熊谷花火大会2019の混雑状況やトイレは?屋台や駐車場も!

スポンサーリンク

熊谷花火大会2019の屋台は?

2019年埼玉県熊谷市で開催される熊谷花火大会で一番の楽しみは花火だと思いますが、中には屋台を楽しみにしている方も多いと思うんですよ。

例年、熊谷花火大会では荒川河川敷や荒川運動公園、会場から熊谷駅へ向かう道路沿いに屋台が出店されてました。

屋台の出店数は約500店ほどあると言われてますが、その多くは荒川河川敷と荒川運動公園に集中している感じです。

営業時間は基本的に正確に決まってません。例年の屋台の情報を調べてみると、大体昼過ぎから21時過ぎまで営業している感じです。

気になる屋台の種類は以下の通りになります。

・イカ焼き
・お好み焼き
・焼き鳥
・わたあめ
・あんず飴
・唐揚げ
・電球ソーダ
・りんご飴
・じゃがバター
・焼きそば

かなり屋台の出店数が多いので、ここで紹介した以外にも屋台があるかもです。

熊谷花火大会2019の交通規制は?

例年、熊谷花火大会開催中には交通規制が行われます。

荒川公園や熊谷駅周辺の道路が16時〜21時30分まで車両通行止めになってました。

2019年の交通規制の情報はまだ公開されてませんが、2019年も同様の対応がなされると思われるので、参考までに2018年の交通規制を紹介します。