かこさとしの絵本作家としての作品や年齢は?病気の噂もある!

kakosatoshi-the-work-age-picture-book-writer-sick

今回の記事のタイトルは、かこさとしの絵本作家としての作品や年齢は?病気の噂もある!です。

 

かこさとしさんの作品や年齢、病気の噂について調べてみたいと思います。

 

 

 

 
スポンサードリンク

かこさとしさんのプロフィール

名前   かこさとし(加古里子)
出身地  福井県今立群国高村(旧・武生市)
生年月日 1926年生まれ

 

 

かこさとしさんですが、小学生ぐらいの頃から絵を描くことが好きだったそうです。

 

ですが、日本はあまりいい時代ではなく高校生時代には軍需工場で働いたという経験もあります。

 

19歳の頃に終戦を迎え、大学の授業が再開するというツライ経験をされた方です。

 

大学で演劇研究会に入られ、その頃から子供向けの絵本を書き始めました。

 

 

 

かこさとしさんの作品は?

スポンサードリンク

かこさとしさんの作品ですが、1960年台から出版されているため、ここでは紹介しきれません。

 

詳しくはかこさとしさんのサイトで確認して下さい。

 

かこさとしさんの作品紹介

 

かこさとしさんの作風ですが、「だるまちゃん」シリーズのようなコミカルなものから、川や台風について書かれた科学的なものなど幅が広いです。

 

本当に子供のためを思って書かれているかこさとしさんの思いが伝わってきませんか。

 

その他には、日本の伝統や遊び方など描かれて絵本もあります。 絵本以外にも著書や資料集なども出されています。

 

 

 

 

かこさとしさんが病気?

かこさとしさんの病気ですが、調べてみると緑内障という事が分かりました。

 

緑内障とは?

 

緑内障といえば、最悪失明する病気ですので治療で治って欲しいですね。

 

現在、療養中ですが完治は厳しいようですね。

 

kakosatoshi-the-work-age-picture-book-writer-sick

現在の年齢が2018年現在91歳ということもあり、きびしいかもしれません。

 

現在も執筆活動をされているようで、次作期待したいですね。

 

 

 

まとめ

青春時代につらい経験をされながらも、素晴らしい絵本を執筆されるかこさとしさん。

 

病気にも負けず、絵本の執筆活動を続けられる素晴らしい人物ですね。

 

次回の絵本にも期待できますね。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

    関連記事が見つかりません

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください