亀城公園2022花見の混雑状況や駐車場は?屋台や桜の開花状況も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
お花見時期の亀城公園での
混雑を避けるおすすめは?
うさぎさん
うさぎさん
平日午前中夕方
土日祝日9時前16時以降
に行くのがおすすめ!

茨城県の土浦市にある亀城公園は、室町時代に建てられた土浦城の跡地です。

亀城というのは、塀に囲まれた城が水に浮かぶ亀のように見えたことからつけられたそうです。

亀城公園には約50本のソメイヨシノが咲き、昔ながらの櫓(やぐら)や塀との組み合わせがとても素敵な公園となっています。

そんな亀城公園にお花見に行きたい!けど…
このご時世だし、混雑や密になるのは避けたい。
という方は多いと思います。

亀城公園に行く前に、混雑している時間や曜日が分かると混雑を避けて行くことができます。

そんな亀城公園でのお花見のおすすめは以下の通りです。

平日に行くなら午前中夕方がおすすめ!
土日祝日に行くなら9時前<16時以降がおすすめ!
ティッシュ消毒液を持って行くのがおすすめ!
亀城公園の見頃は4月上旬
無料駐車場の利用の際は、近くの施設でもらえる駐車券が必要
車で行くならあきっぱがおすすめ!
亀城公園でのお花見はシートを持くのがおすすめ!
亀城公園はライトアップがあり、夜桜も楽しめる!
・亀城公園では屋台の出店がありません。
遠方から行くなら楽天トラベルがおすすめ!
スポンサーリンク

亀城公園2022花見混雑状況は?

亀城公園でお花見をするのに、混雑していたり密になるのはちょっと嫌だな…って方が多いと思います。

せっかく行くならゆっくりとお花見ができる時間に行けるといいですよね。

そこで、過去の亀城公園での混雑情報をまとめてみました。

平日の混雑状況や予想は?

時間帯 混雑状況・予想
午前 ・混雑の情報はない
・9時頃から人が増え始める
午後 ・12時頃に人が増える
・金曜日の13時はやや混雑している
・金曜日以外は密にはなりにくい
夕方以降 ・18時にかけて空いていく
うさぎさん
うさぎさん
平日午前夕方がおすすめ!

亀城公園の平日は大きな混雑の情報はありませんでした

ただ、金曜日のお昼時は他の曜日に比べ混雑しやすいようです

お昼時は少し人が増えるため、少しでも密を避ける場合は午前中夕方に行くのがおすすめとなっています。

休日/祝日の混雑状況や予想は?

時間帯 混雑状況・予想
午前 ・9時頃から人が増える
・12時にかけて混雑してくる
午後 ・12時〜15時は混雑している
夕方以降 ・16時以降は空いている
うさぎさん
うさぎさん
土日祝日は9時前16時以降がおすすめ!

亀城公園の土日祝日は平日に比べ、多くの人が公園に集まるようです

混雑のピークは12時〜15時となっており、お昼時にかけて人が増えていきます。

亀城公園は子供用の遊具などがあり、家族で遊びに行きやすい公園となっているため土日祝日は混雑しやすいようです。

混雑を避けるためのおすすめの時間は9時前16時以降がおすすめです。

トイレの混雑状況は?

亀城公園内にはトイレが1ヶ所あり、多目的トイレも利用することができます。

ただ、公衆トイレということもあり万が一のために水に流せるティッシュペーパー携帯用消毒液などを持っていくことをおすすめします。

スポンサーリンク

亀城公園2022花見の桜の開花予想は?

亀城公園は約50本のソメイヨシノが咲き誇り、開花から約2週間ほどお花見を楽しむことができます。

亀城公園の桜の開花予想は3月24日となっています。

平年並〜少し早い開花予想となっています。

桜の見頃や満開に時期は?

2022年の亀城公園の桜の満開予想は3月30日となっています。

桜吹雪が観れるのは4月5日頃となっているので、4月上旬はお花見が楽しめそうですね。

→亀城公園の最新開花予想はこちらから!

スポンサーリンク

亀城公園2022花見の駐車場・周辺道路の混雑状況は?

亀城公園の駐車場は下記の通りです。

名称 収容台数
博物館第2駐車場 約40台
博物館第1駐車場 約15台

亀城公園の駐車場は無料ですが注意が必要です!
というのも、第一駐車場は「博物館専用」となっており、出庫する際には博物館の見学後に渡される駐車券が必要となります。

なので、博物館を利用されない場合は第一駐車場は利用できません。

また、第二駐車場は博物館専用ではないのですが同じく無料駐車券が必要となります

無料券の発行は3ヶ所の施設で発券しており、博物館・まちかど蔵・亀城プラザに取りに行く必要があります。

おすすめの駐車場は?

亀城公園に車でお花見に行くなら、近隣の有料駐車場を利用することになるので駐車場が事前予約・決済が出来るあきっぱを利用するのもおすすめです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

亀城公園2022花見の場所取りは可能?

亀城公園ではシートを敷いてのお花見ができるようです。

ただ、平日は混雑はしていないので急いで行く必要はないようです。

土日祝の12時〜15時は混雑しているので、その時間は場所取りも混雑することが予想されます。

亀城公園2022花見の屋台の出店はある?

亀城公園でも屋台の出店の情報は、見つかりませんでした

なので、亀城公園でお花見をする場合は軽食などを持っていくのがすすめです。

亀城公園2022花見の基本情報は?

亀城公園の詳細は以下の通りです。

名称 亀城公園
住所 〒300-0043
茨城県土浦市中央1丁目13-48
電話番号 土浦市役所(都市整備課 公園緑地係)
029-826-1111
営業時間 24時間営業
休業日 無休
入園料 無料
アクセス方法 公共交通機関)
JR常磐線「土浦」駅下車 西口から徒歩10分
バス「亀城公園前」徒歩1分
車)
常磐自動車道桜土浦ICから国道354号を土浦市街方面へ車で5km

ライトアップ情報は?

亀城公園でのライトアップの情報は以下の通りです。

期間 3月下旬〜4月上旬
ライトアップ時間 18時〜22時

例年ライトアップを行なっており、2022年の情報はまだ出ておりませんがライトアップで夜桜を楽しみたいですね。

おすすめスポットは?

亀城公園のおすすめスポットを紹介します。

ニホンザルのリョウタとスミレ

亀城公園には、ニホンザルが2匹います。

昔、動物園などが周りになく公園内でニホンザル・タヌキ・すずめ・クジャク・小鳥・ニワトリ・アヒルなどを飼育していたようです。

ただ、時代と共に他の動物がいなくなっていきましたがニホンザルの2匹は現在も公園内で飼育されています。

遊具

亀城公園には子供も遊べるスポットがあります。

シーソーやブランコ、鉄棒などの遊具があります。

また、秋の時期になると松ぼっくりなどがあり季節を楽しむことができる公園となっています。

周辺のおすすめスポットは?

亀城公園の周辺スポットを紹介します。

土浦市博物館

土浦博物館の1階は「大名土屋家の文化」土浦藩土屋家の刀剣・茶道具など、2階は「霞ヶ浦に育まれた人々のくらし」を総合テーマとした土浦の歴史と文化を鑑賞することができる施設となっています。

それだけではなく、2階には「昔のくらしコーナー」や「調べ学習コーナー」があり子供の夏休み・冬休みの宿題などに利用するかたもいるようです。

入場料も安く、どなたでも利用しやすい施設です。

→土浦博物館の公式HPはこちら!

土浦まちかど蔵

江戸時代に建てられた蔵を改装したお店が並んでいます。

「大徳」はもともと江戸時代の呉服屋を改装しており、4つの蔵からなっています。

今は、お土産販売や資料の展示や観光案内など行っています。

「野村」は3つの蔵からなっており、レンガの蔵は喫茶店で歴史を感じながらゆっくりした時間を楽しむことができます。

もう一つの蔵では蕎麦打ち体験などができ、観光の場として開放されています。

→土浦まちかど蔵の詳細はこちら!

お得なおすすめツアーは?

遠方から亀城公園にお花見に行く際、楽天トラベルを利用すると、移動の交通費がお得になる可能性があります。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。
このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーが予約することが出来たり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

まとめ

今回は茨城県土浦市にある、亀城公園のお花見について記事をまとめてみました。

記事の内容は以下の通りです。

・平日に行くなら午前中・夕方がおすすめ!
・土日祝日に行くなら9時前・16時以降がおすすめ!
ティッシュ消毒液を持って行くのがおすすめ!
・亀城公園の見頃は4月上旬!
・無料駐車場の利用の際は、近くの施設でもらえる駐車券が必要!
・車で行くならあきっぱがおすすめ!
・亀城公園でのお花見はシートを持くのがおすすめ!
・亀城公園はライトアップがあり、夜桜も楽しめる!
・亀城公園では屋台の出店がありません。
・遠方から行くなら楽天トラベルがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!