亀戸天神社2022初詣の混雑状況や駐車場は?参拝時間や屋台も!

スポンサーリンク

亀戸天神社は天満大神(菅原道眞公)、天菩日命(菅家の祖神)を奉祀しており、「亀戸の天神さま」「亀戸天満宮」として親しまれています。

学問の神様のため受験の方などが大変多く訪れる人気の神社です。

さらに、亀戸天神社の境内社の中のひとつ、花園社は、恋愛・縁結び・安産・子宝、立身出世のご利益があるため、女性に人気のスポットとなっているようです。

3つの太鼓橋は、渡るごとに心が清められるとされるパワースポットとされています。また、本殿横の神牛は触れると病気治癒のご利益があり、その上、知恵が授けられるとされ人気です。

開運招福、学業成就、商売繁盛、交通安全、家内安全、厄除、病気平癒等たくさんのご利益がある亀戸天神社。

そんな亀戸天神社に、2022年の年初めに初詣に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか。

年初めに初詣に行くのはいいのですが、神社内や周辺がどのくらい混雑しているのか、このご時世ですので気になる方も多いと思います。

そんな東京の亀戸天神社の初詣でおすすめしたいのは、以下の通りになります。

元旦であれば早朝、2日3日であれば8時以降の早い時間帯がおすすめ!
三が日の17時以降がおすすめ!
4日以降に行くのがおすすめ!
・12月31日は午前6時に開門し、元旦は21時頃(御参拝の状況により)に閉門します!
・この2日間以外でしたら、基本的に神社境内には24時間入れます!
・お守りやお札を買うなら大晦日の9時〜元旦21時
 2〜3日は8時30分〜状況を見て19時か20時頃まで!
屋台がたくさん出ます!
・車で行くなら、あきっぱ!がおすすめ!