで待つことになるので防寒対策はしっかりとしたいところです。

おすすめは手袋マフラーをしっかりとして、服の隙間から入る冷気をしっかりと防ぐことです。

冷気をしっかりと防ぐので服の内部の熱が逃げるのも低減出来るので防寒対策をすることが出来ます。さらに、最近の手袋は装着したままでもスマホを操作することが可能なので非常に便利です。

新年早々に体調を崩し最悪な正月を送らないためにも、しっかりと防寒対策をして下さい。

まとめ

今回の記事では、京都伊勢丹の2020年の初売りについて記事をまとめてみました。

過去の情報を見ると、買いたい物によってはかなり早い時間に並ぶことになりそうです。

特に地上で並んで待つ際は防寒対策を忘れずにして下さい。

それではお気をつけて!