国宝鳥獣戯画のすべての予約・混雑状況は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

東京国立博物館にて「国宝 鳥獣戯画のすべて」が2021年4月13日(火)から5月30日(日)で開催されます。

鳥獣人物戯画(通称鳥獣戯画)とは、うさぎやサル、猫といった動物たちがかわいらしく擬人化された作品で、相撲や水遊び、宴会を繰り広げる絵巻物です。平安後期から鎌倉前期に作られた作品です。

国宝の鳥獣戯画を見たいけれど、最近のコロナの影響を考えると多くの人が集まる場所は避けたいところです。

そこで、今回の記事では東京国立博物館で開催される国宝の鳥獣戯画のすべての混雑の傾向やその他の情報を記事にまとめてみようと思います。

そんな東京国立博物館で開催される国宝鳥獣戯画展でおすすめしたいのは以下の通りです。

平日午前中に行くのがおすすめ!
平日15時以降に行くのがおすすめ!
土日祝午前中に行くのがおすすめ!
次の日が平日の休日午後に行くのがおすすめ!
会期末や最終日は避けるのがおすすめ!
・予想される所要時間は、約2時間30分〜3時間ぐらい!
・車で行くなら、あきっぱを利用するのがおすすめ!
・遠方から行くなら、楽天トラベルを利用するのがおすすめ!