金沢花火大会2022の混雑・渋滞状況や駐車場は?屋台や打ち上げ時間も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
金沢花火大会の帰りの
混雑を避けるおすすめは
うさぎさん
うさぎさん
花火打ち上げ終了前
帰るのがおすすめ!

石川県金沢市では、2022年7月30日(土)に金沢花火大会が開催されることが発表されました。

金沢市内中心部で行われる金沢花火大会は、会場に足を運ばなくても、高台やビルの上、犀川河川敷などでも花火を楽しむことができるそうです。

さらに、フィナーレで1,000連発の花火が打ち上がりますので、迫力満点の花火を見ることができるのも金沢花火大会の魅力の1つと言えるでしょう。

1,000連発の花火を楽しめる花火大会は、なかなか珍しく、楽しみにしている方も多いと思います。

そんな金沢花火大会でおすすめしたいのは、以下の通りです。

公共交通機関を利用するのがおすすめ!
徒歩で花火大会の会場に行くのがおすすめ!
19時にはJR金沢駅もしくは北陸鉄道金沢駅に到着しておくのがおすすめ!
屋台を利用する場合は、16時前に行くのがおすすめ!
あきっぱを使って駐車場を予約しておくのがおすすめ!
トイレを見つけたら早めに行っておくのがおすすめ!
スポンサーリンク

金沢花火大会2022の混雑状況は?

金沢花火大会の混雑状況をまとめていきます。

金沢花火大会2022の渋滞状況は?

過去の金沢花火大会の渋滞情報を調べると、周辺道路は混雑していたようです。

このツイートの時刻を見ると、22時45分にようやく家に到着したということですので、花火終了後から約1時間40分程経過しています。

この投稿者を見ると、会場周辺の道路はかなり混雑していたことがわかります。

また、今年の金沢花火大会では、すでに交通規制が18時30分22時まで行われることが発表されています。

そのため、花火打ち上げ開始前から、花火打ち上げ終了後しても会場周辺道路は混雑する可能性が高いでしょう。

そのため、金沢花火大会に行かれる際には、公共交通機関を利用するか、徒歩で会場に向かうことをおすすめします。

金沢花火大会2022の交通規制は?

今年行われる金沢花火大会では、すでに交通規制される時間は、18時30分22時と発表されています。

また、交通規制される区域は以下の通りです。

・若宮大橋交差点から大豆田大橋交差点(18時30分~22時まで通行禁止)

・大豆田大橋交差点から元車交差点
(18時30分~22時まで通行禁止)

・入江・玉鉾・若宮神社前・南広岡交差点の区域
(関係車両以外、18時30分~22時まで進入禁止)

金沢花火大会では、3ヶ所で通行禁止や侵入禁止といった交通規制が行われるため、会場周辺道路や金沢駅周辺も混雑する可能性が高いです。

そのため、金沢花火大会の当日は、公共交通機関もしくは、早い時間から会場周辺の有料駐車場に車を停めることをおすすめします。

金沢花火大会2022の公共交通機関の混雑状況は?

金沢花火大会の最寄駅はJR金沢駅北陸鉄道金沢駅です。

当日予想される混雑状況は、以下の通りです。

金沢花火大会会場から(JR金沢駅・北陸鉄道金沢駅)までの混雑状況は?

過去に行われる金沢花火大会の交通機関の混雑状況を調べましたが、情報は見当たりませんでした。

JR金沢駅と北陸鉄道金沢駅は、わずか150mしか離れておらず、徒歩2分の距離です。

そのため、公共交通機関を利用する人は、JR線と北陸鉄道金沢駅のどちらかの路線を利用して、金沢花火大会に向かう人が多いと思われます。

JR金沢駅と北陸鉄道金沢駅の土曜日の11〜18時までの間で到着する電車の本数を調べてみました。

JR金沢駅に到着する電車は、少ない時間帯でも1時間に4本また、北陸鉄道金沢駅では、1時間に2本のペースで運行されていることがわかりました。

最寄駅が2駅ありますが、北陸鉄道金沢駅では、電車の数が1時間に2本と少ないため、もしかしたら早い時間から混雑する可能性が高いと思われます。

しかし、花火の打ち上げ時間が迫ってくると、JR金沢駅も混雑してくる可能性が高いです。

そのため、徒歩で会場に行こうとしても混雑してなかなか進むことができない可能性もあります。

金沢花火大会は19時50分からですので、遅くても19時にはJR金沢駅・北陸鉄道金沢駅のどちらかに到着しておくことをおすすめします。

金沢花火大会会場から(JR金沢駅と北陸鉄道金沢駅)までの所要時間は?

金沢花火大会の会場となる大豆田本町の犀川緑地周辺までは、JR金沢駅・北陸鉄道金沢駅から、車で10分、徒歩では30分ほどで到着するそうです。

しかし、金沢花火大会の当日は、道路が混雑している可能性が高いですので、会場に到着するのがもう少しかかる可能性があります。

金沢花火大会の当日は、シャトルバスがJR金沢駅金沢港口(西口)と県西部緑地公園内(県立野球場一塁側前)の2ヶ所から、運行されることが発表されています。

詳しくはこちらからご確認ください。

花火打ち上げ前のシャトルバスの運行時刻は、17時30分19時35分(随時出発)です。

そのため、17時30分前に会場に到着したいという方は、徒歩で向かうことになるでしょう。

しかし、過去の金沢花火大会を調べると、シャトルバスも非常に混雑していた写真が投稿されていました。

写真をみると非常に混雑しているのがわかりますね。

金沢花火大会の会場となる大豆田本町の犀川緑地周辺までは、2kmほどしか離れていませんので、少々大変ですが、歩いて会場に向かった方が早い可能性があります。

徒歩で会場に向かう場合は、水分補給などの熱中症対策をしながら会場に向かうようにしてくださいね。

金沢花火大会中の混雑状況は?

金沢花火大会開催中の混雑状況や混雑予想をまとめてみました。

混雑状況・混雑予想
花火打ち上げ開始 非常に混雑する可能性がある
花火打ち上げ中 大きな混雑情報は見当たらない
花火打ち上げ終了 非常に混雑する可能性がある

過去の金沢花火大会を調べましたが、混雑していることがわかるツイートがありました。

混雑レベルを表したものとなりますが、時刻を見ると2016年7月30日、19時19分です。

2016年の金沢花火大会を調べると、花火打ち上げ開始時刻は19時45分でしたので、花火が打ち上がる前の情報です。

花火大会の会場には明るい時間帯から、たくさんの人々が花火大会の会場となる大豆田本町の犀川緑地に集まっている写真が掲載されていました。

花火打ち上げ前30分前になると、場所取りをするのは難しいほどの人々が会場に集まるそうです。

ですので、花火打ち上げ前は非常に混雑する可能性があります。

花火の打ち上げ中は、多くの人が花火鑑賞をしているため、大きな混雑はないと思われます。

しかし、打ち上げ終了後は、多くの方が一斉に帰宅をしますので、金沢花火大会の周辺道路や公共交通機関、シャトルバスも含め、非常に混雑する可能性が高いです。

そのため、混雑を避けるには、打ち上げ終了10分前に帰り始めるか、帰宅時間を遅らせるといった対策が必要となると思われます。

金沢花火大会2022のトイレの混雑状況は?

過去に開催された金沢花火大会では、会場の周辺に仮設トイレがいくつか用意されていたという情報を得ることができました。

しかし、具体的にどこに、何基用意されるのかまでの情報を得ることができませんでした。

今年開催される金沢花火大会の公式ホームページを確認しましたが、記載はありませんでした。

ですので、トイレを見かけたら早めに行っておくことをおすすめします。

金沢花火大会2022の帰りの混雑状況は?

花火打ち上げ終了後は、皆一斉に帰宅しますので、金沢花火大会の周辺道路やJR金沢駅と北陸鉄道金沢駅も混雑する可能性が高いです。

そのため、帰宅する時間を遅らせるか、徒歩でJR金沢駅と北陸鉄道金沢駅を向かうなどの対策が必要と思われます。

また、シャトルバスは花火の打ち上げ終了後、22時まで運行されます。

詳しくはこちらからご確認いただけます。

シャトルバスも非常に混雑する可能性が高いですが、花火打ち上げ終了から22時までの運行となります。

そのため、シャトルバスを利用する方は、時間を遅らせてから乗車するといった対策をした方が良いかもしれません。

金沢花火大会2022の帰りの混雑を避けるために宿泊するべきか?

金沢花火大会終了後の帰りの混雑を避けるための方法として、次の日が休日という方なら宿泊するのもいいかと思います。

ホテル探すおすすめの順は以下の通りです。

金沢花火大会終了後のホテルを探すのに楽天トラベルを利用するのがおすすめです。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルのクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

→楽天トラベルでホテルを探すならこちら!

スポンサーリンク

金沢花火大会2022の屋台は?

金沢花火大会で過去に出店された屋台の詳細は以下の通りになります。

過去に出店された屋台
・焼きそば
・ナゲット
・串カツ
・かき氷
・フランクフルト
・まるまる焼

金沢花火大会2022の屋台の混雑状況は?

過去の金沢花火大会では、どの屋台も数十人単位の行列ができていたという情報がありました。

2019年に開催された金沢花火大会の屋台の様子ですが、かなり混雑しているのがわかります。

中には、「たこ焼きが1番人気でとんでもない列に諦めた」という方もいました。

屋台の出店数を調べましたが、情報は得られませんでした。

しかし、午前中から営業している屋台もあり、16時には混雑し始めるようです。

そのため、屋台を利用したい方は、16時前には場所取りを行い、屋台に行くと混雑を避けることができるかもしれません。

スポンサーリンク

金沢花火大会2022の詳細は?

金沢花火大会の詳細な情報は以下の通りです。

大会名 北國花火金沢大会
開催日程 2022年7月30日(土)
打ち上げ時間 19時50分〜21時
打上数 12,000発
開催場所 大豆田本町の犀川緑地周辺

金沢花火大会2022の打ち上げ開始時間は?

金沢花火大会の開催時間が19時50分〜21時の間ということなので、19時50分頃が花火の打ち上げ開始時間になると思われます。

金沢花火大会2022の有料観覧席は?

金沢花火大会の有料観覧席の詳細は以下の通りです。

有料観覧席区分 価格
テーブル席(5人まで)(5名料金) 6,500円
プラチナ席(1人用) 3,500円
いす席A1(1人用) 2,500円
いす席A2(1人用) 2,500円
ペアシート(2人用)(2名料金) 4,500円

金沢花火大会では、有料観覧席を設けられており、1人席が3つの区分に分けられています。

また、2人で観覧する方にはペアシート、家族やグループでの利用の方には5人まで利用できるテーブル席が設けられていますので、それぞれのニーズに合わせて有料観覧席を利用することができます。

有料観覧席の予約は、こちらのサイトから行うことができます。

また、インターネット予約以外にもコンビニエンスストアでも有料観覧席を予約することができるようです。

・セブンイレブン:チケットぴあicon(Pコード:648-526)

・ローソン:ローソンチケットicon(Lコード:54399)

それぞれの席がどのくらい用意されるのかまでは情報はありませんでした。

また、有料観覧席の会場は17時30分からという記載がありました。

過去の来場者数は公表されていませんが、金沢花火大会は石川県内でも最大級の花火が打ち上がりますので、混雑する可能性がとても高いです。

そのため、椅子に座ってゆっくりと花火鑑賞を楽しみたい方などは、有料観覧席の予約をしておくと良いと思います。

金沢花火大会の駐車場は?

金沢花火大会の主催側が、有料駐車場を事前申込制として用意していましたが、現在はすでに完売しているということです。

詳しくはこちらからご確認することができます。

そのため、車を利用する方は、ご自身で有料駐車場を探す必要があります。

目的地である金沢花火大会の会場周辺に到着してから駐車場を探すのは非常に面倒ですよね…

そんなときに便利なのが、駐車場を事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用することです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

金沢花火大会のアクセス方法は?

金沢花火大会の会場へのアクセス方法は以下の通りです。

アクセス方法 詳細
公共交通機関 JR金沢駅から徒歩20〜30分
JR金沢駅から10分

金沢花火大会の閲覧スポットは?

花火をゆっくり楽しみたい方などや写真映えするおすすめスポットを調べてみました。

大乗寺丘陵公園

会場から離れていますが、大乗寺丘陵公園は高台にあるので、綺麗に花火を見ることができるそうです。

トイレと遊具もあるそうなので、お子さんがいても安心して花火を鑑賞することができます。

大乗寺丘陵公園のホームページはこちらから確認することができます。

アピタ金沢店の屋上

アピタ金沢店の屋上からも綺麗に花火を見ることができるという情報もありました。

過去のツイートでは、アピタ金沢店の屋上に大勢の人が花火を見ています。

花火会場に行くと混雑する可能性が高いですので、ご紹介した2ヶ所のように、少し離れた場所でも綺麗に見ることができるスポットを探してみるのもいいかもしれませんね。

金沢花火大会の感想や口コミは?

投稿された動画は2分を超えていますが、連続で打ち上がっている花火はとても圧巻で、迫力満点ですね!!

一眼レフで撮影されたとのことですが、とても綺麗な花火が映されています。

金沢花火大会のフィナーレでは、1,000連発の花火が打ち上がります。

ぜひ、圧巻の花火を見て、夏を感じてみてはいかがでしょうか??

金沢花火大会に持っていくべきものは?

金沢花火大会に行くときに以下のものを持っていくのがおすすめです。

・モバイルバッテリー
花火大会までの時間つぶしや、大会会場周辺の混雑状などを調べるなどすると、スマホのバッテリーが心配ですよね。

そんなときに1つモバイルバッテリーがあると安心ですね。

・携帯ラジオ
スマホでラジオを聞くことは可能ですが、若干の遅れがあるそうです。

リアルタイムで実況が聞けるので、携帯ラジオがおすすめです。

その他にも以下のものを持っていくことをおすすめします。

持っていくと便利なもの 持っていくと便利な理由
・ハンズフリー扇風機 大会会場は屋外なので、熱中症対策として
・虫除けスプレー 大会会場が屋外なので、虫刺されの可能性があるので
・レジャーシート 地面にそのまま座ると痛いのと、服が汚れないので
・レインコート 突然の天候の変化のためにも
・ウェットティッシュ 手が汚れたときやトイレに行ったときに便利です。
・スマートタグ 持ち物の紛失防止やお子さんの迷子防止に
・ゴミ袋 屋台などの飲食のゴミをまとめるのに便利です

金沢花火大会の帰りの混雑を避けるおすすめは、打ち上げ終了前に帰るのがおすすめ!

今回の記事では、金沢花火大会について記事をまとめてみました。

記事の内容をまとめると、以下の通りになります。

・公共交通機関を利用するのがおすすめ!
・徒歩で花火大会の会場に行くのがおすすめ!
・19時にはJR金沢駅もしくは北陸鉄道金沢駅に到着しておくのがおすすめ!
・屋台を利用する場合は、16時前に行くのがおすすめ!
あきっぱを使って駐車場を予約しておくのがおすすめ!
・トイレを見つけたら早めに行っておくのがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!