関門海峡花火大会2022の混雑・渋滞状況や駐車場は?屋台や時間も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
関門海峡花火大会の帰りの混雑を
さけるおすすめは
うさぎさん
うさぎさん
花火の打ち上げ終了前
帰るのがおすすめ!

2022年8月13日に「関門海峡花火大会」が開催されることが発表されました。

「関門海峡花火大会」は、下関側と門司側の2つの海峡で花火の打ち上げが行われます。

花火の打ち上げ時間がわずか30分と短い間で、約1,5000発の花火が2つの海峡で打ち上げられるため花火の迫力に圧倒されることは間違いないと思われます。

今回開催される「関門海峡花火大会」は新型コロナウィルス感染対策として有料観覧席のみとなっております。

当日でも(環境整備協力チケット1,000円)で会場に入れるのですが、先着順なので早めに行かないとチケットが売り切れ会場に入れない、なんてことにもなりかねません。

日本で有数の花火大会なだけに、花火大会当日は多くの方が会場に訪れるため、会場の混雑状況がきになられる方も多いと思うんですよね・・・

そこで今回は過去の関門海峡花火大会の混雑状況などの情報をまとめていこうと思います。

そんな関門海峡花火大会でおすすめしたいのは以下の通りです。

公共交通機関を利用するのがおすすめ!
チケットを購入し、有料観覧席を利用するのがおすすめ!
・トイレは混雑するため、早めに行っておくのがおすすめ!
・花火だけをゆっくり鑑賞するなら、会場ではなく別の観覧スポットがおすすめ!
・花火の打ち上げが終わる前に帰るのがおすすめ!
レジャーシートモバイルバッテリーを持って行くことをおすすめ!
・駐車場を探すなら、あきっぱがおすすめ!
スポンサーリンク

関門海峡花火大会2022の混雑状況は?

関門海峡花火大会の混雑状況をまとめていきます。

関門海峡花火大会2022の渋滞状況は?


私も過去に関門海峡花火大会に行かれたことがあるのですが、こちらのツイートのように会場周辺広範囲に大渋滞でした。

おそらく今年開催される関門海峡花火大会も渋滞が予想されます。

渋滞を避けるためにも、関門海峡花火大会会場に行く際は公共交通機関を利用することをおすすめします。

関門海峡花火大会2022の交通規制は?

関門海峡花火大会は門司側と下関側それぞれに花火大会の会場があるため、大規模な交通規制が行われるようです。

門司側の詳しい詳細はこちら交通規制のおしらせを参考にしてください。

下関側の詳しい詳細はこちら交通規制のおしらせを参考にしてください。

関門海峡花火大会2022の公共交通機関の混雑状況は?

門司側の最寄り駅はJR門司港駅です。

下関側の最寄り駅はJR下関駅です。

関門海峡花火大会会場から門司港駅・下関駅までの混雑状況は?


こちらのツイート見てみますと、物凄く混雑している状況がわかります。

今回開催される関門海峡花火大会も混雑する可能性が高いかもしれません。

関門海峡花火大会会場から門司港駅・下関駅までの所要時間は?

関門海峡花火大会会場(門司会場)から門司港駅までの所要時間は徒歩10分ほどです。

関門海峡花火大会会場(下関会場)から下関駅までの所要時間は徒歩15分ほどです。

普段と違って道が混雑することが予想されますのでそれぞれ、門司側は10分以上、下関側は15分以上かかることもあると思います。

関門海峡花火大会中の混雑状況は?

関門海峡花火大会開催中の混雑状況や混雑予想をまとめてみました。

混雑状況・混雑予想
花火打ち上げ開始 やや混雑する
花火打ち上げ中 大きな混雑は見当たらない
花火打ち上げ終了 花火終了前に帰り始める人もいる

花火大会では打ち上げ開始20分前から観覧スポットを探す人の流れが激しくなる傾向があります。

そのため30分前までには場所取りを終わらせておきたいですよね。

ゆっくり花火を楽しむためにも、レジャーシート飲み物などしっかり準備していくことをおすすめしま

関門海峡花火大会2022のトイレの混雑状況は?


これらの情報以外にもトイレに関する情報がありましたけど、どの情報でも会場周辺トイレは混雑しているとのことです。

せっかく会場まできてトイレを待っている間に花火が上がるのは悲しいですよね。

会場に入ったらまず、トイレを先に済ませておくことをおすすめします。

関門海峡花火大会2022の帰りの混雑状況は?


帰りはかなり渋滞しそうですね。こちらのツイート以外にも渋滞の情報がたくさんありました。

少しでも渋滞を避けるのであれば花火の打ち上げが終わる前に帰ることをおすすめします。

関門海峡花火大会2022の帰りの混雑を避けるために宿泊するべきか?

関門海峡花火大会終了後の帰りの混雑を避けるための方法として、次の日が休日という方なら宿泊するのもいいかと思います。

ホテル探すおすすめの順は以下の通りです。

関門海峡花火大会終了後のホテルを探すのに楽天トラベルを利用するのがおすすめです。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルのクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

→楽天トラベルでホテルを探すならこちら!

スポンサーリンク

関門海峡花火大会2022の屋台は?

関門海峡花火大会で過去に出店された屋台の詳細は以下の通りになります。

過去に出店された屋台
・はしまき ・梅がえ餅
・焼きそば ・フライドポテト
・唐揚げ  ・焼き鳥
・かき氷  ・りんご飴 
・ホルモン焼き  

関門海峡花火大会2022の屋台の混雑状況は?

例年、関門海峡花火大会の屋台の出店数は多いいみたいです。屋台を目当てで来られる方も多いいようなので、屋台は混雑する可能性があります。

屋台巡りをするなら早めの時間帯に済ませてことをおすすめします。

スポンサーリンク

関門海峡花火大会2022の詳細は?

関門海峡花火大会の詳細な情報は以下の通りです。

大会名 関門海峡花火大会
開催日程 2022年8月13日(土)
雨天決行 荒天中止
新型コロナウィルスの感染状況により中止になることもあります。詳しくわこちらから公式サイト
打ち上げ時間 19時50分~20時20分
打上数 1,5000発
開催場所 福岡県北九州市門司区西海岸埋立地(JR門司港駅そば)

関門海峡花火大会2022の打ち上げ開始時間は?

関門海峡花火大会の開催時間が19時50分ということなので、19時50分頃が花火の打ち上げ開始時間になると思われます。

関門海峡花火大会2022の有料観覧席は?

関門海峡花火大会の有料観覧席の詳細は以下の通りです。

有料観覧席区分 価格
門司側

特別協賛席1(畳2畳分)に5人まで着席可能。※E席は畳3畳分で8人まで着席可能

S席50,000円

A席24,000円

B席22,000円

C席22,000円

D席20,000円

E席24,000円

特別協賛席2(畳2畳分)に5人まで着席可能 1~7席12,000円※真横に生垣がある為

11~27席15,000円

協賛イス席 全席
(1席)5,000円

早期お申込み特典4,000円

※7月31日(日)23時59分までの申し込みのみ適用

環境整備協力チケット(会場に入場する際に必要)特別協賛席1,特別協賛席2,協賛イス席のチケットを購入している場合は不要 1,000円
下関側
会場1あるかぽーと会場 定員10,000名(定員に達し次第販売終了)
大人
(中学生以上)
3,000円

子供(小学生)※小学生未満は無料1,000円

会場2海峡ゆめタワー前会場 定員2,000名(定員に達し次第販売終了) 大人
(中学生以上)
3,000円

子供(小学生)※小学生未満は無料1,000円

会場3,4 ・カモンワーフ会場
     ・唐戸市場前会場
2会場合計で定員5,000名(定員に達し次第販売終了)
大人
(中学生以上)
3,000円

子供(小学生)※小学生未満は無料1,000円

特Sスポンサーエリア 協賛1人5,000円

関門海峡花火大会の駐車場は?

海峡花火大会会場には駐車場は設けられていません。

目的地である海峡花火大会の会場周辺に到着してから駐車場を探すのは非常に面倒ですよね…

そんなときに便利なのが、駐車場を事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用することです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

関門海峡花火大会のアクセス方法は?

関門海峡花火大会の会場へのアクセス方法は以下の通りです。

アクセス方法 詳細
公共交通機関 門司会場:JR門司港駅徒歩5分
下関会場:JR下関駅徒歩15分
門司会場:門司ICから車で約20分
下関会場:下関ICから車で約6分

関門海峡花火大会の閲覧スポットは?

下関側
彦島南公園

会場からは少し離れている彦島という地域の住宅街にある彦島南公園。

高台になっているた、両サイドからの打ち上げ花火を堪能することができます。

門司側
めかり公園

会場から3キロぐらい離れているため、迫力は欠けますがゆっくり花火を鑑賞することができます。

関門海峡花火大会の感想や口コミは?


キレイに写真が撮れていますね。カメラが欲しくなります。

関門海峡花火大会に持っていくべきものは?

関門海峡花火大会に行くときに以下のものを持っていくのがおすすめです。

・モバイルバッテリー
花火大会までの時間つぶしや、大会会場周辺の混雑状などを調べるなどすると、スマホのバッテリーが心配ですよね。

そんなときに1つモバイルバッテリーがあると安心ですね。

・携帯ラジオ
スマホでラジオを聞くことは可能ですが、若干の遅れがあるそうです。

リアルタイムで実況が聞けるので、携帯ラジオがおすすめです。

その他にも以下のものを持っていくことをおすすめします。

持っていくと便利なもの 持っていくと便利な理由
・ハンズフリー扇風機 大会会場は屋外なので、熱中症対策として
・虫除けスプレー 大会会場が屋外なので、虫刺されの可能性があるので
・レジャーシート 地面にそのまま座ると痛いのと、服が汚れないので
・レインコート 突然の天候の変化のためにも
・ウェットティッシュ 手が汚れたときやトイレに行ったときに便利です。
・スマートタグ 持ち物の紛失防止やお子さんの迷子防止に
・ゴミ袋 屋台などの飲食のゴミをまとめるのに便利です

関門海峡花火大会の帰りの混雑を避けるおすすめは花火の打ち上げ終了前に帰るのがおすすめ!

今回の記事では、関門海峡花火大会について記事をまとめてみました。

記事の内容をまとめると、以下の通りになります。
・公共交通機関を利用するのがおすすめ!
・チケットを購入し、有料観覧席を利用するのがおすすめ!
・トイレは混雑するため、早めに行っておくのがおすすめ!
・花火だけをゆっくり鑑賞するなら、会場ではなく別の観覧スポットがおすすめ!
・花火の打ち上げが終わる前に帰るのがおすすめ!
レジャーシートモバイルバッテリーを持って行くことをおすすめ!
・駐車場を探すなら、あきっぱがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!