ニットの縮まりやハンガー跡を治す方法とは?保管方法も紹介!

knit-shrink-trace-hanger-cure-storage

オシャレな人ほど気になるのが、ニットの縮まりやハンガーの跡ではないでしょうか。
 
毎回クリーニングに出せばいいのかもしれませんが、
 
よほど裕福な人ではない限り、なかなかそういうわけにもいきません。

 
そこでニットが縮まってしまった場合や、

ハンガーの跡がついてしまった場合の対処法、

そして保管方法についても紹介をしていきたいと思いますので、

服を大切したい人は是非参考にしてみてください。
 


 
スポンサードリンク

ニットの縮まりを治す方法

さて、早速ですがニットの縮まりを治す方法を紹介していきたいと思います。
 
knit-shrink-trace-hanger-cure-storage


 
今回初回する方法は、ニットでも特にウールやカシミヤなどの動物の毛に効果のある方法になります。
 
非常に面白い方法で、まさに裏ワザとも言える方法なのですが、
 
髪を洗うトリートメントを使うという方法があるのです。
 
嘘だと思われる人も、そうでない人も是非試してみてほしいのですが、
 
使うトリートメントは必ずアモジメチコンという成分が入ったものを使用するようにしてください。
 
やり方は非常に簡単で洗面器などにセーターがつかるぐらいまで水をためて、
 
そこにトリートメントを混ぜます。
 
混ぜる量はだいたいですが、15グラムほどで問題ないでしょう。
 
そして、30分ほど放置してから、洗濯機で1〜2分ほど脱水をします。
 
あとは更に軽く脱水をして、形を整えて陰干しをするだけで、縮んだニットがもとに戻るのです。
 
より効果的にするには干し方もポイントで、
 
袖や銅の部分に段ボールなどを入れて洗濯バサミで固定をすると、
 
よりよく元に戻りますので、試してみてくださいね。
 
 
 

ハンガーの跡を治す方法

スポンサードリンク

次にハンガーの跡を治す方法ですが、意外に簡単に直せる方法が2つあります。
 
knit-shrink-trace-hanger-cure-storage


 
1つ目はアイロンの蒸気を使うという方法です。
 
そして2つ目がドライヤーと霧吹きを使うという方法になります。
 
熱と水分を加えることで、ハンガーの跡は簡単に直すことが出来るのです。
 
2、3分で簡単に元に戻りますので、
 
跡がついてしまっても焦ることなく冷静に対処してくださいね。
 
 
 

ニットの保管方法

そして、最後にニットの保管方法についても紹介をしておきます。
 
基本的に洋服の保管方法、たたむか吊るすという2択になるかと思いますが、
 
ニットの場合、実はどちらの方法も正解と言えます。
 
綺麗にたたむことができていれば、たとえシワがついても着ているうちにもとに戻ります。
 
そして吊るす場合は、なるべく肩に厚みのあるハンガーを利用するように注意してください。
 
そして、保管場所に防虫剤を入れるときは、
 
変色のリスクがあるため洋服にふれないように入れるのが
 
基本になりますので覚えておいてくださいね。
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

    関連記事が見つかりません

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください