川崎大師平間寺2022初詣の混雑状況や参拝時間は?屋台や駐車場も!

スポンサーリンク

神奈川県川崎市にある川崎大師平間寺(かわさきだいしへいけんじ)は川崎大師という呼び名で有名です。

正式名称は金剛山金乗院平間寺(きんじょうざんきんじょういんへいけんじ)と言われ、真言宗智山の関東三大本山のひとつです。

この川崎大師は「厄除けのお大師さま」として親しまれるほど、厄除けで非常に有名な神社です。

なぜ厄除けで有名なのかというと、厄除けに絶大な効果を持つ「護摩」を炊いてもらうこできるからです。関東在住であれば知らない人がいないほど大きな神社です。

大本堂から「八角五重塔」が右手に見えます。八角は円に近く包容力や完全性を象徴していると言われています。日本国内でも屋根が八角系に重なる五重塔はとても珍しく、非常に貴重な歴史的建造物です。

そんな川崎大師に、2022年の年初めに初詣に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか。

このご時世ですので、境内が大混雑したり密になったりする時間をなるべく避けて、気持ちよく参拝して、2022年を穏やかに迎えたいですよね。

そんな川崎大師の初詣でおすすめしたいのは以下の通りになります。

元旦の午前3時から8時までがおすすめ!
2〜4日の15時以降がおすすめ!
11日以降がおすすめ!
24時間参拝可能も、大本堂開扉時間は決まっているのでご注意!
お守りの購入時間は大本堂開扉時間と同じ!
・川崎大師の電話問い合わせ時間は9時〜16時ごろまで!
多数の屋台が出店します!
・車で行くならあきっぱ!がおすすめ!


スポンサーリンク

川崎大師平間寺2022初詣の混雑状況は?

神奈川県川崎市にある川崎大師に初詣に行くのに、境内がどのくらい混雑するのか、コロナの影響もあって密にはならないのか心配な方も多いのではないでしょうか。

川崎大師は参拝者数全国で3位であるだけに、初詣に毎年約300万人ほどの参拝者が訪れていますので、かなりの混雑が予想されます。

そこで、過去の川崎大師の初詣のときの混雑状況をネットやSNSで調べてみました。

過去の混雑状況

日付 午前の混雑傾向 午後の混雑傾向
12月31日 ・大きな混雑情報はない ・23時頃から身動きが取りにくいほど混雑する
1月1日 ・0時から3時をピークに大混雑する
・3時頃から8時頃までは比較的空いている
・昼が近づくにつれて大混雑する
・昼から夜まで1日中大混雑する
1月2日 ・早朝から混雑する傾向にある
・昼が近づくにつれてさらに混雑する傾向がある
・昼から15時頃までは混雑する
・15時以降は比較的混雑が引く傾向がある
1月3日 ・早朝から混雑する傾向にある
・昼が近づくにつれてさらに混雑する傾向がある
・昼から15時頃までは混雑する
・15時以降は比較的混雑が引く傾向がある
1月4日以降 ・早朝から混雑する傾向にある
・昼が近づくにつれてさらに混雑する傾向がある
・昼から15時ごろまでは混雑する
・15時以降は比較的混雑が引く傾向がある
うさぎさん
うさぎさん
元旦の午前3時から8時まで、2〜4日の15時以降11日以降がおすすめ!

川崎大師は全国初詣ランキング3位の参拝客数を誇る人気のお寺ですから、相当な混雑が予想されます。

一番混んでいる時間帯は、大晦日の夜から元旦にかけてです。

川崎大師では大晦日からカウントダウンを行っています。なのでカウントダウン後にそのまま参拝する方が多く、大晦日23時から元旦は身動きが取れないほどの混雑で、元旦は1日中混雑しているようです。表参道より大山門を通って大本堂で参拝するまでの平均的な所要時間は、だいたい2時間を見積もる必要があるようです。

元旦に混雑を避けて参拝するとすれば、朝の3時~8時ごろまでは比較的落ち着いているようです。

1月2〜4日は早朝から混雑していますので、15時以降の参拝だと大きな混雑は回避できそうです。

また川崎大師は5日以降も、三が日ほどではないにせよ、混雑するようです。より混雑を避けるには成人の日が終わった11日以降をおすすめします。

川崎大師平間寺2022初詣の混雑を避けるおすすめは?

神奈川県川崎市にある川崎大師平間寺の初詣で混雑を避けるおすすめは以下の通りになります。

・元旦の午前3時から8時までがおすすめ!
・2〜4日の15時以降がおすすめ!
・11日以降がおすすめ!

川崎大師平間寺2022の混雑状況のリアルタイムは?

今日、今から川崎大師に行きたいけれど、リアルタイムの境内などの混雑状況を知りたい方も多いと思うんですよね。

リアルタイムの混雑状況の検索方法として、以下の方法をおすすめします。

Twitterでリアルタイムの混雑状況を確認

Twitterの検索で「川崎大師」などの検索キーワードを入力して検索して下さい。

検索キーワード入力後に「最新」の項目をクリックすると、最近のツイートを確認することが出来ます。

→Twitterで川崎大師の状況を確認する!

Googleマップでリアルタイムの混雑状況や交通状況を確認

Googleマップで「川崎大師」を検索して頂くと、左側に神社の情報が表示されます。

神社の情報を下にスクロールしていくと、神社によっては「混雑する時間帯」で混雑状況を確認することが出来ます。

神社にもよりますが、「ライブ」で現在の混雑状況が見られるのと、曜日を選択すると過去の曜日ごとの混雑の傾向が時間帯ごとに確認することが出来ます。

また、周辺の道路の渋滞情報を確認することが出来るので、渋滞を避けるのにも役に立つと思います。

→Googleマップで川崎大師の状況を確認する!

スマートフォンの方はGoogle Mapsのアプリで確認して下さい。

また、Instagramで、#タグ+川崎大師で検索したり、川崎大師の公式Facebookで今現在の混雑状況が確認できることがあります。こちらを利用してみるのもおすすめです。


スポンサーリンク

川崎大師平間寺2022初詣の参拝時間は?

川崎大師は24時間参拝可能ですが、初詣期間中の大本堂開扉時間は決まっています。

12月31日…6時~終日開扉
1月1日…~20時30分
1月2日・3日…6時~19時
1月4日~7日…6時~18時30分

上記以外の日時は川崎大師のHPの大本堂開扉時間をご参照ください。

お守りの購入時間は大本堂開扉時間と同じ時間帯とのことです。

また、川崎大師では、古くから「厄除けのお大師さま」として知られる護摩祈祷を修行し、厄除け、家内安全、商売繁昌、健康長寿など、諸願成就をお祈りしていただけます。

川崎大師のお護摩(ご祈祷)の時間帯は初詣の期間中は平常と異なります。

元日
・午前0時、2時30分、4時、5時30分、7時、8時30分、10時、11時
・午後12時、13時、14時、15時、16時、17時、18時

1月2日・3日
・午前6時30分、8時30分、10時、11時
・午後12時、13時、14時、15時、16時、17時、18時

こちらも上記以外の日程や、詳細は川崎大師のHPのお護摩時間表をご覧ください。

これらの時間帯はこのご時世ですので、変更になる可能性があるかと思います。川崎大師に行かれる方、お守りの購入やご祈祷を検討されている方は川崎大師のHPなどを事前に確認してからお出かけされることをおすすめします。

川崎大師には、お手洗いや授乳室が各所にあります。詳しくは川崎大師境内マップを参照してみてくださいね。

バリアフリーに関してはどうでしょうか。境内は地形的に平坦なうえ、4個所に構える門はいずれも段差がなく、参道には滑らかな石畳が敷かれています。大本堂には階段を迂回するスロープが敷設されていて、拝所の賽銭箱は座位から届く高さとなっています。混雑をうまく避ければ、車椅子の方も安心して参拝できそうですね。

川崎大師平間寺2022初詣の屋台は?

川崎大師の初詣でひとつ気になることがあるのです。

それは屋台の出店はあるのかということです。

過去の情報を調べてみたところ、屋台は仲見世通り、表参道、境内と数多くの屋台が並ぶようです。


・たこ焼き ・お好み焼き
・もつ煮込み・じゃがバター
・唐揚げ  ・フランクフルト
・杵つき餅 ・バナナチョコ
・いちごあめ・射的
・宝釣り  ・チキンステーキ
・だるま  ・熊手

ここで紹介した以外にも多数の屋台の出店の可能性があります。

小腹を満たす温かいものから遊戯系屋台までさまざまな屋台が出店されるそうです。

営業時間は12月31日23時頃より1月1日は22時頃まで。一部の屋台は24時間営業しているお店もあるようです。

1月2日~3日は10時頃よりぼちぼち営業開始で22時頃まで。一部の屋台は深夜まで営業しているお店もあります。

三が日だけで終わるのではなく、1月4日以降も出店している屋台はあるので十分に楽しむことができます。

お正月に屋台にいけなかった…という方でも大丈夫ですよ!川崎大師では、お正月時の屋台以外でも、毎月20日と21日に縁日を開催しており、お正月同じくらいの量の屋台が出店されるそうです。

また、屋台のほかに仲見世通りが栄えており、商店街のお店も大晦日の31日から夜通し営業するようです。

1月2日以降も10時頃より19時頃まで営業しているお店が多いようです。

仲見世通りで有名なのは、痰切り飴だそうです。仲見世通りには、数多くの咳止めの飴屋さんがあり、川崎大師の名物になっているそうです。

川崎大師平間寺の詳細は?

名称 川崎大師平間寺
住所 神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
電話番号 044-266-3420
営業時間 9時〜16時(電話問い合わせ時間)
アクセス方法 ・京急川崎駅より大師線に乗り換え、川崎大師駅下車、徒歩8分
・JR川崎駅東口バス乗り場7番・川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行き、大師バス停下車、徒歩8分

駐車場は?

川崎大師の普通乗用車の駐車場は700台分あります。駐車料金は無料です。

ただし、この700台可能な駐車場は、川崎大師の境内敷地から徒歩10分程離れた東門前駅近くの自動車交通安全祈祷殿の隣にあり、駐車可能でも境内までかなり歩くことになります。

平間寺には約100台の駐車場が整備されていますが、すぐに満車になってしまう傾向にあるようです。

駐車可能な時間帯は以下の通りとなっています。

基本的に8時~17時

12月31日終日〜1月1日~19:30
1月2日・3日…5時~19時30分
1月4日~1月10日…5時30分~18時
1月15以降の土曜・日曜…7時~18時
それ以外の日程→こちら

ただし、12月31日~1月3日の間は交通規制が実施されます。

川崎大師のHPの交通規制マップによると「車でお越しの際は詳細ページをご確認のうえご来山ください」となっていましたが、基本的には初詣期間中は公共交通機関でお参りされることをおすすめします

もし、大晦日から三が日に行って駐車しようとしたが交通規制で長時間待つことになってしまった、あるいは専用駐車場が満車になってしまった、などの場合は、近隣の有料駐車場を利用することになるので駐車場が事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用するのもおすすめです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

まとめ

今回の記事では、神奈川県の川崎大師の初詣についてまとめてみました。

・元旦の午前3時から8時までがおすすめ!
・2〜4日の15時以降がおすすめ!
・11日以降がおすすめ!
・24時間参拝可能も、大本堂開扉時間は決まっているのでご注意!
・お守りの購入時間は大本堂開扉時間と同じ!
・川崎大師の電話問い合わせ時間は9時〜16時ごろまで!
・多数の屋台が出店します!
・車で行くならあきっぱ!がおすすめ!

以上、お気を付けて!